カテゴリ:

今度は爆飲…中国の高級酒人気再燃 消費主体は高級官僚から新興富豪へ(10/19 産経新聞)
http://www.sankei.com/world/news/151019/wor1510190024-n1.html

3日前のニュースですが、バックデータも示されていて内容のある特集でした。
ウイスキーに関しては、山崎、余市、竹鶴、響などなど、中華様の爆買いが今年のウイスキー需要に大きな影響を与えていることは、改めて述べる話でもありません。

ただ中華さんはまだ本気を出してなかったんですね。コニャックに関して出荷量が減っていたという統計は知りませんでした。
2012年が2480万本→2014年1490万本でピークのほぼ6割。
これが2015年は大きく回復して、2000万本を超えてきそうだということ。
さらにその消費の中心にいるとされるのが、30~40代の若い消費者層。今後の消費の中心になっていくという話。

現在、コニャックは緩やかな値上げ傾向にあるわけですが、スタンダード銘柄ではなく、ポールジローやラニョーサボランなど、評価の高い特別な銘柄に火が付き始めたら・・・愛飲家はたまったもんじゃないですね。
企業側とすれば、コニャックに限らずワインだなんだと展開できるチャンスですし、中国様様なんでしょうけれど。

んー今後はもっと流れが来るだろうし、今がラストチャンスか?
って、これ最近どこかで見たような流ですね(汗)
(写真は関係ないですが、コニャックの気分だったのでw)