カテゴリ:
ウイスキー仲間の一人がいきなり台湾に旅立ち、観光がてら蒸留所めぐりをしてきました。

台湾と言えば今やKAVALAN、WWAでもワールドベストモルトを受賞して、元々高かった注目度がさらに上がったわけですが、もうひとつ台湾にはKAVALANからさらに南にある、2010年に蒸留を開始した南投蒸留所があります。
日本には未入荷の台湾期待の星、お土産としてそのモルト原酒をおすそ分けいただきました。

Nantou Distillery
OMAR
Bourbon type
700ml 46%
南投ウイスキー

評価:★★★★(4)

"乾燥した木材、ドライパイナップル、クッキー、軽い甘さと酸味から、
微か乾燥した牧草のようなピートを感じるアロマ。
口当たりはニューポッティーさ、若いクセのあるフレーバーに金平糖のような甘み、木香。
フィニッシュにかけて蜂蜜レモンに植物質なえぐみが出てくる。余韻はあっさりとしている。"

酒質が素直なバーボン樽熟成の若いウイスキー。
ナントウは2010年創業なので、このボトルは3~4年ものくらいでしょうか。

熟成期間を考えると良くまとまってる印象を受けますし、これから先が楽しみと思う反面、ボディがライトなところに樽が強く効きはじめていることも感じられます。
台湾の環境を考えれば、今後加速的に進む熟成に対してどの時点で線を引くか、今後の調整が難しそうです。

HPさん、貴重なサンプルありがとうございました!!