カテゴリ:
GLENDRONACH
Aged 21 years
Distilled 1993
Bottled 2014
Cask type Oloroso Sherry Butt #37
Bottle No, 440/649

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:BAR飲み(TWD イベント)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7) 

香り:リッチな甘みと濃厚なウッディネス。木香、黒砂糖、プルーン、嫌味の少ないスパニッシュオーク系のシェリー香主体。ほのかにオールドシェリーに通じるニュアンスもある。

味:濃厚なシェリー風味。黒蜜のようなねっとりとした口当たり、ボディは強くパワフルでレーズン、香木、皮付き黒ブドウなどの充実したフレーバー。
余韻はウッディでドライ。ほのかにシナモンなどのスパイシーな風味もある。


TWDのテイスティングイベントにて。Yさんの持ち込みボトル。
スパニッシュオーク感バッチリのシェリーカスクで、香木を思わせるウッディネスとダークフルーツの甘酸っぱさがしっかり感じられるリッチで嫌味の少ない味わい。近年のグレンドロナックの中ではレベルの高い部類に入ると思います。 
例えば山崎のシェリーカスクなどが好みな方は、ストライクゾーンど真ん中でしょうね。
(某S氏が飲みまくって記憶を飛ばしたというのも、まあわからないでもない味だなと。)

ぶっちゃけ旨けりゃ良いんですが、このボトルの大きな謎は、そのボトリング本数にあります。
ボトリング総数649本。つまり約450リットルを一つのシェリーバット(約500リットル、実際は満タンに詰めないので480リットル程度)から払い出したということになり、エンジェルズシェアが21年間で30~40リットルしかなかったことになるのです。

同蒸留所では、以前から同様のこと(500リットルのシェリーパンチョンから647本がボトリングされたり)が発生しており、良く言えばカスクマネジメント、悪く言えば詰め替えをやった可能性が濃厚であるわけです。
愛好家の間では詰め替え説というか熟成庫内での集約説は間違いないと、中には蒸留所に確認している方も居ます。

他方、スペインでは近年のウイスキービジネスにあわせ、250リットルという小さなシェリー樽、さらには500リットルを越える大型のものまで、通常のシェリー熟成行程とは別に造られているという話も聞きます。ひょっとすると600~700リットルクラスの大型樽を使っているのかもしれません。(それをシェリーバットと言うのかは疑問ですが。。。)
あるいは、通常のシェリーバットでも、熟成庫の環境で中身がほとんど減らなかった奇跡の樽があるのかもしれません。
ただ、そういうのはポンポン出るとは思えませんし、実際は詰め替え集約後に1年以上の熟成を行い、"マチュアード"表記とし、表記された蒸留年月日は最も若いものか、あるいは同一蒸留日。最終的には原酒を集約した1樽からボトリングするので、シングルカスクとしてリリースしているという整理の方が現実的かなと感じます。

しかしなんというか、この謎多き部分を考察するのもまた、ウイスキーの魅力と言えるのかもしれませんね。