カテゴリ:
12977202_1085139608211350_5526560657670389066_o

SUNTORY WHISKY
HAKUSHU
Heavily Peated
Bottled 2013
700ml 48%

【ブラインドテイスティング】
地域:ジャパニーズ
蒸留所:白州(ヘビリーピーテッド)
度数:48%
熟成年数:10~15年程度
蒸留年:2000年前後
樽:バーボンバレル主体のバッティング
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柑橘や植物感のあるピーティーで爽やかな香り立ち。ヨードは感じない内陸系の土っぽいピート香、麦芽の香ばしさもある。徐々に蜂蜜を思わせる甘いアロマが開く。

味:粘性のある口当たり、香ばしい麦芽風味とピートフレーバー、ナッツ、ビスケット。ボディはしっかりしていてバッティング加水らしくバランスが良い。ほのかにグレープフルーツを思わせるオーク香、アーシーで土っぽいほろ苦さのあるスモーキーな余韻。


前回に引き続き、宮城のSさんから頂いたブラインドサンプルです。
比較的要因に絞り込めたエドラダワーに比べて、このサンプルは難問でしたが、ビンテージ指定とまではいかないものの、なんとか銘柄まで特定出来ました。

一見するとラフロイグのような、爽やかな柑橘系の香味とスモーキーでナッティーな香ばしさ。しかし明らかにヨードが足りず、アイラでないことは予想できます。
近い系統でベンリアックのピーテッドタイプかとも思ったのですが、熟成感がベンリアックの10-15年程度のラインナップとは異なるタイプと感じるだけでなく、オフィシャルバッティングのベンリアックは通常度数が46%であるところ、このボトルはそれより若干強いなと。
悩みながら2日に分けて飲んでみたところ、2日目のテイスティングでノージングの際にジャパニーズっぽい香りを拾い、白州へのルートが開けました。

実は3年ほど前、この白州ヘビリーピーテッドの2011か2012を、とあるバーマンから出題されたことがあり、その時はドヤ顔でラフロイグと答えて撃沈。今回はちゃんと正解にたどり着けて自分の成長を感じることが出来たのは嬉しかったですね。

白州ヘビリーピーテッドはこの2013以降リリースが無く、すっかり見かけなくなってしまったボトルです。
白州にしろ山崎にしろ、こうしたピーティーな原酒が味の引き締めとアクセントに一役買っており、サントリーのブレンドに選択肢とフレーバーの幅を与えているように感じます。
こういうコンセプトの商品は、ブームが落ち着いたらまた復活してほしいなと思います。