カテゴリ:
51UU1XGGc3L

GLENFARCLAS
Aged 17 years
43% 700ml

【ブラインドテイスティング】
地域:ハイランド
蒸留所:グレンファークラス オフィシャルボトル
熟成年数:21年(または25年)
度数:43%
評価:★★★★★(5)

香り:サルファリーでかりんとうを思わせる黒砂糖系の甘さ、所謂生臭いと言われるシェリー香、微かな青っぽさもある。スワリングするとレーズントースト、焦げたパンのように甘いドライフルーツ香とウッディーでビターなアロマ。最初はあまり良い印象の無い香り立ちだったが、違う表情も持っている。

味:粘性のある口当たり、フルボディで香り以上に生木っぽさの強調されたシェリー風味、グリーンレーズン、カカオチョコレートの苦味、サルファリー。余韻はビターでウッディーな渋みが口の中に長く残る。
香り、味とも蒸留所の力は感じるが、樽で苦労している印象は否めない。


先日の持ち寄り会でYてーとくから頂いたブラインドサンプル。
その場で軽く飲んで、解答しないまま持ち帰ってしまい、改めて飲んで「あぁこれオフィシャルのファークラスじゃね?」ってことで回答。
正直あまり自分の好みじゃないシェリー香が強く、熟成年数判別は相当いい加減になりました。
まぁ、蒸留所とボトルについてはほぼ正解していたから、良しとしましょう(笑)。

メーカーコメントが正しければ、17年は現オーナーのグラント氏がもっとも気に入っているという事なのですが・・・確かに香味の複雑さや幅は流石オフィシャルと思う部分があるものの、往年のファークラスマジックと言われたころの味わいからすると、これはちょっとという感じが否めません。
良い部分もあるのですが、それ以上に嫌味な部分も強い。久しぶりに飲みましたが、改めてこれは自分にとってはお気に入りにはなりませんでした。

グレンファークラスは100%シェリー樽を現在もなお貫いているそうで、聞いた話では熟成庫には本当にシェリー樽しかないそうです。しかもまだ50年代、60年代の樽を持っていると。(でもボトラーからなんか出てなかったっけという話はさておき。)
シェリー100%を公言していたマッカランが、実はバーボン樽を持っていたとかそういうことはなく、バーボンのように見えたいくつかのリリースは、4回以上使い込んだ樽、プレーンオークによる熟成であると。
これだけ聞くと、ファークラス拘ってて素晴らしいやんって思う方もいるかもしれませんが、問題は最近使っている樽の質ですね。

参考:シェリー樽の真実(ウイスキーマガジン)
http://whiskymag.jp/jmm_2/

これを見るとファークラスのシェリー樽は5ヶ月しかシーズニングしていないということになります。
しかも使われているのはかつてのシェリー樽のそれではない、擬似的なオロロソシェリー風味液。
そりゃ味も変わりますよね。妙な嫌味が強く感じられるのも納得です。
今ウイスキー業界全体で樽不足が叫ばれている中で、バーボン樽はある一定の品質を保つことに成功しているように感じます。
ただ、シェリーに関しては明らかに特別な樽を除いて、劣化が著しい状況。
往年のウイスキーファンからすれば、シェリー樽熟成のウイスキーは特別なものです。熟成を早める技術の開発は色々話を聞きますが、是非良質なシェリー樽を短期間で作る技術の開発も、進めてほしいと思うところです。