カテゴリ:

JOHNNIE WALKER SWING
Blended Scotch Whisky
1990's
43% 750ml

グラス:リーデルコニャック
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後一週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:焦げたカラメルやシリアルを思わせるほろ苦い穀物系の香り立ち。ヒネ香、植物っぽいえぐみ、梅のような酸味とピーティーなスモーキーさもある。

味:まろやかな口当たり、香ばしい麦芽風味、ホットケーキ、オレンジピール、モルティーだが後半にかけてえぐみもある。
余韻はピーティーでカラメルの甘さの奥に若干の塩っぽさを感じる。

船の上でも倒れないボトル、ジョニーウォーカースイング。このスイングの1970年代流通品に心を打たれてウイスキー沼にはまった私ですが、1990年代の流通品は随分香味の傾向が変わっており、甘みがひかえめになり、辛味を強く感じるようになったのが特徴だと思います。

一言で、原酒の比率が変わったということなんでしょう。
1960年代、70年代のスイングは長期熟成のスペイサイドやハイランドモルトが中心だったのか甘みが強く、わかりやすい味わいですが、逆にアンバランスで同時期の黒や赤より評価が低いこともしばしばあります。

スイングがリリースされた当時、通常ラインナップは赤と黒しかありませんでした。それが1980年代中頃からはハイエンドモデル、ジョニーウォーカーオールデストが生産開始となり、1990年代に入るとゴールドラベルもリリースされます。
ラインナップの中での位置付けが変わったためか、原酒の質もさることながらブレンドの傾向から変わったように思います。
ストレートよりはロックやハイボールがオススメですね。

ボトルの見分け方は非常に簡単かつ数多くあるのでここではキャップ部分のみ触れます。1960年代以前コルクキャップ、1970年代〜1980年代初頭がメタルスクリュー、1980年代中頃〜1990年代が今回の妙に豪華なプラスクリュー。さらに新しくなると、金属製のラベルが紙のシールになります。ご参考まで。