備忘録:宮城峡1988 20年

カテゴリ:
昨年末、今は無きアサヒビール直営のBAR、月灯りで飲んだ宮城峡。
内装はキレイ(やたらバブリー)で価格も手ごろ、自家醸造のビールが旨く、
ちょい飲みするには申し分の無い良い店でした。

ところがウイスキーブームが来るなか、昨年末で閉店。
自分の結婚パーティを開いた会場でもあったので、出来ればもう一度妻と行きたかったなぁ。


宮城峡 1988(20年)55%



評価:★★★★★★(6)

"シルキーで甘酸っぱい果実香、土の香り、微かにサルファリー。
口当たりはスムーズ、硫黄が上面に、徐々にオーク由来のフルーツ、
フィニッシュは焦がしたビターさが残る"

余市1987がWWAで世界一を取った次の年に販売された、数少ない宮城峡の20年。
宮城峡らしい果実感のある味わいで、完成度の高いウイスキーに仕上がっています。
ただ、ニッカウヰスキーの使うシェリー樽はサルファリーなモノが多く、
その原酒が使われたのか、この宮城峡も例に漏れずというところ。

自分はパフュームの次に硫黄、サルファリーなフレーバーが苦手ですが、
あっても飲めないという訳では無く、フレーバーの出方次第という感じ。
ニッカ製品にある硫黄は、味の要素の一つ程度なのでまだなんとかなってます。
(マルスとかはすごいのが結構ありますねw)

蒸留所側に聞いたところ、最近はシェリー樽の内部を洗浄し、
硫黄を落としてから使ってるそうですが、いつのロットから無くなるのか注目です。

遠方より友(葉巻)来る、また楽しからずや

カテゴリ:
ウイスキー仲間にいくつかサンプルを送ったところ、
大量の葉巻が返ってきました(笑)
それもしっかり自家熟成されたバリバリの猛者達です。



うーん、なんというわらしべ長者。

ありがたいことです。
思わず小躍りしてしまいます。

「はいらんどけーると、はいらんどけーると~(違)」


自分は煙草は吸いませんし、葉巻も自分で買ったコトなど片手で数えられる程度ですが、
ウイスキー仲間に葉巻も極めている方が多く、
こうして色々貰ってしまうことが度々あります。

というか自分の在庫はほぼもらい葉巻です(笑)。


葉巻の友は勿論ウイスキー、料理とワインのマリアージュを楽しむように、
葉巻とウイスキーのマッチングを楽しみます。

またアウトドアで釣りやBBQの際、キャンプ椅子に腰掛けながら燻らせる葉巻は、
ゆったりとした時間の流れを感じさせてくれる、素晴らしいひとときです。



わかりやすい組み合わせは、ハイプルーフのバーボンや、シェリー樽熟成モノ等の濃い味系。
ただモルトのほうは昨今手に入りにくいモノも多いのと、
葉巻に合わせると細かい香味はわからなくなりますから、
正直安いので充分で、手軽に楽しめるのはバーボンだと思います。

現行品だとエヴァンのハイプルーフとか、
ブラントンシングルバレル、
スモールバッチのブッカーズやベイカーズなんてパンチがあってちょうどいいかも。


今週末は天気が良いようです。
奥多摩まで足を運んでみますか!

もちろん葉巻と釣り竿を持って!

備忘録:アバフェルディ1994-2014 蒸留所限定品

カテゴリ:
富山の酒屋(イケメン)からサンプルとして貰った1本。
今年の1月、FBに投稿したものをテイスティング部分以外リメイクして再投稿です。


アバフェルディ
1994-2014、56.9%
CASK No,6978 (蒸留所限定)



評価:★★★★★★★(7)

"香りはベリージャムのような甘さと酸味があり、
味は適度なウッディネスとリンゴのカラメル煮のような、深みのある甘さ。
余韻に嫌みは無く、濃いシェリー感が長く続く。"


現行品1990年代蒸留のシェリー樽熟成としては突出した完成度、
60年代70年代のシェリー感を連想させる出来栄えです。
その辺のウッディーで果実味もへったくれもない、某蒸留所が霞みます。
こう言うのがガンガン、カスクでも加水でも出てくれたら…。

アバフェルディは通常品こそあまり印象にありませんが、
限定品やカスクモノは光り輝くボトルが結構あります。
シェリー樽受難の時代においてこのレベルの原酒を持っているというのは、
今後に期待が持てる1本でした。

そういえば結婚祝いに仲間から貰ったボトルで、同スペックの蒸留所限定品がありました。
今から開けるのが楽しみです!

このページのトップヘ

見出し画像
×