カテゴリ:


先月今月は、年度末決算に伴うウイスキー大介錯期間w
まぁ決算もなにも、ウチは個人消費なので報告義務も納税義務もないんですが。
貧乏性なのでラスト100mlあたりから、気にっているボトルは中々進まなくなります。

別れを惜しんでしまうと言えば聞こえは良いですが、女々しいだけです(笑)

今回、このグレーンウイスキーは残り70mlくらいのところで里子に出すことになりました。
私は十分飲ませてもらったので、後は勉強教材ということで。
きっと新天地で活躍してくれることでしょう!

ALLOA GRAIN (Carsebridge)
1964 (40 years) 42.5%
IMG_1460
評価:★★★★★★(6)

”スムーズな飲み口からふわりと開く穀物由来の蜂蜜やバニラの華やかな甘さ。
グレーンのため変化には乏しいが、使えば間違いなく旨いブレンドウイスキーになる印象を持つ、
上質なグレーンウイスキー。”

ご馳走様でした!


追記:そういえばカースブリッジって1980年代に閉鎖されてるんでしたっけ。
閉鎖蒸留所だからってありがたみを感じる正確でもないんですが、
グレーンだと特にそういうとこイメージが無いんですよねw