イチローズモルト 秩父 6年 2011-2017 マディラカスク 61.3% 信濃屋 GAME

カテゴリ:
IMG_5332
ICHIRO'S MALT
"THE CAME"
Distilled at CHICHIBU
Distilled 2011
Bottled 2017
Cask type Madera hogshead #1370
700ml 61.3%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@ナデューラ
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:濃厚で露骨なベリー感漂う香り立ち。黒蜜、柘榴、ドライクランベリー。湿ったウッディネス、微かに薬草リキュールのような甘みとハーブ香。

味:粘性があり濃厚な当たり。レーズン、イチジクの甘露煮、香りで感じたよりも薬草感が強く広がる。飲み口でアルコール感は度数ほど強くないが、余韻にかけて口内を刺激する。
余韻はパワフルでドライ、ポートのような甘みとウッディなほろ苦さが長く続く。

「露骨」という表現がしっくりくるような果実香。個人的にはネガティブな意味ではないが、薬草のようなニュアンスと合わせて好みを分けるかもしれない。
特筆すべきは、それに長期熟成シェリー樽由来のベリー系の香味に共通する要素が備わっている点。荒削りな部分もあり完璧ではないが、カスク選定に関わった方々の狙いが伝わってくるようでもある。加水せず、ストレートで楽しみたい。


信濃屋がプライベートボトルリリース10周年を記念して、昨年末から展開しているアニバーサリーラインナップの第5弾。今回は同社のオリジナルラインナップGAMEから、マディラワインカスクで熟成させた秩父。
兼ねてから信濃屋はGAMEシリーズとしてイチローズモルト(羽生)のリリースを行ってきたところ。今回のボトルはその繋がりを活かした、スペシャルな1樽をチョイスしてきたと思います。

というのも、このボトルの最大のポイントはテイスティングでも触れた、シェリー樽熟成ウイスキーのごく一部に備わる果実香。2010年ごろからウイスキーを飲まれていた方は、グレンドロナックやグレンファークラスなどで熟して艶がかったベリーのような香味を「ランシオ」として話題になったのは記憶されているかと思いますが、今回のボトルはそれに通じるニュアンスが備わっているのです。

勿論、短熟ゆえに随所に荒さはあるものの、もし自分がカスク選定をして秩父でこのサンプルに当たったなら、声をあげて驚いていたでしょう。
熟成に使われた樽でマディラワインといえば、先日グレンモーレンジから同カスクフィニッシュのバカルタがリリースされましたが、その香味と今回のボトルは別物です。
マディラワインカスクは最後に白葡萄か黒葡萄か、どちらのワインを入れたかで香味が変わるとのこと。これは黒の方だったのか、ワイン側の熟成期間違いか。。。実に興味深い要素です。


自分の好みを言えば、秩父のバーボン樽など短熟のボトルの多くには、口当たりはパッと華やかなのですが、余韻に若さゆえのえぐみ、未熟感に通じる感覚があり、飲み続けるうちにそれらが蓄積していくのが苦手な要素だったりします。
作り手側は創業時から様々な工夫をされていて、当時からだいぶ作り方も変わったそうですが、10年未満はまだ短熟、熟成しきれてない要素はどうしても残るものです。

他方、全てのボトルがそうではなく、ピーテッド2016、免税向けIPA、WWAでアワードを受賞した秩父ウイスキー祭り2017などは、同様の要素があまり感じられず。今回のマディラカスクもまた濃厚な飲み口から、ともすれば重く飲み進めづらい部分もあるところ、酒質と高い度数が良い方向に作用し、余韻でもバランスが取れている印象を受けました。
正直、驚かされた1本です。香り的には★7でも良かったかな。。。と言うくらいの衝撃。今後の秩父のリリースが楽しみになりました。


余談:本ボトルをテイスティングした池袋のナデューラさんは、本日、10月4日の営業で3周年を迎えます。
当ブログを始めて少しした頃、開店して1周年を迎えたばかりの同店に立ち寄ってからもう2年ですか。月並みですが、光陰矢のごとしですね。
時間と共に全ての姿が変わっていく中で、良いBARが変わらずそこにあるのは自分が帰る場所があるようでほっとします。
これからもウイスキー愛好家の学び舎として、家に帰る前の止まり木として、細く長くお店を続けていってもらえればと思います。 

【BAR訪問記】BAR Nadurra

オールドプルトニー 28年 1977-2005 ダンカンテイラー 57.7%

カテゴリ:
OLD PULTENEY
DUNCANTAYLOR
Aged 28 years
Distilled 1977
Bottled 2005
700ml 57.5%

グラス:木村硝子エールホワイトワイン
量:ハーフショット
時期:不明
場所:BAR飲み@Kitchen
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかい刺激を伴うスパイシーさ、バニラの甘みと洋梨、青リンゴを思わせる果実香、徐々にウッディ。華やかで充実している。

味:粘性のあるこなれた口当たり、麦芽風味とオーキーな華やかさ。バニラや洋梨を思わせる香り同様な果実味。ボディは適度な厚みがあり、余韻にかけてスパイシー、華やかでドライなフィニッシュ。

麦芽風味とプルトニーらしい少し溶剤を思わせるニュアンスがオーキーな樽感とうまく混じり合っている。
ダンカンテイラー系にありがちな、過剰なフルーティーさではない構成もポイント。


既に絶滅危惧種となって久しい、プルトニーの長期熟成シングルカスク。一時期はGMなどから1960年代がちらほらリリースがされていたものの、それも加水中心。こうした50%以上の度数を保ち、かつバーボンホグスヘッドタイプで樽由来のフルーティーさと酒質由来の香味のバランスが取れた構成は、2010年頃でも既に希少なリリースとなっていました。

オールドプルトニー蒸留所はスコットランド本土最北端地域にあり、年間を通した気温の低さからか、10〜20年程度の熟成ではまだまだ元気いっぱい、それほど樽感もつかないフレッシュで、溶剤っぽさの混じる味わいが特徴であるところ。
しかしボディはそれほど強くないのか、加水すると急におとなしくなり、また30年以上熟成した原酒ともなれば、長期熟成のスペイサイドモルトのごとく華やかで軽い味わいになっているボトルも珍しくないと感じています。

そのため、オールドプルトニーの20年以上熟成した原酒においては、酒質と樽感のバランスが難しく。適度な厚みやプルトニーらしい癖を残しつつ、樽由来のフルーティーさが感じられるような、ピークのボトルがかねてより数が少なかったわけです。
自分の中でその筆頭とも言えるボトルが、同じダンカンテイラーから樽を買い付けた、小倉のBAR STAG 10周年記念ボトルであるオールドプルトニー1977。これは文句のつけようがない美味いプルトニーで、今回のボトルも通じるところがあり、懐かしい気持ちで楽しむことが出来ました。


ちなみに、以上のようなキャラクターから、オフィシャルの12年や17年あたりを飲んで好印象を持った方が、その後同年熟成のシングルカスクを飲むと、あまりに違うキャラクターに驚くかもしれません。
初めて飲んだ時、自分も面食らった一人であるわけですが、しかしそのバチバチとフレッシュな味わいが嫌ではなく、むしろ元気をもらうような気がしてすっかり気に入ってしまいました。

最近はボトラーズからの長期熟成リリース枯渇はもとより、オフィシャルでも以前から情報が出ていた17年や21年の終売がいよいよ動き出す模様。対して新規は免税向けのNA加水くらいしか通常リリースがないと、あまりポジティブな話を聞かないのですが・・・好きな蒸留所だけに、明るい話題が出てくることが待ち遠しいです。

余談:Bar Kitchen さんのバックバーから、ダンカンテイラーラインナップの一部。
プルトニーに限らずダンカンテイラーのこの辺りの長熟ボトルも随分見なくなりましたね。
ピアレス香だなんて言ったりしてましたが、無くなってみると当時のレベルの高さがよくわかります。

マクファイル 15年 ピュアモルト 1990年代流通 40%

カテゴリ:
IMG_5174
MACPHAIL'S
PURE MALT SCOTCH WHISKY
Years 15 old
1990's
Grodon & Macphail
750ml 40%

グラス:木村硝子エールホワイトワイン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@Kitchen
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ドライで濃厚な香り立ち。古酒感、黒砂糖を思わせる樽由来の甘みや、枝付きレーズンやドライイチジクの果実香にモルティーで華やかな熟成香も混じり充実している。

味:とろりとした口当たりからコクのある甘み、カラメル、ドライプルーン、キャラメルクッキーに軽い香ばしさを伴う麦芽風味。
余韻はドライでナッツ、キャラメルの甘みがやや張り付くように長く続く。

モルティーで華やか、あまりGMっぽくないナチュラルなオールドシェリー感が備わっており、酒質は麦芽系のしっかりとした香味。度数以上に飲みごたえも感じられる。おそらくマッカランではないかと思われるが。。。


GM社がリリースしているマクファイルシリーズ。最近は見なくなりましたが、一時期はこの角瓶で15年がリリースされていました。
今回のボトルはPURE MALT表記で750ml仕様ですから、カーデュー事件でスコッチ業界においてPure Malt表記が規制される前の1990年代のものと思われます。

2012〜3年頃までリリースされていたGMマクファイルシリーズに共通するのが、カラメルっぽいシェリー感というか、酒質由来の要素が塗りつぶされたそれ。蒸留所はマッカランと言うのがこのシリーズの世間的に知られる予想ですが、正直このカラメル系シェリー感で「よくわからん」と思ったのは自分だけではないはずです。
まあ他にもストラスアイラ、リンクウッド、モートラックなど様々なリリースが同様のシェリー感を纏っていたわけで、モノによってはGMとはわかるものの、蒸留所はこの辺のどれかとしか言えないものも少なくありませんでした。

今回のこの15年は、そうしたシェリー感は多少感じつつも、ナチュラルな樽感、モルティーな熟成感がしっかりあって、いつもなら「よくわからんが同じ味だしマッカランなんだろう」という消極的予想から、これは果たしてマッカランか?という能動的な思考がふつふつと沸いてくるのです。
ちなみに自分は「そう言ってもマッカランっぽさはあるな」と思いましたが、BAR Kitchenのマスターからは「リベットっぽいんだよなぁ」という予想も。
正解は果たしてどこに。少なくとも酒質とシェリー感のバランスが良く、飲んで美味いボトルであることは間違いありません。


ちなみにこの「GMシェリー」と自分が呼んでいる、一時期のGM社のボトルを中心に見られたカラメルソースのようなシェリー感ですが、近年急速それがGMの既存ブランドから消えてしまい、同社ラインナップは随分色が薄くなりました。 
この背景は明らかにされていませんが、自分はGMのリリース傾向と原酒の仕込み時期、現代のそれとは異なる塗りつぶされるようなシェリー感、現地で製造に関わった経験にある方の証言等から、1980年代後半に禁止されたというトリーテッドバット(パハレテ)の影響があるとみているのですが・・・これもまた真相は歴史の闇の中です。

このページのトップヘ

見出し画像
×