カテゴリ:

ただいまジャパニーズウイスキーの人気が凄いことになっているのは周知のとおり。
ニッカ、サントリーは言わずもがな、新進気鋭のイチローズモルト、復活したマルス、何気に古株な江井ヶ島も好調です。
そんな中、ただ1社だけ過熱感を感じないのが・・・キリンです。

確かにリリースはぽつぽつ出てますし、先日はスモールバッチシリーズをリリース。しかし限定リリース=即完売のこのジャパニーズ人気の中で未だ購入可能という状況。
このままだと、そのうち江井ヶ島にSMWSの登録まで先を越されそうな・・・。

でも個人的にこの蒸留所、決して悪くないと思うんですよ。むしろポテンシャルはあると感じます。
今日は自分が愛飲してる1本の富士山麓18年から。

KIRIN WHISKY
FUJISANROKU
18 years old
43% 700ml

評価:★★★★★★★(7) 

"エステリーでドライな香り立ち、甘酸っぱくフルーティーな熟成香が充実していて思わず顔がほころんでしまう。熟した洋ナシ、アプリコット、黄桃、微かに天津甘栗のようなオーク香。スモーキーさもある。
口当たりは柔らかい甘みがあり徐々にドライさが強くなる。香り同様のアプリコットなどのフルーティーさ、フィニッシュはピーティーでドライでビターな余韻。"


香りだけなら★8くらい付けても良いってぐらいの熟成香で、特に注ぎたては笑顔が止まりません。
自分好みのピーティーさもあって、オイオイすごいじゃないか~と。
でも飲んでみると不思議なほどボディが軽く、味も香りほど強くない。そしてグラスに注いでからヘタれるのが早いのと、長熟原酒にありがちなドライさが強いのが、このモルトの特徴。

この特徴、思い当たるのが、ダンカンテイラーのロナックや、ハートブラザーズなどのリリースに見られる40度ギリギリまで度数が落ちた長熟ウイスキー。
そういえばキリンは50%あるいは50%に近い、低い度数でバレルに詰めて熟成しているんでした。
18年用の原酒まで同様の整理かはわかりませんが、熟成で45%くらいまで落ちたバーボンバレル熟成原酒でブレンドして調整レベルの加水をしてるのだとしたら、香りの強さと味の弱さ・ドライさは納得です。
まぁドライささえ許容できれば、最初の1杯に持っていっても良い感じです。


それにしてもこの香りは凄い・・・。 先日ウイスキー仲間にブラインドで出しましたが絶賛でした。
60%くらいで詰めて、50%くらいでリリースするシングルカスクは作ってないんでしょうか。
フォアローゼスとパイプがあって樽の供給は安定してるでしょうし、今後が楽しみな蒸留所でもあります。

キリンも「氷結」が売れてるうちは、閉鎖しないでしょうs・・・おや、誰だろうか、こんな時間に。