カテゴリ:
ROSEBANK 
Sestante Collection 
Silver Seal 
30 Years Old 
Distilled 1975 
Bottled 2005 
700ml 55.8% 
評価:★★★★★★★(7)
 
香り:ツンと鼻を刺激するエッジの鋭い香り立ち。ザラメ、サトウキビ、シリアル、トーンの高い甘さに微かな乳酸、リフィル系の淡い樽香。徐々にとうきびチョコレートのような甘く香ばしい香りも。

味:トーンの高い甘さ、口当たりでエッジが立っているがすぐにねっとりと濃い味わいの舌触りへ。バニラ、乾いた木、香木、蒸かし芋、金平糖、余韻はドライだが口の中に張り付くように麦芽と木の風味、微かにオレンジピールの爽やかさが長く残る。

ローランドらしい酒質、3回蒸留らしいエッジの鋭さ、食前酒的なさっぱりとした風味でありながらボディにはコクと厚みが備わっている。長熟らしい多層的な風味も感じられます。

口開け時のテイスティングはまだ固いなという感じも強かったのですが、後日時間をかけて飲むと良い点を拾いやすくなってました。
時間をかけてじっくり飲んでもだれた変化をしない点も好印象で、逆に香味が伸びてきます。
これは良いローズバンクです。どちらかと言えばコアな飲み手向けの味わいだと思いますが、ローズバンクファン納得の仕上がりでしょう。

このボトルは昨年のTWDメンバーの集まりでのフリーテイスティング&頂いた小瓶でのテイスティング。荒ぶるくりりんの魂を鎮めるため、Yさんが抜栓して持ってきてくれました。いつもありがとうございます!
実を言うと、自分はそこまでローズバンクという銘柄に思い入れも興味も持ってないのですが、良いリリースが多いとされるシルバーシール、それもセスタンテコレクションとくれば、今回のローズバンクに期待するなというほうが嘘ってもんです。 

今回のボトルは2005年詰めですが、日本国内の流通時期は2012年ごろと、少々時間が経ってからでした。ボトリング後の経年10年でこの味わいなら、20年、30年と瓶熟させても良い変化が期待できると思います。
なかなか手軽に買える値段じゃないですけど、今の相場を考えればこれもアリか・・・。