カテゴリ:
LONG JOHN 
Blended Scotch Whisky 
12 Years old 
1970’s 
43% 760ml 
構成原酒:ラフロイグ、ベンネヴィス、キンクレイス、グレンアギー、トーモアなど
評価:★★★★★★★(7)

香り:甘く香ばしいスモーキーさ。ピーナッツクリーム、乾煎りした麦芽、ほのかに草っぽさと柑橘系の爽やかな香り。
注ぎたては陶酔感のある艶やかなアロマで、レベルの高さがうかがえるが、経年影響かあまり長続きしない。

味:とろりとした口当たり、砂糖漬けのオレンジピールを思わせる甘さとほろ苦さ、みたらし、カラメリゼ、微かにアプリコット。中間からは存在感のあるピートフレーバーが軽めのスパイシーな刺激と共に広がってくる。
フィニッシュはほろ苦く染み込むように残る。

やっと香味が開いてくれました。1970年代流通のブルーラベルなロングジョン12年。重松輸入で松下鈴木の取り扱い。
当時日本への輸入はスタンダードのロングジョンが主流だったのか、このラベルのロングジョン12年はほとんど在庫が見られず、国内から出土するのは結構珍しいボトルです。
青地に金色の印字、ブランド紋章も金で縁取られたオリジナルボトルは高級感ありまくり、否応なしに目を引きます。いやぁいいセンスだ。

口開けは金属臭こそなかったものの、籠ったような違和感のある味わいが強く、そこからワインコルクを刺して約4か月、夏場にハイボールで飲もうと思っていたのに、気が付いたら12月になってしまいました。
強いピートフレーバーとコクのあるボディが特徴で、ラフロイグの影響が強いというのも納得の味わいです。1980年代からはラベルデザインも大きく変わり、後述するトーモアの影響が強くなり始めたためか、スモーキーフレーバーも穏やかになっていきます。

ロングジョンはかつてはベンネヴィスをベースとし、その後グレンアギー、キンクレイスを買収、さらにラフロイグも傘下としてスモーキーなウイスキーを身上としていた銘柄です。
しかしグレンアギー、キンクレイスは1970年代、1980年代に相次いで閉鎖、 ベンネヴィスは休止の後別グループへ。 現在のラインナップはスタンダード品のみで、 スペイサイドのトーモア蒸留所が中核を担っています。
現行品はハイボール等、割って飲むことを前提にしているのか、ストレートでは若いグレーンのえぐみやべったりとした甘みが強く、言ってみれば無個性な現代のブレンデッドという味わい。積極的にお勧めするボトルじゃないですね。

ちなみに、ロングジョンは創業者のあだ名だとか、そういうトリビアは以下メーカーページをご参照ください。
http://longjohn.jp/