グレングラッサ・マサンドラコネクション 39年(1972-2012)

カテゴリ:
ロシア資本に買収された当時のグレングラッサがリリースした、ある種のコラボボトル。
クリミアのワイナリーとして有名なマサンドラの各種ワイン樽によるフィニッシュで、リリース当時は「ほとんどストックが残ってないグラッサの貴重な長期熟成原酒になんてことを。。。」と思っていました。
ただこれまでいくつか飲んだ印象と、今回初めて飲んだシェリースタイルフィニッシュの感想は、むしろよく出来た長期熟成モルトという感じです。
 
GLENGLASSAUGH
"The Massandra Connection""Sherry Style Finish"
Aged 39 years
Distilled 1972
Bottled 2012
53.3% 700ml
 
評価:★★★★★★★(7)
 
"樽熟した白ワインのようなドライでスパイシーな華やかな香り、皮付きのリンゴのような青さと果実味も感じられる。
口当たりは粘性があり、イチゴやシロップ漬けの白桃を思わせうるコクのある甘さ、微かにハーブ、後半にかけてスパイシー。
フィニッシュは強めの木香、ドライパイナップル、爽やかな香味を伴う長い余韻。"
 
近年リリースされた長期熟成のグラッサは、草っぽさが強いボトルが多い印象。
これをプラスと取るかマイナスと取るかは人次第ですが、このボトルもまたグラッサらしさがありつつ、果実味があることで好みの方向に仕上がってました。
長期熟成はカスクマネジメントが重要なんだなと思うボトルでもあります。


ウイスキーってシングルカスク至上主義に見られるように、単一の何かをであることを良しとする動きがユーザーサイドに少なからずありますよね。
確かにそのまま出して素晴らしいモノはどんどんリリースするべきですし、そうでなくても蒸留所の個性を探る上でシングルカスクが必要なのは間違いありません。
ただ、美味しく飲みたいということを主眼に置く場合は、たいして美味しく無いものを、どうだと出されても、お、おう…となってしまいます。

最近樽の詰め替えについて、Whiskylinkのタケモトさんが海外情報を集めてメルマガで公開されてました。
詳しい転記は避けますが、某蒸留所に問い合わせたところ、シングルカスク表記であっても熟成途中で樽詰め替えなどがマネジメントとして結構な頻度で存在するというものでした。

これは賛否あるものと思いますが、自分は美味しいモノが出来るならフィニッシュしかり樽の詰め替えしかり、なんでもやってくれというスタンス。
伝統を守ることも大切ですが、美味しいウイスキーを作るために新しいことをどんどんやって欲しいですね。

シーバスリーガル25年 現行品

カテゴリ:
ある程度ウイスキーに対する経験値が増えてくると、経験則から「あれはこれくらいでしょう」と飲む前の先入観を持つようになります。
これはこれで重要なスキルなのですが、実際の香味さえも自分が思うほうに無意識の誘導をしてしまったりします。
こうした先入観を除外して、純粋に中身を評価する手段としてブラインドテイスティングは有効な手段。
今回のボトルも自分が持っていた残念な先入観を、見事に取っ払ってくれました。

Chivas Regal
25 years old
40% 700ml

暫定評価:★★★★★★(6) 
 
"華やかな香り立ち、 甘くしっとりとした熟したリンゴを思わせるフルーティーさと麦芽香、スワリングすると燻したようなスモーキーさもある。
口当たりはスムーズでモルティー。シェリーや水で延ばしたカラメルの甘み。 中間は複雑で少しの青さとナッツ、ドライフルーツ。
フィニッシュはビターで微かなスパイスを伴う。オーク材の香りが心地よく鼻に抜ける。"
 
 
現在のシーバスリーガルにおける 最高傑作、マスターオブシーバスを語る1本。
シーバスといえば12年やらミズナラやらがアレなんですが、確かにこれは言うだけあってよく出来ています。
モルティーで華やかなフルーツ感、スペイサイドモルトの好ましい特徴があり、長熟使ってるなあという印象。
現行品ブレンデットの中では、これならスコッチのプリンスと言っても差し支えありません。
 
このボトルは昨年末頃、ウイスキー仲間からのブラインドテイスティングとして出題されたモノでした。
自信満々に回答しましたが、まさかのシーバスリーガル。いやーびっくりです、目からうろこでした。
その後1本抱えて飲むかと、オークションに張り付いていますが、結局殴りあいの末にそこそこの値段になってしまう。
やっぱりみんな分かってるんですね~。
せめてどこかで飲むかと思ってアラサイドの周年パーティーでしっかり復習させてもらいました。
ただ今回飲んだほうが軽い印象があったのですが、体調差か、あるいはロット差でしょうか。

シーバスリーガル25年の誕生は1909年・・・あれ、12年が1950年代に出たんじゃなかったでしたっけ。
そんな昔にあったんですね。シランカッタw
シングルモルトフリークはまずスルーするボトルだと思いますが、長期熟成のオフィシャルスペイサイドモルトが高騰している中、こういう選択肢もアリなように思います。
ボトルに込められたメッセージは「限りない贅沢」とのこと。
うーん、この無駄な装飾カットしていただいてかまいませんので、3000円くらい安くしていただけませんか(笑)。

 

ボウモア10年 テンペストV(バッチ5)

カテゴリ:
ボトラーズの存在意義を脅かすオフィシャルの尖ったリリースはいくつかありますが、その中の筆頭とも言えるのがボウモア・テンペスト。
特に1st、2ndは完成度が高く、ボトラーズの値段が上がってしまった昨今では在庫が取り合いになる始末。
一方で3rd、4thは目に見えて樽感、酒質が軽くなり、悪くは無いんですが「あぁ、そろそろテンペストも終わりかなー。」なんて思っていました。
が、しかし今回のバッチ5は明るい将来が見える、可能性を感じるボトルに仕上がってます。

BOWMORE
AGED 10 YEARS
-TEMPEST-
"FISRST FILL BOURBON"
55.9% 700ml

暫定評価:★★★★★★(6)

"熟したグレープフルーツ、オーク香由来のバニラや蜂蜜の甘さ、微かなハーブと奥に海を連想する塩素の香味。スモーキーで適度な厚みがあり嫌味な要素も少ない。
味は香り同様のフレーバー構成。ドライパイナップル、グレープフルーツのフルーティーさ、裏にはヨード、ザラメの甘さ、エッジは鋭い。
フィニッシュはコクのある甘さと土のようなピート香を感じる長い余韻。"

ぐだぐだ書きましたけど、近年系ボウモア味です(笑)。それ以上でも以下でもなく。
ただ前作であるバッチ4を明確に上回る品質で、値段もお手ごろという素晴らしいボトルです。
まさに上述の通りボトラーズのボウモアの存在を脅かしています。

ボウモアテンペストの各バッチに関する違いは、なんといってもフレーバーの厚み、コクにあります。
5段階評価でその点を評価するなら、

1st:5
2nd:5
3rd:3
4th:2
5th:3.5

バッチ5は全盛期には及びませんが、3rdチョイ上くらいの要素は備えているように感じます。
10年のカスクですので蒸留時期はちょうど2004年頃、個人的に1999がグットビンテージだと思っているので(これは1stと2ndの時期にもリンク)、それに続くビンテージとして期待しておこうと思います。

しかしバッチ5がこのクオリティですから…ウイスキーSHOP W.のボウモア15年。
また売れ残ってしまいますねw
あれもまた良い出来なんですけど。

このページのトップヘ

見出し画像
×