カテゴリ:
ARDBEG
DARK COVE
(No Age) 
46.5% 700ml

グラス:サントリーテイスティング
量:ショット+ハイボール
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封直後 
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:最初は甘く濃厚な香り立ち。ヨードやタール、燻した魚介を思わせるスモーキーさ、チャーオークのべったりとしたウッディネスにわずかな酸味もある。

味:濃厚だがべたつきと甘酸っぱさもある口当たり。燻した麦芽、オレンジジャムやみたらし、ヨード、そこから焦げたピートフレーバーにチャーオークのねっとりとしたコクと甘みがある。
余韻はウッディーでスモーキー。木の渋みとともに強くドライ。唇がべたつく。

アードベッグファンが熱い視線を向けるニューリリース、ダークコーヴ。今回のボトルは一般市場向けにリリースされた加水バージョンです。
密造時代をオマージュし、ダークシェリー樽なる聞きなれない樽で熟成された原酒を一部使用、後はバーボン樽原酒とのバッティング。全体を通して濃いフレーバー、ねっとりとしたコクと強い樽感に加水の力技で完成度を高めてきたような、そんな印象を受けます。
複数タイプの原酒により、味わいには複雑さがありますが、余韻にかけてのべたつきも感じられ、謎のダークシェリー樽(おそらくはペドロヒネメスで間違いなさそうですが、それ以外にも工夫がある様子)と思われる特徴がはっきり感じられます。 

このダークコーヴは先日記事にしたコミッティー向けのハイプルーフ版と、加水版の2種類がリリースされています。
原酒比率は変わっているようで、むしろ一般市場向けのほうが濃さというか、今回のボトルのブランドイメージである"ダーク"な感じを受けます。
コミッティー向けもまた同傾向のフレーバーはありますが、加水版は樽感が強く、コミッティーはそれ以外の要素も強い、様々な個性がはっきりしているという感じ。フレーバー全体がシャキッとしているため、様々な要素が楽しめるのはコミッティー向けですが、ダークを体現するような甘みや味の濃さは、一般向けも負けていないと感じます。 


ちなみに、先に飲んだウイスキー仲間から、一般向けのダークコーヴはハイボーラーであるというコメントがありました。そういわれたら、試さないわけには行きません。
マスターおかわりください、今度はハイボールで! 

自分はアードベッグTENのハイボールを飲むことが多いですが、飲み口はピーティーで、コクのある甘さと柔らかいがどっしりとしたスモーキーさが、ライトでさっぱりピーティーな通常のTENハイボールとは大きく違うところ。コストの高いハイボールですが、この感じは柔らかめの葉巻と合わせても良さそうだなと感じました。 

昨年は200周年ボトル、今年はダークコーヴ、一年に一度こうしてなんらかの限定ボトルが出てくるのは楽しみが増えて良いことですね。
来年はどのようなテーマでくるのか、言うなればお祭り的に楽しみたいです。