カテゴリ:

GLEN GRANT
BERRYS’ OWN SELECTION
Years 30 Old
Distilled 1972 or 1973
Bottled 2003
Cask type Sherry #8239
46% 700ml

グラス:シュピゲラウ グランドテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:酸味と果実味のあるリッチなシェリー香。ベリーや枝付きレーズン、ほのかに黄桃を含む色濃いフルーティーさ、柔らかいタンニン、若干のラッカー香が経年を感じさせる。 

味:スムーズでリッチな口当たり。シェリーの濃さとフルーティーな香味はカラメルソース、リンゴのカラメル煮、レーズンチョコレート。徐々に黒葡萄を皮ごと食べたような苦味が口の中に染み込んでいく。
余韻はドライで渋みとほのかな土っぽさに、オールドシェリーの濃厚な甘みが長く残る。 

BBRは1960年代、や1970年代初頭を中心に、さすがワイン商と思わせるシェリーカスクをリリースすることが多いのですが、このグラントもベリー感の漂う素晴らしいシェリー感で、余韻がただ渋くドライなだけで終わらない、甘美な甘味の戻りを感じる、実に充実の1杯でした。これですよ、こういうシェリー感が欲しいんですよ。

蒸留時期は記載が無いので不明ですが、逆算して1972か1973であることは言うまでもなく。グレングラントと言えば一時期当たり年として1972が多くリリースされましたが、これは72だから良いわけでもなく、グラントは全体的にこのあたりのビンテージまで安定して旨いんですよね。
バーボン樽でもシェリー樽でも輝く、本当に素晴らしい蒸留所です。


余談。
最近持寄り会の際に、ボトルをグラスの中で少量ずつバッティングして即興ブレンドを作ることが多いのですが、今回は自分が持ち込んだリンクウッド1973に、ベンリアック1975、そしてこのグレングラント30年を加えた3種バッティングが素晴らしい味わいで感動してしまいました。

先日記事にしたロングモーン1964バージョンも作ったのですが、グラントのほうがシェリー感のフルーティーさが良い方向に作用しており、完成度は上。
なんとも贅沢な遊びですが、これもまた持ち寄り会の楽しみ方ってことで。。。いやー良い夜でした。