カテゴリ:

WHYTE & MACKAY 
21 Years old 
1970's 
43% 750ml (75cl 86proof) 
構成原酒:ダルモア、フェッターケアン、トミントール、など 
評価:★★★★★(5) 

(状態が良ければ★6評価)

香り:重みのある黒蜜のような甘い香り立ち、柔らかいスモーキーさ。カラメル、カステラ、ひねた古酒感、干しわら、土っぽい香り。注ぎたては経年によるインクを思わせるオフフレーバーがあるが、時間経過で弱まっていき、奥からモルティーな華やかさとオールドシェリーの甘いアロマも感じられる。

味:まろやかで粘性のある口当たり、レーズンやブラックチョコレートの甘さと柔らかい酸味が広がる。中間から後半はコルキーなオフフレーバー、カラメリゼを思わせる品の良い苦味、微かなスパイスと土っぽい内陸系のピートフレーバー。余韻はじんわりと染み込むように広がり、あまり長くは残らない。


このボトルは、ウイスキー仲間であり自転車仲間でもあるKさんから頂いたモノ。
昨年末ごろ、自分が80年代のホワイト&マッカイ21年の記事をUPしたところ、ちょうどKさんが同21年の70年代を飲まれており、比較用にと小瓶で頂きました。
ホワイト&マッカイ21年の70年代は80年代よりも流通量が多くなかったためか、市場で見かける頻度は少なめ。しかし稀に特級表記だけでなく、JAPANTAX付きのボトルを見ることもあります。
今回のボトルは台湾、あるいは香港流通と思われるものです。

両者を飲み比べてみると、1980年代のほうが色が濃く、香り、味共にシェリー感がダイレクトに感じられます。
対して1970年代のほうがスモーキーな、原酒のベースとなる部分由来のフレーバーが強く、ボディも厚みが感じられます。
少々保管状態による影響を受けているものの、奥には追いやられてしまったモルティーな華やかさが、スワリングと揮発で顔を出しており、本来の姿を見ることも出来ました。
どちらも良いブレンデッドで、滑らかで口の中によく馴染む乖離のない口当たりは共通項です。この辺は流石名門ブレンドのハイグレード。後はもう完全に好みの問題と、手元に来たボトルの状態次第ですね。

ホワイト&マッカイ社の1970年代は、同社にとって変革の時期の一つ。
別記事でも触れましたが、1972年にフェッターケアンとトミントールを買収しウイスキー事業は拡大路線。ドランカー…じゃなかった、ブレンダーのロバートパターソンが入社。現在知られるホワイト&マッカイの下地が作られたのはちょうどこの時期です。
その後同社は順調に拡張と買収を重ね、8蒸留所を傘下に置くグループ企業を構成するに至るわけですが、その薀蓄は近年のボトルを紹介する機会に取っておこうと思います。
気になる人はぐぐって調べてみてください。