カテゴリ:

WHYTE & MACKAY
21 Years old
1980's
43% 750ml

構成原酒:ダルモア、フェッターケアン、トミントール、など
評価:★★★★★★(6)

香り:品の良いオールドシェリー香、レーズン、カラメルソース、微かにたまり醤油、麦芽ビスケットのような香ばしさも感じられる。
濃厚なシェリー感ではなく薄めたような印象のあるバランスタイプだが、古きよき時代を感じさせる香りでもある。

味:スムーズでまろやかな口当たり、薄めたメイプルシロップのような甘さから、じわじわとウッディーな苦味、タンニンが口の中に広がってくる。オールドシェリー、麦芽、カステラの茶色い部分、アーモンドクリーム、ほのかに古酒っぽさのあるヒネ香も感じられる。余韻はオレンジピールチョコ、レーズン、柔らかいタンニンが口の中に蓄積してビターでドライなフィニッシュ。


ダブルマリッジ製法のホワイト&マッカイ。その高級グレード品である21年もの。
日本でもウイスキー特級表記付きでそれなりの数が流通していたようですが、もっぱら流通量が多かったのは海外、特に香港や台湾だったようで、現地流通品をオークションで数多く見かけます。
かくいうこのボトルも台湾流通品、裏ラベルには1986年の流通であることが記載されており、一番若い原酒でも1965年蒸留が確定ということになります。

ホワイト&マッカイの製法では、モルト原酒同士のバッティング、及びグレーンとの掛け合わせにおいて、計2度のマリッジを行っており、その際にシェリー樽を使うとのこと。その影響か原酒由来か、まろやかさに加えて最近のボトルには見られなくなった品の良いシェリー感を味わうことが出来るボトルです。
ハイプルーフの飲みすぎ、あるいは連日の忘年会でのお疲れモードな体にしみじみと感じられるまろやかさです。
原酒としてはダルモアの影響が強いように感じます。 惜しむらくは、もう少し濃さがあれば突き抜ける感じなのですが・・・。 まあこれはこれで良い感じです。

このバブリーなボトルデザインは1980年代の流通のもの。お世辞にも高級感があるとは言えないディスプレイボックスに、21年以上熟成させたハイランドモルトとローランドグレーンをブレンドしたという製品説明が書かれた、リチャードパターソン氏のサイン入りメッセージカードが入っています。
何気に横置きされやすい箱なので、箱付きの場合はコルク臭の恐れも…。
さらに古い1970年代は金属の装飾がなく、同じボトルに金色楕円形のラベルが貼られています。自分はまだ飲んだことが無いので、いずれ機会があればこちらも飲んで見たいですね。