カテゴリ:

BEN NEVIS 
The Nectar of the Daily Drams 
Aged 17 Years 
Distilled 1996 
Bottled 2014 
Cask type Hogshead 
700ml 49.3% 
暫定評価:★★★★★★(6) 
 
香り:青みがかった植物感を感じる、オイリーでハイトーンな香り立ち。草っぽさ、ハーブ、ドライパイナップル、若干のケミカルさのあるフルーティーさ。

味:ケーキシロップのような甘さとケミカルなフルーティーさ、お菓子のパイナップルキャンディ、青パパイヤ、植物のえぐみと紙っぽさを伴う。ボディはミディアムからライト、後半の変化もある。
余韻はスパイシーで微かなピーティーさ。紙っぽさとアイリッシュトロピカル、華やかで長く続く。


先日、ウイスキー仲間主催のイベントでのテイスティング。
フルーティー系の構成で、ドイツのボトラーらしいというか、ベンネヴィスらしいというか、いろんな意味でスペック通りの味わい、これが好みと言う方にとっては期待を裏切らない味わいだと思います。
 
ここ数年各ボトラーからリリースがあり、一気に日の目を見た感のあるベンネヴィス。
そのスタイルはこのボトルにも表れており、ライトで植物感や紙っぽさも感じる、アイリッシュにも共通するようなフルーティーフレーバー。ボトルによっては露骨なケミカル感を感じるものもありますね。
自分はこの手のフレーバーをそこまで好んでいないので、率先して飲むことはないのですが、それでもここの所飲む機会を頂くことが多く、そのたびに「あぁ、ベンネヴィスだな。」と思うわけです。
 
ベンネヴィスを所有するニッカからは加水10年モノしかリリースされていませんが、こちらは若さが強いものの、最近リリースされているボトラーズのベンネヴィスと同じベクトルにある酒質を感じます。