カテゴリ:

BRUICHLADDICH 
Gordon & Macphail 
Natural Cask Strength 
Aged 27 years 
Distilled 1968 /12/11 
Bottled 1996 /6 
700ml 52.6% 
評価:★★★★★★★★(8) 

香り:エステリーな華やかさとややドライな樽香、メープルシロップ、リンゴのカラメル煮、微かなハーブ、徐々に焼き芋やカステラのような甘さも感じる。
香りの要素にジャパニーズ的な艶を感じるのは樽由来だろうか。

味:口当たりで広がる高貴なウッディネス。艶のある樽由来の苦味と色の濃い甘さはリンゴのカラメル煮、マロングラッセを思わせる。
濃厚だが甘さと渋みのバランスが良く、負担に感じるところがない。後半にかけてスパイシーな刺激もある。
余韻は程よくウッディでドライ。キャラメルムースのような豊かな甘みが長く続く。

自分が求めているブルイックラディの味わいは、ピートではなくフルーティーなのだと再認識した1 本です。

閉鎖前、それも1980 年頃までのブルイックラディは穏やかなスペイサイドモルトのような味わいで、おおよそアイラとは言い難い構成であることは改めて説明するまでもないところ。

このボトルもまたそうしたキャラクターの通りで、そこに樽香やリンゴを思わせるフルーティーさ、そして樽要素は強いものの熟成期間から負担に感じるレベルではなく、なんとも完成度の高い味わいです。

 

1968のブルイックラディはイントレ、ペニーブラック、レガシーなど評価の高いボトルが多いんですよね。 早いうちから伝説的な扱いを受けたボトルもいくつかありますが、全体的には割と最近になって高騰しだしたように思います。

ロングモーンとか買えなくなってきたから、次はコイツだ! みたいな流れでしょうか。

それこそ60年代~1970年あたりのラディは、 選ばなければ2~3万くらいで2014年頃まで買えたように思います。自分もだいぶお世話になりました。

最近は・・・ちょっと難しいと思いますが、ウイスキーのテイスティングを深めていくなら、1 度飲んでおきたいラディのキャラクターです。