カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
Oldest
(No Aged)
Scotch Whisky
1990's
43% 750ml

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上(トータル180ml)
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:軽いヒネ香とモルティーでリッチな香り立ち。強い麦芽風味と灰のようなスモーキーさ、若干の植物感、パイナップルを思わせる果実香もあり、香味の方向性は単調だが、フレーバー一つ一つが多層的。
加水すると麦芽香が主体である点は変わらないものの、スモーキーさが前に出てくる。

味:滑らかな口当たり。モルティーでリッチな麦芽風味、ほろ苦く香ばしいフレーバーの広がりの奥には、ドライフルーツを思わせる甘酸っぱさ。香りと同様の構成でもある。
余韻は長く、柔らかいスモーキーフレーバーにナッティーな甘みも感じられる。加水しても崩れず、モルティーでほのかに土っぽいニュアンスを伴う。


先日愛知のウイスキー仲間Sさんから頂いた挑戦状の一つ。
ブラインドテイスティングで頂いて、その後オープンテイスティングでも頂いて、更にロック、ハイボールでも楽しませてもらいました。以上の通りテイスティングは完了していましたが、掲載するのに時間があいてしまい申し訳ありません。

ブラインドテイスティングでのコメント、回答はこちら

ジョニーウォーカーオールデストは現在ジョニーウォーカーブルーラベル(通称、ジョニ青)として販売されているボトルの旧ボトルにあたるもの。
仕様によって流通時期が異なるのですが、今回紹介するオールデストでノンエイジ仕様のものは、1992年にジョニ青が発売される一つ前の世代、1990年ごろに流通したボトルとされています。
モルティーで、カーデュー由来かモートラック由来か、麦芽風味の強い構成。熟成期間は15~20年程度が主体なように感じますが、30年以上の原酒も使われているのでしょう。麦芽風味の裏に初期オールデストで感じられた甘酸っぱい熟成したモルトの風味も感じられます。

ロックで飲むと徐々に口当たりに粘性が出て、モルトスナックのような香ばしい麦芽風味が引き立ち、ゆっくり飲んでいくのに良いなと感じます。ハイボールでは一口飲むとふわりとモルティーな華やかさ、麦芽風味を残しつつ、チョコレートの香味とスモーキーさも感じられ、これまた良い塩梅。良い仕事してると思います。