カテゴリ:

CHIVAS REGAL
MIZUNARA Special Edition
Aged 12 Years
2015-2016's
40% 700ml (50ml)
構成原酒:ストラスアイラ、グレンキース、アルタナベーン、など

グラス:創吉テイスティング
量:50ml
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★ (5)

香り:穏やかで華やかな香り立ち、林檎やバニラを思わせるオーク香、時間経過で若干のえぐみと微かなスモーキーさ。
少量加水すると甘酸っぱいドライフルーツの香味とワクシーな甘さが開いてくる。全体的におしとやかで控えめ、強いアロマではない。

味:スムーズで品の良い口当たり。香り同様にオーキーなフレーバーを感じるが、口の中で転がしているとグレーン由来の穀類の風味。余韻は栗の渋皮を思わせるウッディーな苦味がほのかに、淡くシロップのような甘みも残る。
加水しても全体的な構成は変わらず楽しめるが、余韻にかけてややグレーンが強くなるように感じる。


はっきりいって、自分はこのウイスキーを結構下に見ていました。
シーバスミズナラが発売された2~3年前の当時。当然自分も飲んだわけですが、ただでさえ表情が乏しい現行品のシーバスリーガルが、より一層のっぺりとした味わいになっており、思わず「ウーン」となってしまったのを覚えています。
例えばこれが「シーバスリーガル・オークリザーブ」などと言う名称だったらまだわかるのですが、明確にミズナラ香と認識できるものはほとんどなく、普及価格帯のブレンデッドやしこんなもんかなと思ってしまっていたのです。

実際シーバスリーガルミズナラエディションは、100%ミズナラ樽熟成のウイスキーではなく、一部の原酒のマリッジにミズナラ樽を使ったもの。さらに製品に至る行程では、ミズナラマリッジの原酒と、他の樽でマリッジさせた原酒を掛け合わせていて、その比率もマリッジ期間も非公開。香味と仕様、どちらの側面から見ても「ミズナラ」という意味では先に述べた印象は変わっていません。
他方で、しばらく飲まないうちにブレンドの比率が変わったのか、あるいは自分の味覚の変化か、ウイスキーそのものとしての印象はずいぶん変わりました。
香りは穏やかでフルーティー、口当たりも柔らかくスムーズで、じわじわとオーキーな華やかさが開いてきます。モルティーな香味がしっかりあり、若いブレンドにありがちなえぐみも少なく、上品でバランスの良い構成だと感じました。
Facebook等の投稿を見ていると何気にファンが多い、その理由がわかった気がします。

今回改めてこのウイスキーを飲むきっかけになったのは、先月の3月24日~25日に銀座グランドホテルで開かれていた「シーバスリーガル ミズナラ ポップアップバー」でのこと。

銀座グランドホテル×シーバスリーガル
シーバスリーガルミズナラ サンプリングイベント
http://www.ginzagrand.com/restaurant/chivas_2016.html

イベントのことなど知らず、たまたま信濃屋で買い物をした帰り道だったのですが、会場前でPRしていたお兄さんにホイホイついていってしまったのです。

イベント会場では、特段個人情報の記入も必要なく、2杯分のチケットがもらえて、1杯目はストレート、2杯目はハイボールで飲んでみると「あれ、意外と悪くないぞ。」と。
特にハイボールはナッツやレーズンとの相性が良く、こりゃちゃんと飲みなおさないといかんな~と思って出口に向かったところ、50mlのミニチュアボトルまで配られていて至れり尽くせり。
なんとも大盤振る舞いなイベントでした。
 
ジャパニーズウイスキーブームに「ミズナラ」をキーワードとしてシェア獲得に動かんとするペルノリカール社の積極的な活動は、他社への刺激になるのも事実です。
グレンリベットなど、他の銘柄でも色々計画されているようですし、今後もディアジオやサントリーに負けじと動いていってほしいなと思います。