カテゴリ:

CUTTY SARK 
Blended Scots Whisky 
1970-1980’s 
43% 760ml 
構成原酒:タムデュー、ハイランドパーク、グレングラッサ、ブナハーブン、グレンロセスなど
評価:★★★★★(5) 

香り:サトウキビや乾いた牧草のような植物感のある甘い香り立ち。微かなヒネ香、パンケーキ、ドライアップル、ジャイアントコーンを思わせる香ばしさ。

味:オールドらしい粘性のある口当たりだが、使われた原酒の若さからか舌触りは硬さがある。ザラメ、薄めた蜂蜜、ドライアップル、コーンシリアル、クラッカー、樽感の少ないニュートラルなモルティーさに穀物風味。
余韻はあっさりしているが染み込むように残る。


1970年代後半、あるいは1980年頃に流通したと思われるカティサークのスタンダード品。
スコッチのスタンダード品として国内には相当な量が流通していたため当時からウイスキーを飲まれている方にはなじみ深い銘柄だと思います。
また、通量が多かったということは、市場に在庫が残っているということでもあり、比較的手に入りやすいところの筆頭です。

カティサークはBBRのブレンデッドでも、普及価格帯をターゲットとした造りがされています。先日紹介したベリーズベストやカティ12年が濃厚なブレンドであるのに対し、カティサークはライトであっさり。樽感は控えめで原酒由来の穏やかな甘味、麦芽風味、グレーンを思わせる穀物の風味も感じられます。
また、カティサークはカラメル添加を行わない、ナチュラルなブレンデッドとする同社の方針が、このライトな味わいに繋がっているようです。

しかしライトなだけではないのが原酒の良さか、その辺の零細ブレンデッドとは違う味の深みがあり、良い意味で1杯目のブレンデッドウイスキーです。
これから何杯か飲んでいくぞと言う中で、ストレートでよし、ハイボールで飲んでも良い。気軽に肩肘張らない味わいが堪能できると思います。

スコッチウイスキーは年代によって、今のスタンダード品が当時は高級グレード扱いという変化から、味が大きく変わることがあります。ジョニーウォーカーなんかがいい例ですね。
ではカティサークのスタンダードはというと、60年代のコルクキャップ時代を飲んでも同様にあっさりした味わい。新しい時代については粗さも増して言わずもがなで、日本で手に入る範囲のオールドはあまり差が無いなというボトルでもあります。

なお、カティサークが採用している"Scots whisky"表記は、ゲール語としてはこちらが正しいスコッチウイスキーの表記であるという同社のこだわりから。ラベルを彩る手書き風の文字は、1923年にカティサークが誕生した際のラベルデザインのものを、そのまま使っているのだそうです。