クラガンモア ダブルマチュアード 2014年ボトリング 

カテゴリ:
引き続き、2015年春のMHDニューリリーステイスティング。
あ、意外と良いね、というのがこのボトルの素直な感想です。
元々クラガンモアのダブルマチュアードシリーズは異端というか、ちょっといじりすぎ感が個人的にあったので、今回も若干敬遠気味でしたが、飲まず嫌いはイカンですね。
 
CRAGGANMORE
DOUBLE MATURED
Bottled in 2014
(2001-2014)
40% 700ml

IMG_1763
 
暫定評価:★★★★★(5)
 
"乾いたオーク香、カラメル、麦芽の品の良い甘い香り。微かにレーズンを思わせるフルーツ香もある。
口当たりは甘い麦芽風味、シロップ入りの紅茶、ドライアプリコット、徐々にタンニンを感じる。
フィニッシュはビターでドライ、微かにスモーキー。強くはないが長く残る。"
 
 
クラガンモアはしっかりした麦芽感のある蒸留所であり、スペイサイドでありながら、ハイランド的な要素を個人的に感じるウイスキーでもあります。
同蒸留所のPRとしては、"1869年にこの地に設立されて以来、クラガンモア蒸留所は、現在に至るまで当時と同じ設備、ほぼ同じ手法によって製造を続けています。"
ということで、確かにオールドボトルや長期熟成のオフィシャルと現行品12年を比べても、味のベクトルは同じ方向を向いているように思います。
まぁオフィシャル12年に関しては、ラベルが簡素になった分、味も簡素になったかなって感じもありますが(笑)。
 
で、今回のダブルマチュアード。いじりすぎな感もなく、比較的良くまとまっています。
強みはあまり感じませんが、嫌みな点も無いのがポイント。まさに可もなく不可もなく。
ディアジオの技というか、落としどころが見えるようなボトリングです。

個人的にはダルウィニー、オーバン、クラガンモアが、今回のリリース3種の中で"まとまった3兄弟"。
誰が飲んでも美味しいところに落としてきていると思います。

オーバン ダブルマチュアード 2014年ボトリング 

カテゴリ:

MHDのニューリリース、通関した商品が各店舗に展開されてBARの店頭にも並び始めましたね。
今回はオーバンのダブルマチュアードです。
実はこのオーバン、テイスティング会当日に飲んだのですが、コメントをメモしておらず。
先日、ラガとトゥサイルを飲んだ時に合わせて追試してきました。
 
OBAN
DOUBLE MATURED
Distilled 1999
Bottled 2014
43% 700ml

IMG_1762
 
暫定評価:★★★★★(5)
 
"軽いピート香、微かな酸味と麦芽に加え、天津甘栗のような香ばしいアロマ。
口当たりは薄めたカラメルソースや麦芽風味で甘苦くオイリー、ほんの少し油性絵の具のようなクセ。
後半にかけてピートが存在感を増してくる。フィニッシュはスモーキーで長く続く。"
 

ハイランドらしさのあるバランスの良い味わいです。
口開けで飲んだ時はそんなにピートを感じなかった、主張の弱いウイスキーという感じでしたが、
開いてきたのか今回はしっかりピーティーで、なるほどこれはまた上手くまとめてきたなという感じです。
熟成感も年数なりで、フレーバーの変化は単調ではありますが、甘さから苦みに繋がる展開は自分好みなので悪い印象は受けませんでした。
 
で、このオーバンはMHDの資料を見ていないのですが、樽は以前のディスティラリーエディション同様にフィノシェリー樽でしょうか。
フィノというと辛口なイメージがありますが、このボトルはそこまで影響を感じません。
BARで飲むならスタートか、あるいは口休めの1杯にオススメです。

それにしてもこのボトルは結構良いピート感だったので、★5か★6かで悩みました(笑)。

ウイスキー片手にトラウトフィッシング In奥多摩

カテゴリ:
仕事が終わって家に帰り、ソファに腰掛けてリラックスして飲む1杯。
BARのカウンターでボトルや調度品に囲まれて飲む1杯。
いずれも素晴らしいモノですが、アウトドアで飲むウイスキーもまた素晴らしいものです。

週末、晴天に恵まれた日曜日、釣り竿にスキットル持って奥多摩に足を運びました。
この時期、都心部では桜が散ってしまっていますが、奥多摩方面は丁度見頃、時折吹く風で舞い散る花びらが、山の新緑に映えて素晴らしいロケーションです。



やってきたのは御獄の奥多摩フィッシングセンター。
多摩川本流を区切って魚を放流している、多摩川漁協が運営する管理釣り場です。
多摩川の天然渓流魚が絶滅危惧種な昨今、もはや多摩川全体が放流で賄われているだけの管理釣り場状態。ここで放流された魚が多摩川の渓流域に広がる、ハブ的な役割も持っています。

奥多摩フィッシングセンター
http://www.okutama-fc.co.jp/fish/framepage1.html


多摩川の本流という流れの強い中にフィールドがあるため、ルアーの動かし方や種類なども、エリアと呼ばれる池タイプの管理釣り場とは全く異なります。
もちろん放流直後の魚を狙うだけなら管釣りスタイルで釣れますが、落ち込みや瀬の中、岩の下に居着いた魚を釣るには、天然のフィールドと同じスタイルで狙う必要があります。
また10時過ぎには上流のダムで観光放水が行われるため水量が増え、濁りも出るためコンディションが変化するのも特徴です。

アベレージサイズは25cm程度ながら、魚のコンディションは良好(いわゆるヒレピンというヤツ)で、川の流れと合わせて非常に良いファイトを見せてくれます。
上述の居着いたタイプは特に引きが強く、流れの中から引き出す緊張感は中々。
また、時期によっては50cmOVERも居るため、このクラスを掛けると本当に手に汗握ります。


(瀬に居着いていた1匹。鋭い引きで楽しませてくれました。)

で、ここの素晴らしいところは魚以上にロケーションとアクセスの良さです。
新宿からホリデー快速おくたま号に乗れば、1本で最寄りの御獄駅に到着。所要時間は約1時間20分。
駅から多摩川沿いの遊歩道を歩いて15分弱、駅前にはセブンイレブンもある。
この所要時間でこの環境は、都心部からのアクセスとしては評価すべきポイントです。


(釣り場に続く多摩川沿いの遊歩道からの一枚。)

釣り場の紹介が長くなってしまいましたが、電車で来てるからには遠慮無くウイスキーが飲めます(笑)。
これがある意味今回の一番の楽しみ。釣りのお供は富士山麓18年に、葉巻はベガス・ロバイナ。
富士山麓は山の清涼な空気に非常に良く合ってくれましたし、シガーは頂き物の追加熟成された1本で、コクのある柔らかい味わい。
釣果のほうも58cmをゲットして、まさに充実した一時を堪能しました。





フィッシングセンターはBBQ利用も出来るので、釣ったばかりのニジマスを塩焼きやホイル焼きにして1杯ってのも最高です。
アウトドアシーズンはこれからが本番、まだまだたっぷりマイナスイオンが充電出来るってワケです。

このページのトップヘ

見出し画像
×