カテゴリ:

LONGMORN GLENLIVET
Kingsbury’s
Aged 31 years
Distilled 1964
Bottled 1996
Cask type Ex Sherry #52
700ml 59%

グラス:木村硝子古酒など
量:30ml以上
場所:個人宅(Whisky link イベント)
時期:開封後8〜9ヶ月程度
評価:★★★★★★★★(8ー9)

香り:熟したパイナップルや黄桃、ややミンティなアロマもあるフルーティーな強い香り立ち。ハイプルーフらしく勢いがあり、乾いた麦芽にオーク香、徐々にフェロモンを思わせる官能的な要素も感じられる。
グラスの残り香はドライフルーツとしっとりしたピートフレーバー、時間経過で土っぽさが強くなる。

味:ねっとりとしてパワフルな口当たり、フルーティーで厚みのあるボディ、黄桃、ドライマンゴー、麦芽、オーク。香り同様の強いフレーバーで後半には土っぽい苦味と淡いフローラルさ。
余韻は熟したトロピカルフルーツと土っぽさが混じった南国感と、オーキーで華やかなフィニッシュ。 

先日のWhisky linkイベントでのテイスティング。
最近煽りがキレキレな、どくずんだことGSさんの持ち込みボトル。
記載の通り非常にうまいロングモーンですが、肩に爆弾ならぬ地雷を抱えたボトルであり、いつどうなるかわからない不安要素も持ち合わせている薄氷のバランスが特徴です。

というのもこのボトル、パフュるんです。
一部ボトラーズリリースのロングモーンが、開封後の変化でパフュームが出ることはこのボトル以外にも経験しているため、ありえることとして認識してはいるものの、ほぼ同時に開封した2本のうち、1本は完全にパフュームで、今回の一本は危ういところでとどまっているという状況。気温変化なのか、加水調整で使用した水の影響か、衝撃や振動等が原因なのか、何れにせよ「逝くときは逝く」という感じでしょうか。

(8ヶ月前のテイスティング。右がパフュームが出ている、左側は今回のボトル。)

過去テイスティングされている中では最高評価のロングモーンの一つであり、パフュームのパの字もテイスティングコメントには出てきません。シェリー樽熟成ですがリフィルシェリーゆえ酒質由来のパイナップルやパパイヤなどの南国感を思わせるフルーティーさに加え、樽由来のニュアンスが底支えで脇役に回るバランスの良さ。
つまりその時点ではそうした要素は出ていなかったわけで、そこからの時間経過で徐々に隠れていたものが前に出てきたというか、化学変化が進んでしまったのだと推察します。

大丈夫だと思ってストックして、そしてパフュームだったら、その手のフレーバーがダメな人は口から泡じゃ済まないですね。
というかスペック的には最強で価格もすごいことになってるこのボトルを、2本も同時に開封して頂いたからこそわかるこの変化。1本目に関しては心中お察ししますが、非常に良い経験をさせて頂きました。