【BAR訪問記】BAR Kitchen (キッチン) @福岡 天神

カテゴリ:
BARにとって、バックバーは店の象徴です。店主の趣向、考え方、あるいは心構えなど、その店の個性を雄弁に語りかけてきます。

お店によっては、バックバーを極力簡素にし、棚の中に全て仕舞ってしまうというところもあります。
これはこれで店主とのコミュニケーションから、ブラインド的に何が出てくるのかワクワクする時間を味わえるのですが。個人的には、お店に入った瞬間これでもかといわんばかりの圧倒的な物量で、見る人の心を虜にする完全開放型のバックバーが好み。
今回紹介するBAR キッチンは、そうしたバックバーに総本数1500本以上という全国でも有数の物量を誇るオーセンティックBAR。福岡県の歓楽街、中洲に程近い天神に店を構える、"南の聖地"の一つです。

IMG_4127
IMG_4163
【BAR Kitchen】
住所:〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神107
最寄り:天神駅から徒歩7分程度
TEL:092-791-5189
営業時間:16:00~3:00くらい
定休日:ほとんど無休
WEB(blog)
https://ameblo.jp/bar-kitchen/
※臨時定休日、イベントなどの情報はWEBをご覧ください。

百聞は一見にしかず、ご覧いただきましょう・・・と思ったら、バックバーがフレームに収まりきらない(汗)。 2枚目の写真は反対側の壁際ギリギリまで下がって撮影した1枚ですが、全14区画の区切りのうち、その半分しか入らないのです。
店内はテーブル席もある清潔感と開放感ある空間。カウンターは一般的なBARに比べて少しバックバーから距離があり、このボトル達を眺めるような感覚。ラインナップとしては、スコッチモルト、ジャパニーズ、バーボンなどのウイスキーを中心に、その他スピリッツ類新旧各種取り揃えたバックバー。セラーにはワイン、シェリーまで。そのスケールは一見の価値ありと言えます。

この巨大戦力を文字通り"バック"に、店を1人で切り盛りするのがマスターの岡さん。お酒全般に関する豊富な知識に加え、笑顔と九州人らしいホスピタリティに溢れるナイスガイです。
ウイスキーに関しては、ウイスキー文化研究所福岡支部も兼任されており、自身でセミナーを開催する以外に日本国内の各種ウイスキーイベントにも積極的に出没。ブース出展している事も多いため、お店に行った事は無くても会ったことがあるという愛好家は少なくないのではないでしょうか。

かく言う私も、facebookやイベントなどで繋がりはあるも、お店に伺えていないその1人でした(汗)。

「ご無沙汰しております、やっと来店出来ました。」
「いえいえ、お待ちしておりました。」
挨拶もそこそこに取り出されてくるボトル達。相手は上述の通り「戦いは数だよ!」を体現したような一団の指揮官です。(しかも現在進行形で増殖中です。)
この手のお店では流れに身を任せ、あの辺は?こういうのは?とざっくりとしたお願いをしつつ、そのチョイスを楽しんでいきます。

オープニングはまず緩くいきましょうか、と、懐かしいボトルになりつつあるマーレイマクデビットのクライゲラヒ1970、シグナトリー旧ボトルはハイランドパーク、カリラ、共に1976年蒸留。
近年の短〜中熟にはない、長期熟成ならではの華やかさ、舌触りが沁みますね。

折角ですからご当地ボトルなんてどうでしょう、と取り出される各種プライベートリリース達。
気になるところを幾つかチョイスしつつ、ウイスキー話、福岡トークに花を咲かせます。
中でも、モルトオデッセイ福岡のボウモア2001は、近年の紙っぽいニュアンスにグレープフルーツなどのフルーティーさがパッと広がる、この時期らしいキャラクターのある安心して飲める1本です。

続いて話題はバーボンへ。
ウチでは需要あまりないんで、バーボンロックの注文入ったら、この辺でガンガン作っちゃうんですよね〜と、90年代のスタンダードバーボンをいくつか取り出しつつ。中にはオールドヘブンヒル21年やヘンリーマッケンナ、旧ボトルエズラなどレアものも。
特にヘンリーマッケンナの60年代流通と思しき1本は、BAR飲みして惚れて買い求めた逸品なのだとか。

これまであまり意識して飲んでませんでしたが、この頃流通のバーボンって、ハイプルーフはもちろん、加水も緩くメローで美味しいんですよね。
高度数が続いた後の箸休めにぴったりです。
だいぶエンジンも温まりました。そろそろ本命にいきましょう。
BAR キッチンさんに来て、イチローズモルトを飲まないわけにはいきません。同店が聖地と呼ばれる由来の一つはここにあります。(写真のキングオブハーツのコメントは、別記事にて掲載済みですので割愛。)

先日の記事でも少し触れていますが、BARキッチンは"カードシリーズ全種一斉テイスティング会"という狂気の試みを行なった、世界でも唯一のBARです。
一部ボトルは既に空になっているものの、バックバー最上段に並ぶその姿はまさに壮観。その他のイチローズモルトシリーズの品揃えも豊富で、自身で樽買いしたオリジナルボトルもあります。この環境、飲まないわけにはいきませんね。

そうした情報からか、海外から訪れる愛好者も多いと聞きます。
この日も台湾から仕事で来られたという愛好者2名が、滞在期間の3日間連続でジャパニーズウイスキーを中心に舌鼓を打っていました。

さて、長くなりましたが、イチローズモルト繋がりで時事的な話を一つ。
毎年この時期、ウイスキートーク福岡が博多で開催されます。今年は6月17日に前日イベントとして津貫蒸留所の見学会、18日に本イベントが予定されています。

ウイスキートークでは限定ボトルの一つに「月と失われゆく動物」として、イベント実行委員会が選定したイチローズモルト(羽生または秩父)がボトリングされており、今年は通算7作目がリリース予定。
BARキッチンにはファーストリリースの"日本オオカミ"のみ在庫がありませんが、その他は写真の通りです。
ラベルを並べてみると、絶滅が危惧される動物のシルエットと合わせ、月が徐々に欠けていくのが特徴。今年のリリースはついに新月、そこに描かれる動物が何かは、イベントページでご確認ください(それともキッチンで当日開いてるかな・・・?)。

同イベント期間中も、BARキッチンは15時から営業中。しかもお手伝いさんを増強し、全国から参加される愛好者を受け入れる準備は万全の模様。
博多に宿泊される方は、イベント限定ボトルも合わせて楽しまれてはいかがでしょう。

今回の記事、読み直してみるとBARとしての規模に話が偏ってしまった感があります。
大は小を兼ねる。ボトルの数は多いに越したことはありませんが、やはり一番はマスターのキャラクター、人間性だと思います。
自分のように、博多に行ったら絶対行こう!という心になるのは、岡さんのウイスキー愛とそのキャラクターに惹かれたからに他なりません。
今回の訪問、非常に良い夜を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

ニッカ カフェウォッカ 40% サンプルレビュー 6月27日発売

カテゴリ:
IMG_3926
NIKKA WHISKY
COFFEY VODKA
180ml 40%

(常温)
淡いアルコール感、穀物香と柔らかい酸味も混じる。クリアな中に穏やかな原料由来の香味が残っている。
柔らかいコクのある口当たりから、微かに穀物のほろ苦さと乳酸のようなニュアンスを伴う甘み、ジンジンとした刺激も混じる。余韻はほろ苦く淡い酸味を伴いすっきりとしている。

(冷凍)
香り立ちはクリアで澄んでおり、清涼感を感じる。ほんの微かに乳酸、パイナップルのような爽やかなアロマが混じる。
飲むと柔らかいコクを感じる口当たり、クリアな味わい。品の良い穀物風味と果実にも通じるまろやかな酸味がアクセントに。余韻はほろ苦く、嫌なところが少なくすっきりとしている。

下手なウイスキーよりも面白い、驚きのウォッカ。
常温ではカフェスチル由来の柔らかいコク、香味の残った味わいがわかりやすく、冷凍すると清涼感すら感じる香り立ち。
総合的に見ると冷やして飲んだほうが"らしさ"をより楽しめるか。夏場は冷凍庫へ。

カフェウォッカ

昨日紹介したカフェジンとあわせ、アサヒビールが6月27日に発売する、もう一つのカフェシリーズ。カフェスチルを用いて作るピュアなホワイトスピリッツ、カフェウォッカです。

※6月27日発売、カフェジンのサンプルレビューはこちら

「ニッカのカフェスチルは旧式で、アルコール精製度が低い分、香味成分が残った豊かな味わいのグレーンを作り出せる。」
ウイスキーを嗜む人ならば、一度は聞いたことがあるであろうニッカの売り文句の一つです。
確かにカフェグレーンは他社のそれよりも甘みが強く、しっかりとした穀物由来のフレーバーが感じられるのですが、それは蒸留機由来の香味なのか、あるいは使われる原料の比率や種類、樽、熟成環境・・・などの諸要素からくるものなのか。多くの要素が重なっている熟成原酒ゆえに、どこまでがそれか確証が持てずにいました。

そしてその疑問は、このカフェウォッカを飲んで氷解するのです。
製造方法はカフェスチルで蒸留した、大麦とトウモロコシを原料とするスピリッツをブレンド、加水の後、白樺炭で濾過。いたってシンプルなものですが、クリアな味わいを出しつつ香味成分は残したい、白樺炭濾過は強度を極力少なくする代わりに、スピリッツの質にこだわっているそうです。
その結果、透明感のあるウォッカらしい香味に加え、ウォッカらしからぬ柔らかいコクのある口当たり、原料由来の優しい香味が残る味わいへと繋がっているのだと感じます。

自分はもっぱらブラウンスピリッツ派で、ジン以上に、ウォッカはカクテルベース。ストレートで飲むことはまずありません。
「とろっとろに冷やせば美味しいよ!」という意見も少なからず聞くのですが、独特とも言える無臭のアルコール感は慣れる事が出来ず、この感覚は理解できないなと、いくつかのウォッカを飲んで感じていました。
正直今回のカフェシリーズのリリース情報を聞いても、ジンはまだ楽しみな部分があった一方、ウォッカは「ブラックニッカクリアのカラメル色素抜きでしょ」なんて思っていたのです。

それだけに、最初の一口の衝撃は大きかったですね。その後1日冷凍庫に入れ、その清涼感あるアロマに2度驚かされました。
ウォッカらしいアルコール感が完全にない訳ではありませんし、麦を含む穀物由来の香味や、コクのあるボディがウイスキー党の自分にとって馴染みやすかったというのもあると思います。
しかしながら、そうした構成から下手なウイスキーよりも楽しめると感じたのはテイスティングの通りです。
このカフェウォッカ、素性が良いだけに様々な飲み方で使えそうです。
夏場、キンキンに冷やしたものをストレートであおるのも良いですが、ゆるく飲むならロックがこのウォッカのいい部分を長く楽しむ事が出来たと感じます。

カクテルもいくつか試したところ、キリッとドライに仕上げたい場合はさておき、コクのある味わいが土台となってカクテルを構成するフレーバーを包み込む、このボディ感は強みになると感じます。
オーソドックスなウォッカトニックは、ベースとなるカフェウォッカに甘みがあるので、ドライなタイプのトニックウォーターを使うか、あるいはソニックにしても面白い。レモンは控えめで、すっきりとして柔らかい甘みと爽快感を楽しめます。

この夏のお供候補生にして、ウイスキー好きにこそ飲んでもらいたいウォッカ。価格はカフェジンと同じ4000円少々。ウォッカとしてはプレミアムグレードですが、ウイスキーとしてならエントリーグレードで常識的な範囲・・・。
それこそ、黒塗りグラスでブラインドテイスティングなんてやったら、面白いと思いますよ。

ニッカ カフェジン 47% サンプルレビュー 6月27日発売

カテゴリ:
ニッカカフェジン
NIKKA WHISKY
COFFY GIN
180ml 47%

(常温)
柔らかくフルーティーな酸味、林檎、オレンジ、微かに柚子も思わせる爽やかさ。徐々に山椒のスパイシーさ、ベクトルの違う香りが開いてくる。
香り同様柔らかくコクのある口当たり。そこから柑橘、オレンジピールを思わせるほろ苦さ、山椒の爽やかな香気が鼻腔に抜け、スパイシーな刺激がジンジンと染み込むように長く続く。

(冷凍)
ややドライ、クリーンで高い香り立ち。シトラス、柑橘系の爽やかさ主体。微かに山椒とジュニパーのアロマ。 
口に含むと香り立ち同様にドライ、柑橘系の爽やかさから山椒の香気が鼻腔に抜けていく。余韻は常温同様にスパイシーでほろ苦い。

しっかりとした飲み応えと柑橘や山椒の爽やかな香味が特徴のジン。常温か、冷凍か、オススメの飲み方は少々悩ましい。
カフェスチル由来のコク、果実由来の柔らかい酸味は常温のほうがわかりやすいが、このレシピのキモとも言えると山椒のスパイシーで爽やかな香気は、冷やしたほうがダイレクトに鼻に抜けていく印象。とりあえずまずは常温で一口、その上で様々なレシピも検討したい。

アサヒビール、並びにニッカウイスキーが、世界的に広がりを見せつつあるプレミアムジン市場に投入する意欲作。ニッカのウリの一つとも言える、カフェスチルで作る"カフェジン"です。
先月、同カフェシリーズのジンとウォッカのサンプルを入手し、早々に雑感をご紹介したところですが、発売日となる6/27も近づいたところで個別に記事にしていきます。

※6月27日発売、カフェウォッカのサンプルレビューはこちら。

ウイスキーブームにより市場が拡大し、ハイボールなどの文化が定着したことで瞬間最大風速ではなくウイスキーが日本で日常的に飲まれる酒類として定着しつつある昨今。ブラックニッカの限定品でウイスキー入門層にこのジャンルの楽しさをPRするアサヒビールの次なるチャレンジは、ブラウンスピリッツではなく、ホワイトスピリッツ、ジンとウォッカでした。
この発表はウイスキー愛好家に少なからず驚きを与えたところですが、時同じく、サントリーもプレミアムブランドとなるROKUと共にジン市場への参入を発表。
その他、マルスウイスキーや京都蒸留所などクラフトディスティラリーが以前からクラフトジンを展開しており、今年の夏はジン市場における、爽やかでありながらアツい各社の戦いが見られそうです。

今回発売日されるカフェジンは、カフェスチルで作るとうもろこし、大麦を主原料とするグレーンスピリッツに、
①山椒。
②ゆずなどの和柑橘、りんご。
③ジュニパーベリーなど。
のボタニカルの元となる原料をそれぞれ漬け込み、再蒸留しブレンドしたものです。
先日開催された東京バーショーで聞いたところ、この「山椒」についてはかなり拘って、産地から厳選したとのこと。また、その一部にりんごをチョイスしてるところが、ニッカらしいですね。

個人的に、タンカレーに代表されるようなジンの香りは好みなのですが、アルコール感あるドライな口当たりや、ジュニパーがきいてギスギスするようなタイプが多く苦手。カクテルはともかく、ストレートを好んで飲むことは基本ありません。
しかしこのカフェジンは、意外と飲めるのです。
こだわったという山椒の香味は、スパイシーで爽やか。好みを分けるかもしれませんが、果実の柔らかい酸味とほろ苦さ、カフェスチル由来と思しきグレーンスピリッツのコクがそれを包み込んで、アクセントの一つとして楽しませてくれるのです。

それこそ山椒のニュアンスはパンチ、アイラモルトのピート香のように、和の個性の一つという位置付けなのだと推察。もっとフルーティーで柔らかく飲みやすいジンを作ろうと思えば作れたのだと思いますが、カクテルのベースとして使うに当たって、あるいは海外に売り出していく中で、それでは面白くないという方針なのかもしれません。
(林檎ベースのカフェジンとか、飲んでみたくはありますが。。。)
というわけで、ストレートやロックでのテイスティング以外に、ジンソーダ、ジントニックと基本的なカクテルレシピから試してみます。
今回の販促サンプルは、試飲以外にカクテルも試せるようにと、180ml仕様なのです。有難いですね。

まず、ジンソーダは大人の味、かなりドライでシトラスと山椒の香るさっぱり感の強い味わいに仕上がる一方。ジントニックはスピリッツそのものの柔らかさがトニックウォーターの甘みと混ざり、染み渡るような味わい。
ライムの皮のほろ苦さ以外に、微かに残る山椒の香気。いやーこれはゴクゴク系です。
トニックウォーターはフィーバーツリーと、広く流通している万能型のシュウェップネスで試しましたが、どちらも問題なく馴染んでくれます。
強いて言えば甘口が好みな人はシュウェップネスのほうがオススメですが、ジンの香味をより活かせたのはフィーバーツリーだったかな、という印象です。


この新商品、アサヒビールとしては一般市場もさることながら、国内外のBARに広く売り込んで、プロのカクテルから愛好者に良さが広まって欲しいと考えているそうです。
確かにウイスキーならともかく、4000円を超えるプレミアムグレードの価格帯にあるカフェジンが、一般にホイホイ売れるとは考えられません。
1000円台のボンベイ、ギルビー、2000円台から展開されるタンカレーシリーズ、スタンダードブランドには実力も伝統もあるライバル多数であるところ、他メーカーのクラフトジンもあります。

正直、ジンについてはさわり程度しか知識もないので、多くは語れませんが、これまで経験してきた中で、ジンと言えばドライで飲み口の硬いものが多い一方、その逆に位置付けられるカフェジンがどのようなカクテルに使われ、受け入れられていくかは興味深く、まさにチャレンジです。
今回は自前でカクテルを作りましたが、発売後のプロのレシピ、プロの味も楽しみにしています。

このページのトップヘ

見出し画像
×