カテゴリ:

富士山麓 樽熟50%とボストンクラブの終売は以下を参照。

キリンから悲しいお知らせです。
既にFBやツイッターなどでも情報が流れているのでご存知の方も多いと思います。
私のお気に入り銘柄でもある富士山麓18年、今月いっぱいで終売となる模様です。

メーカーからのプレスリリース等オープンな発表はまだありませんが、既に酒屋通達はされており確定路線。
ドリンクスで販売している富士山麓スモールバッチ17年と重複するところはありましたし、何気に長熟原酒使ってそうな味してましたから、ここらで調整なのかもしれません。
氷結が売れてるうちは趣味レベルでやらせてくれるのではと期待していましたが、動きはあったということですね。
違う商品を当ててくるのか、スモールバッチに一本化するのか、続報はありませんが、もし何も無いとすればキリンの数少ない店頭通常販売品のラインナップからシングルモルトが消えるということになります。

fujisanroku18
富士山麓18年のテイスティングノートはこちらから。(写真、キリンWEBページ商品情報より)
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1023459817.html

ちなみにニッカ、サントリーと比べると日陰感がハンパない同銘柄。売れてないかというとそうでもなかったようで、都内某酒屋いわく「意外と売れるんだよ」と。
先日FBにテイスティングコメントをUPした際には、海外の方から「良いなぁうらやましいなあ(意訳)」とコメントもあり、海外の方がお土産に買っていくケースも結構あったようです。
海外で買うとWhisky baseやWhisky Magazineなどの評価はそれほどでも無いのに、240ユーロとめちゃくちゃ高いですからw

しかしこうして終売が告知されても、「駆け込み需要」的な心配が無い気がするのは気のせいでしょうか(笑)
まぁ何が起こるかわかりませんし(軽井沢の例もありますから)、気になっている方は今のうちに飲まれたほうが良さそうです。