サンディマック (サンディマクドナルド) 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
sandy-mac-1980
SANDY MACDONALD
SPECIAL BLENDED WHISKY
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:モルティーで香ばしい香り立ち。キャラメリゼやポン菓子、微かに醤油飴を思わせる甘みも伴う。

味:ピリピリとした口当たりから、カルメ焼き、カステラ、ローストした麦芽、甘くほろ苦い風味が広がる。
余韻はビターでドライ、張り付くように長いくつづく。

どこか懐かしい感じの味わいがする、内陸系中心のブレンデッド。あまり多彩な香味はないが、加水するとマイルドな飲み口。麦感と香ばしい穀物感がより強く広がる。

IMG_8959

見た目はオールドパーに似ているが、ちょっと安っぽく見えるデザイン。その外観の通りブランドの位置づけとしては、当時オールドパーの姉妹品にして廉価版という位置づけだったサンディマック。
かつては独立したブランドであったようですが、今から1世紀以上前、オールドパー関連のブレンドを作っていたマクドナルド社に吸収され、その後DCL(現ディアジオ)傘下となり、1990年代以降いつしか終売となっていた銘柄です。

マクドナルド社における1980年代の各ブランド位置づけとしては、クレイモア≦サンディーマック<オールドパー<プレジデントという関係図だった模様。ただし、原酒構成というか好みの問題か、オールドパーはプレジデントより味が良いとも感じられることもしばしば。
一方、クレイモア以外は、それぞれキャップ臭の可能性が高いことでも知られており、中々状態の良いものをテイスティングする機会が無いため、比較が難しいブランドでもあります。

claymore
(同店舗にて、クレイモア1970年代後期流通品。時代が違うため一概には比較できないが、やはりハイランド系の原酒をベースに香ばしさを感じることが出来る。)

その構成は、廉価版という位置づけもあってか、モルティーではあるのですがオールドパーほど熟成した原酒を使っている印象はなく。香ばしさと若干の荒さの残るモルティーさが主体で、あまりピーティーではない香味から、グレーンと内陸系の原酒主体と感じます。
同社のブレンドのキーモルトはグレンダランとクラガンモア。香ばしさは当時のグレンダランに通じる部分があるものの・・・それ以外のDCL系列の原酒も結構融通されているんでしょうね。

今回のボトルは、先日開店したお酒の美術館・神田店にて、その開店日に抜栓したものです。
「状態が悪かったボトルはどう扱うか」という点を聞くためにも注文した銘柄だったのですが、これが予想に反して状態バッチリという幸先の良さ(笑)。予想外に、久々にオフフレーバーを補正しないオールドパー系列を飲ませてもらいました。

グレンファークラス 21年 カスクストレングス バッチNo,1 53.5%

カテゴリ:
GLEN FARCLAS
CASK STRENGTH
Aged 21 years
Batch No,1
700ml 53.5%

グラス:国際規格テイスティング
場所:J's BAR Ikebukuro
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:オレンジジャムを思わせる甘みと、やや青みがかったフルーティーさを伴うアロマ。瓜、杏、ほのかにリンゴの蜜を思わせるニュアンスも混じってくる。ドライなウッディさも伴う。

味:スウィートでとろりとした口当たり。合わせてホグスヘッド系のオーキーな華やかさ、バニラ、林檎のカラメル煮、グリーンレーズン。奥には淡くケミカル系トロピカル要素もある。
余韻はほろ苦くウッディ、果実味は控えめで少し粉っぽさを感じる舌あたりに、ほのかなピーティーさを伴ってあっさりとしている。

ファークラスのハウススタイルからすると違和感を伴う仕上がりだが、逆に言えば樽次第で様々な原酒を作り上げてきたファークラスマジックとも言える。
加水するとリンゴの蜜っぽさがより強く感じられ、マイルドな口当たりに。


先日記事にした12年と同じく、日本向けにリリースされた21年のカスクストレングス。
価格は約16kと安いというわけではないものの、この手のウイスキーとしてべらぼうに高いと言うほどでもなく、このスペックでなら普通にアリと感じる良心的な設定。ターゲットをどこに置いているかが伝わってくるようで嬉しいですね。
(度々比較される関係にあるマッカランで21年のカスクなんて出たら、完成度の差はさておき果たして幾らになるやらw)

12年と比較すると、21年はリフィル系のカスク比率が高いようです。
こってりとしたファーストフィルシェリー樽由来の甘みというより、アメリカンホワイトオーク由来のフルーティーさ、リフィル・スパニッシュオークに見られる出涸らしのお茶のようなニュアンスも混じる。
2枚目の写真、ちょっとわかりにくいですが、12年より21年の方が色合いも薄く、そこからも構成比率を伺うことができます。

そのため、シェリー感の強さだけで言えば12年の方が強く感じるものの、熟成感、口当たりの角の取れ具合は当然21年に軍配。ただちょっと余韻に弱さというか、軽さが見られる特徴も感じられるため、おそらく40%台後半くらいまで度数が落ちたホグスヘットに55%くらいの比較的元気がいい原酒を混ぜて、バランスをとったのではないでしょうか。

先日、ブラインドテイスティングに関する記事を書いた際にまとめた図の一つに、樽のファーストフィルとセカンドフィル以降の影響の違いについて例示した図がありましたが。その図を流用すると12年と21年の違いはこんな感じですね。(12年はここまで濃くないので、実際はもう少しカーブが緩やかなイメージですが。)
何れにせよ、2本を飲み比べることによって見えてくる違いも面白い。ミリオン商事さんGood jobですね!


以下余談。
このボトルのオフィシャルテイスティングコメントは、現地スタッフではなくBAR LIVETのマスター、静谷さんが書かれています。
現地の方とでは感覚が違うケースもあるのがテイスティングですが、今回は言い訳無用に日本人です(笑)。若干ポエム要素も交えた表現の中ではありますが、より共通するニュアンス、感覚を感じることが出来るのではないかと。その比較も楽しみ方の一つとして、飲んでみると面白いと思います。

ギルビー ロンドン ドライ ジン 1960年代流通 90Proof

カテゴリ:

GILBEY'S
LONDON DRY GIN
1960-1970's
1Quart 90Proof

シトラスを思わせる柑橘感と、タイムやコリアンダーなど針葉樹系の植物を思わせる、ハーブの爽やかなアロマが溶け込んでいる。ただし前面にはスーパー銭湯の脱衣所に置いてある安価なヘアトニックのようなニュアンスがあり、独特な香り立ちを構成している。
口当たりはオールドジンらしくとろりと柔らかく、柑橘の皮や穀物系のほろ苦さに加え、淡いソーピーさ。余韻は程よくドライ。
このソーピーさは、ソーダで割るとより主張してくる。ジントニックではあまり気にならなくなるが・・・香りで感じたヘアトニック感は健在で、まさに好みが分かれる個性的なジン。

(ボトルのオモテ面はフロスト加工がされているが、裏はクリア。ラベルには裏面にも印刷されている、現行品にはないちょっと凝ったデザイン。)

先日紹介したゴードンドライジンの比較用に、同時期流通のジンで購入したもの。
現行品はライトな香味で混ぜやすいというか、良く言えば癖が少なく、厳しく言えば香味が薄くただドライ。居酒屋チェーンなどでは使いやすいのかな?という、大量生産品の代表格であるようなジンですが、そうは言っても有名どころのオールドなら間違いないっしょ!
。。。そう考えていた時期が私にもありました。

ギルビーの誕生は1800年代とか、そういう話はメーカーサイトを参照頂くとして、今回のメインはその味わいです。
いや、衝撃でしたね。香りが"ヘアトニックそのもの"のようであるのも、製品の個性というには強烈で好みが分かれる部分ですが、よもやジンからソーピーなパフューム香が出るとは思いませんでした。
「今も昔も変わらないレシピ」ってのはメーカーの決まり文句ですが、いやいや流石にこれは味が違いすぎです(笑)。

ボタニカル由来なのか、ベースに使うスピリッツ由来なのか、あるいは経年変化によるものなのか。
経年変化というには香味に篭った感じはなく、何よりも鹸化反応に繋がる要素は連続式蒸留じゃ残りづらいだろうということで、おそらくは製造過程の何かが原因なのではと思います。
思えばバーボンも一時期のオールドグランダットでそう言うのがありましたし、連続式には連続式で、単式とは異なる地雷要素があるのかもしれません。
(このボトルは絶対飲みきれないので、興味を持たれていたウイスキー仲間のバーマンに寄贈しました。)


ちなみに、近年のギルビージンは製造場所がロンドンからフィリピン、そして韓国に変わったことで、味が落ちたとする評価を見聞きします。
確かに、味が変わったのは事実なのだと思います。ただ、日本酒やワインのような、気候の影響をダイレクトに受ける醸造酒なら兎も角、熟成させない蒸留酒で産地の影響は微々たるもの。つまり、逆に言えばロンドン(あるいはイギリス)だから必ずしも美味い訳じゃないと思うんですよね。

実際は近年のリキュールやスピリッツ類に多く見られる、混ぜやすいように香味のライト化とドライ化が、ギルビーは工場の移行と合わせて一気の進んだ結果なのではないかなと。
擁護する訳でも、否定する訳でもないですが、日本でもさまざまに美味しいジンが生まれている中で、ロンドン神話的なモノが気になったので補足してみました。

このページのトップヘ

見出し画像
×