カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
Red Rabel
1970's
JAPAN TAX
43% 760ml
構成原酒:カーデューなど

グラス:SK2
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:開封後2~3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ヒネ感のある甘い香り立ち、カラメル、麦芽香、スモーキーだがほのかにハーブのような香りもある。

味:コクのある口当たり、黒砂糖、焙煎した麦芽、濃く入れた麦茶、徐々にチョコレートウエハース、強めに焼いたホットケーキ。甘みとほろ苦さがしっかりあり、余韻はややべったりとした粘性を舌の奥に感じつつ、甘く濃い麦芽風味と柔らかいピーティーさが感じられる。


力の黒、技の赤。オールドボトルのジョニーの赤と黒は個人的にそういうイメージなのですが、年代が古くなればなるほどその傾向は差が無くなるというか。もちろん黒は60年代頃をピークにどんどんリッチになるのだけれど、使っている原酒の強さが増していくので、赤も必然的に味が強くなっていく。(ラベルのおっさんも濃くなっていく。)
60年代から70年代初頭は、赤でも「濃いな~」と感じる風味が備わっています。

ストレートで何も考えないでボーっと飲むのも良いですし、ハイボールで飲んでも旨い。ボトリング技術も安定していたのか、あまりハズレが無いのもポイントです。
オールドブレンドを飲み始めたいという人が居るならば、比較的簡単に手に入るライトフレーバーなカティサーク、ミディアムボディのジョニ赤70年代、こってりヘビーなジョニ黒70年代がオススメ。これで好みのラインを探ってほしいです。