カテゴリ:
Johnnie Walker
Old Harmony
Fineset Scotch Whisky
1980’s
43% 750ml 
構成原酒:カーデューなど

グラス:グレンケアン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(RASEN)
時期:開封後2年程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:古酒系のヒネ感を伴う甘い香り立ち。淡いカラメル、ホットケーキシロップ、サトウキビを思わせる熟成の浅い原酒の香味、パンの白い部分のような麦芽の香味も感じる。

味:スムーズな口当たり、くすんだ麦芽風味から徐々にねっとりとした甘さ、鼈甲飴や蜂蜜、グレーンを思わせる甘みへ。
余韻はほろ苦い淡いオールドピート、序盤の甘みが舌の上に張り付くように残る。


1980年代中ごろにリリースされたジョニーウォーカーの日本限定品。今回のボトルはその1980年代後期の流通品です。写真のボトルを口開けしたのは自分で、先日来店した際にまだ残っていたようなので変化を確認してみました。

当時の日本はバブル景気に加えてジョニーウォーカー人気は健在だった時代ですから、限定ボトルが商品投入されるほど、コールドベック社にとって魅力的な市場だったのだと思います。
本ボトルのグレードは、ジョニ赤とジョニ黒の中間という話がWEB上には残っています。しかしなぜかオークション市場では人気が高く、少なくとも同時期のジョニ黒より高値で落札されています。
中古業者のオークション参入が少なかった4~5年前は、5000円以上の値段をつけることが当たり前でした。
その中身はというと、カーデュー中心の原酒構成なのか、ジョニ黒の濃厚な甘さやスモーキーさとは異なり、麦系の淡い甘さが主体的で、グレーンを思わせる香味もだいぶ感じられる。黒というよりは赤寄りの味わいです。

この辺は好みの違いもあるので味について一概に良い悪いは断定できませんが、オールドハーモニーはキャップの問題で状態が悪いボトルが散見されます。
スクリューキャップを単にシール材で止めたものが採用されているためか、メタルスクリューの赤や黒に比べてキャップが緩みやすく、中身が揮発している個体が度々見られます。さらにそのキャップも悪名高い"金属張り"仕様で、液面バッチリと思っても、開けたら金属臭なんて笑えない話も。
いずれにせよ、購入される際には注意と覚悟が必要なボトルであることは間違いありません。