カテゴリ:
根強いファンの多い、クライヌリッシュからリミテッドリリースとしてセレクトリザーブがリリースされました。
複数樽バッティングのナチュラルカスクストレングスで、同蒸留所としては初のスペシャルリリース。
あれ、出てなかったのかと思って記憶をほじくり返してみても、確かに出ていない・・・。
1stリリースの今回は、限定2964本のみのボトリングだそうです。
 
CLYNELISH
SELECT RESERVE
Special Releases 2014
700ml  54.9%

IMG_1684

暫定評価:★★★★★★★(7)
 
"フレッシュで酸味のある麦芽香、おしろい、微かな柑橘系のアロマを伴う品の良い香り立ち。
口当たりはオイリーでワクシー、その中にリンゴや熟し切ってない洋梨に共通する酸味とフレッシュな果実香。
フィニッシュはスパイシーで厚みがある。ドライな余韻。
加水すると乾いた木のアロマと、すりおろしたリンゴのような甘さを引き出せる。"
 

あぁクライヌリッシュ、お前はどうしてクライヌリッシュなの?
と言いたいくらい、スペシャルリリースでも全くぶれないクライヌリッシュ味。
確かに上品というか、完成度の高さはありますが、至って普通にクライヌリッシュです。
(むしろこれがリミテッドリリースのあり方として正しいのかもしれません。)
 
原酒構成はリフィルバーボン樽にヨーロピアンオークのリフィルシェリー樽、さらにはアメリカンオークとヨーロピアンオークのリフィル樽(恐らくウイスキー熟成後の樽)を使った、複数樽バッティングのナチュラルカスクストレングス。
熟成年数が記載されてないので、人によって様々な印象を持つかもしれませんが、中身は最低15年以上の原酒が使われているとのこと。値段からも察するに相当古酒も入ってるんじゃないでしょうか。
個人的な感覚では、味のワクシーさから1980年代あたりの原酒の傾向を感じますので、30年クラス主体かなと思います。
 
ちなみにこのスペシャルリリースはシリーズ化が決定しており、今回は1stリリース、来年は2ndリリースが出るそうです。
気になるお値段は、日本流通正規価格で1stが90000円、2ndが160000円になります(笑)。
Whisky exchangeでは1stが415ポンドですか、まぁちょっと安いかな。
それにしても強気というか、なんかもうすごいことになってますね。