カテゴリ:

マッサン人気と「受難の90年代」が招く空前のウイスキー品薄 
http://www.news-postseven.com/archives/20150309_308555.html 

昨日更新されていたWEB記事。
ほんとこれ、ってやつですね。

平成不況に洋酒ブーム終焉、90年代だけでなく、
統計を見ても2000年に入っても生産量、市場、どん底です。
ハイボールブームでの増産は2008年ごろから、
この消費量のままいけば、あと7-8年は原酒不足というわけです。

参考:時事通信 ウイスキー市場規模の推移。
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_seizougyo20140929j-02-w340

しかし過去のウイスキーブーム同様、ある日ブームは終わるでしょうから、
今の在庫で足りてしまう可能性もあり、そうなると将来的には増産した余剰の原酒が、じっくりと熟成される可能性もあります。
現在のジャパニーズ全盛期は、そうした時代に育った原酒と、培われたブレンド技術が支えているわけです。 
(勿論その間、相当な企業努力があったものと思います。)

ブームが作り、不況が育てるウイスキー。
次の10年、歴史は繰り返すのでしょうか。


とはいえ、前回のブーム終焉時と違い、各メーカーが海外に販路を広げているため、
日本国内の市場 だけでなく、 新興国等の新たなブームの中に売り込むことで、影響は限定的になるかもしれません。

本音を言えば、ブーム終焉で原酒に余剰が出て、次のブームの足がかりも無い状況となれば、
既存ユーザー、コアな顧客をより重視する戦略に舵が切られることを望む気持ちがないわけでもありません。
オーナーズカスクや市のロマンクラブなど 事業が復活するような動き、あって欲しい。

ただそれって企業側が厳しい状況なんだよなあと、
長々と複雑な思いです(苦笑。

FBでこの話を出したところ、かつて繁栄を極めたキャンベルタウンの末路を、
増産に次ぐ増産で日本もたどるのではないかと危惧する声もありました。

日本が粗悪なウイスキーを作っていた時代がないわけではないですが、
品質基準の厳しい今の日本メーカーがそうなることはないと、思いたいものです。

カヴァランSOLIST フィノシェリーカスク 1stLot

カテゴリ:
アジアだしアレでしょという前評判を覆し続ける、台湾カヴァラン蒸留所。
今年初めに久々に飲む機会があった時のコメントです。

カヴァランSOLIST
フィノシェリーカスク
ファーストロット 57%
CASK No,S060814048



評価:★★★★★★★(7)

"鼻腔に広がる甘酸っぱいオーク香。ツンとしてアルコール感。
ドライイチジクや完熟パインを思わせる酸味と甘さ。
後半広がる感じは控えめで、適度なウッディネスを伴うドライな余韻。"


わかりやすい、良い味してるボトルです。

先日のカーデューで樽感主体の味という表現を使いましたが、
その樽主体の中でも特殊な位置づけとも言えるのがカヴァラン・ソリストシリーズ。

なんといっても若いんですよね、原酒が。
カヴァラン蒸留所は2005年の設立、このファーストロットの販売は2013年頃ですから、
初期の原酒でも7~8年モノ。それでこれだけの樽感出せちゃうんです。
気候が温暖だからとか、蒸留所の親元はバイオメーカーで酵母を工夫してるとか、
色々理由は述べられてますが、結局はいい樽使わないと味が出ませんから、研究を相当やったんでしょう

同じく販売されているシェリーカスクやバーボンカスクを飲むと、なるほど、と思います。

このフィノシェリーカスクは当時日本にリカーズハセガワが単独輸入して2万Over。
現地では1万後半だったとか、今はめちゃ高騰しちゃいましたね。


なお、カスク番号下二桁が50番までが、1stロットだという情報です。
実はシェリーカスクの味が変わっちゃってるんですが、フィノはどうでしょうか。

備忘録:サントリーミレニアム ピュアモルト

カテゴリ:
この前昇天しちゃったボトルですが、
過去のFB投稿から発掘できたのでご紹介。

サントリーミレニアム2000
ピュアモルト
43% 700ml



評価:★★★★★★(6)

"りんごを思わせるエステリーさ、メープル、木香のある華やかな甘い香り立ち、微かにスモーキー。
味は複雑でエステリー、後半からミズナラ由来のフレーバーも見え隠れする。
りんご、オーク、トフィー、フィニッシュではスモーキーさが蓄積していく。"

山崎の20年熟成原酒を主体に、17年以上熟成のモルトで作ったピュアモルト。
バーボンやパンチョン系の原酒がメイン、そこにお約束のミズナラかな。
華やかで複雑なバッテッド、フィニッシュのスモーキーさが比較的強めに。
ハイボールやロックで飲んでも、まあそこそこという感じです。

エステリー&スモーキー好きな自分は許容範囲ですが、バランスという点で個性的な部分もある印象。
そのためか、ちょっと前まで5000円しないで購入出来た、気軽な家呑み用の1本でした。

20年ものの山崎モルトが5000円って考えたら、安すぎですけどねw

まだ1本未開封在庫もあるので、そのうちリピートします。

このページのトップヘ

見出し画像
×