カテゴリ:

GLEN ALBYN
Aged 21 Years
Distilled 1963
Gordon & Macphail
Pure Inverness Highland Malt
1980's
40% 750ml

グラス:木村硝子 古酒
量:30ml程度
場所:個人宅(Whisky linkイベント)
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:土っぽさと焦げたカラメルを思わせるほろ苦い香立ち。みたらし、柔らかいスモーキーさ。オールドらしいアロマにホッとする。

味:マイルドな口当たり、黒土、煮詰めた紅茶やカラメル、徐々に軽やかなスパイスの刺激。ボディーはミディアム程度。
余韻は軽くドライ、土っぽいピートフレーバー。

グレンアルビンの中で特別なボトルをと言われると、まず候補に上がってくるのがこのGMの21年、1963年蒸留です。

完成度だけならOMCの1966など素晴らしいものは他にあります。というかグレンアルビンは年代によってキャラクターが幅広くあるため、らしさというより印象深かったボトルがという紹介になってしまうのですが、土っぽいハイランドピートにGMらしいカラメルソースのような甘みがマッチ、ボトルによっては妖艶な熟成香を放つGMのグレンアルビン21年は、過去飲んだ経験も含めて強く印象に残っているのです。

最初にこのボトルを飲んだのはブラインドテイスティングで、今回同様Whiskylinkのタケモトさんからの出題でした。その時は余りの素晴らしさに、90点以上のスコアをつけたのを覚えています。
今回のボトルは前回ほどの妖艶さがなく、美味いは美味いのですが、普通のハイランドモルトのオールドボトルという感じ。 開き方の違いというより、育ちの違い、あるいは元々のロット差(ないしボトリング差)でしょうか。
答えの見えない計算式が目の前にあるようで、つくづくタイムマシンが欲しいと感じます。