カテゴリ:
今日の記事の書き出しは、やっぱりこのネタから。
サントリーが2015年4月1日から一部商品の値上げを実施したところですが、動きの無かったアサヒビール(ニッカウイスキー)が昨日ついに2015年9月1日からの値上げを発表しました。

国産洋酒、輸入洋酒、輸入ワインの価格改定についてのお知らせ(2015/5/13)
http://www.asahibeer.co.jp/news/2015/0513.html

いつかはくるだろうと思ってましたが、ついに来たって感じですね。
ブラックニッカシリーズを据え置きしたのはサントリーと同じ戦略ですが、対象は19ブランド43品目、その値上げ比率は9~44%!
公開されている情報だけでも竹鶴21年が最高値上げ幅で15000円。元々低価格だっただけに上げ幅もでかい。
あの味でこの値段は安いと常々思っていましたが、ついに値段相応になってしまいました。

今回のプレスリリースで価格改定が明記されているジャパニーズは10ブランドのみ。
残り9ブランドに何が含まれるか…っていうか数えてみると19ブランドはブラックニッカを除くほぼ全ての通常販売ラインナップが入ることになります。当然シングルモルト余市、宮城峡が含まれる可能性は大です。たぶん2~3割は上がるんじゃないでしょうか。上がらなかったら儲け物です。
詳細及び値上がり後の価格は、各店舗に通達があるでしょうから、何かわかりましたらまたUPします。


(※5/19 追記)
値上げリストが手に入りましたので、以下にまとめました。
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1027880331.html


さて、前置きが長くなりましたので後はあっさり行きます。
今夜はそんなニッカウイスキーから値上げ確定の竹鶴21年です。

NIKKA
TAKETSURU
21 Years old
43% 700ml


"甘い熟成した樽香、焦げた麦芽にドライパイナップルの華やかなアロマ。微かにスモーキー。
口当たりはメープルシロップの甘み、黄桃やリンゴのコンポートーを思わせるフルーティさ。ウッディーで徐々にピートも感じられる。 フィニッシュはドライで華やか、長く残る。"


竹鶴21年の特徴というか良さはなんと言っても"ジャパニーズらしからぬ"フルーティーさ。そこに余市や宮城峡の長期熟成原酒を思わせる樽の香りがある。
17年も良いですが、やはり21年を飲むと完成度という点で霞んでしまいます。

"ジャパニーズらしからぬ"と囲った理由はお察し頂ければと思いますけれど、ようは旨けりゃ良いんです。
上でも書きましたが、この味で実売10000円未満を保っていたのはすごいことです。
勿論数年前は、周りのウイスキーも安かった時代で、ジャパニーズ買わずとも同じ値段で1960年代、70年代のスコッチが買えたわけです。飲み手側が盲目だったとは言いません。
しかしこうしてやっと光が当たったところで値上げが告知されると、寂しさというか、「ニッカ、お前もか。。。」とつぶやいてしまいます。

今年の夏のボーナスは、お気に入り銘柄の買いだめかな。
あ、でも市場は品薄なんでした。
これは駆け込み需要&これまでの品薄が相乗して、大変な事になりそうですね。