カテゴリ:


JAMES MACARTHURS 
DALMORE 
Millennium 
Distilled 1964 
Bottled 2000 
700ml 50%  
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:ベリージャムを思わせる甘酸っぱい濃厚なシェリー香、レーズンチョコ、フランボワーズ、カラメルソース、微かにハーブのニュアンスも感じられる。 
まるでフランス料理のデザート。香りの芯は非常に強く、時間経過でどんどんアロマが立ってくる。

味:濃厚でとろりとした口当たり、カラメル、ベリージャム、黄桃のシロップ漬け、濃く出した紅茶、微かなシナモン。
シェリー感に嫌味なところはなく、濃厚でありながら華やか。
余韻は長く、チョコチップクッキーの香ばしくも甘い香味を残しながら、ウッディーでタンニンが舌に染みこむ。かすかなピートも感じられる。

 
WL最古参会でのテイスティングボトル、自分が持ち込んだ1本です。
2000年頃にリリースの多かった、1960年代蒸留を象徴するようなオールドスタイルのシェリー系ウイスキーのひとつで、所謂どっかんシェリー。もともと強くないダルモアの個性は見事に圧殺されています。
しかし漂ってくるアロマは実に素晴らしく、開いてきた今であってもまだまだ先があるような…終わりの見えないウイスキーの世界に引き込まれる、悪魔的な魅力を感じます。

会の時点では堅さがあり余韻の渋みも強く、飲み頃はまだ先にある印象でしたが、それでも時間をかけてじっくり飲み進めればそのポテンシャルを感じることが出来ました。 
通常のテイスティンググラスでは、時間をかけて飲んでいくというよりグラスに入れたまま1時間近く放置するか、リーデル ブルゴーニュ ソムリエのような大ぶりなグラスで空気に触れさせて一気に開かせるか。
開いてくればさらに上の評価も出来るであろうポテンシャル、今後飲み進めるのが非常に楽しみです。
このボトルは日を置いてまたテイスティングをまとめたいと思います。
 
テイスティング:開封から2ヶ月
使用グラス:リーデル ブルゴーニュ グランクリュ ソムリエ  及び 浅草創吉 SK2