ボウモア・カスクストレングス 2010年頃流通

カテゴリ:

明日5月9日の世界不思議発見はウイスキー特集、スコットランド(アイラ)と余市だそうです。
そういえば去年、仕事の関係でふしぎ発見のロケに立ち会って、最終的にセットでポーズまで決めさせてもらったんだっけ。いやー懐かしい。

参照:世界ふしぎ発見 5月9日放送分
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_1.html

記事のほうは、ロケが行われたボウモアからオフィシャルボトルを1本。最近見なくなったなと思ったら終売だったボウモア・カスクストレングス。

BOWMORE
CASK STRENGTH
1.0Liter 56%
IMG_2085
評価:★★★★★(5)

"薬膳を思わせる甘くクセのある香り、かすかな火薬、ピート。アルコール感はトゲトゲしている。
口当たりはリッチで熟したグレープフルーツや魚介の出汁を思わせるボウモアフレーバー、奥から微かにパフューム。
フィニッシュはピーティーでスモーキー、やや単調な構成だがかつてのボウモアの面影もあるボトル。"

14年以上の熟成の原酒を使った、ボウモアのカスクストレングスエディション。
2010年ごろに買われたボトルと記憶していますが、微かなパフュームがあるあたり、14年以上の原酒も含まれていると考えられます。
このボトルは最近、日本市場からひっそりと消えましたが、あまり騒がれなかった感があるのはおそらくテンペストや各種ボトラーズなど、代わりとなる高評価なハイプルーフボトルがあったからでしょう。
シェリー樽熟成原酒のキャラクターもあり、決して悪いボトルじゃありませんが、パフューム好きな方から見れば力不足だし、そうでない方々から見れば旧世代の原酒を引きずるボトルとも見れ・・・やや中途半端ではありましたね。

明日の世界不思議発見では、島内観光だけでなくボウモア蒸留所で蒸留行程の特集もあるようです。
ピート採掘、フロアモルティング、海に面した熟成庫・・・ウイスキーフリークなら知ってるネタばかりですが、どんなクイズが出るんでしょうか。


「それでは、ここで、クエッション!」
「ボウモアで1970年代から1990年代初頭まで特徴としてあったパフューム香。このラベンダーやレモン石鹸を思わせる香味はどうして得られたのか、お答えください」

世界不思議発見

「正解は、CMの後で!」

って、あるわけないですよねww

サントリーウイスキー 響30年

カテゴリ:
マッサンの影響で蒸留所見学希望者が増えて凄い事になってるとのこと。 確かにちょっと前に山崎に行ったときは、平日だというのに凄い人でした。
前まで平日昼間の蒸留所見学なんて閑古鳥だったのに・・・時代は変わりましたね。

自分は宮城峡、山崎蒸留所が親族の身近にあるので蒸留所は比較的身近な存在。ウイスキーを始めてから何度行ったことか。。。もはや蒸留行程見学より、有料試飲が目当てだったりするんですけどw
宮城峡は有料試飲コーナーが休止になってしまいましたが、山崎蒸留所では響構成原酒でブレンド作って遊ぶことと、響30年のテイスティングが必須項目になっています。

HIBIKI
30 years old
43% 700ml

評価:★★★★★★★★★(9)

"スムーズだが厚みのある豊かな香り立ち。木材と杏やオレンジジャムの果実香、バニラ、微かに土っぽさも感じる。
口当たりは滑らかで、古びたウェアハウスを思わせるウッディーな木香、続いて粘性のある甘さとほろ苦さから、グレープフルーツやトロピカルな貴熟香を伴うモルティーな旨味がじんわりと広がってくる。奥にはスモーキーさも感じられ、余韻にかけて存在感を増す。"

時間と共に様々なフレーバーが前面に出てくる。幾重にも過ぎ去って行った四季の移り変わりの凝縮、まさに「時を飲む」という表現に相応しい1本です。
仮に予算は無関係だけど、生涯1銘柄しかウイスキーを飲めないという制約を掛けられるなら、選ぶウィスキーは響30年だと思います。

コスパ的には響21年に軍配、ちょっと前に話題になったビックカメラのサントリーブレンドも似た傾向にありますが、純粋な完成度は30年がはるかに上。
飲みやすいだけでなく、飲み手の力量に応じて多様な引き出しがある良い意味での複雑さは、ブレンデットウイスキーの完成形のひとつと呼んで差し支えない1本です。

年毎に使える原酒が異なるため、多少のロット差はあるものの、現行品のブレンデットでコレだけのものを安定して通常販売できるのは、サントリーの原酒保有量の多様さとブレンダーの高い力量の為せる技だと感じます。


グレンファークラス1968 オフィシャルボトル 2000年頃流通

カテゴリ:
2日から6日まで実家に帰っていたため、久しぶりにPCでブログの管理画面を開いたところ・・・ブログが4つ星にランクアップしていました。
星の数の集計方法はいまいちわかってませんでしたが、PVとか投稿数とか色々勘案して全ライブドアブログの中から格付けされてるみたいですね。
つまりこのウイスキーオタクなブログを、それだけ多くの方が見られているということで、皆様本当にありがとうございます。

さて、良いことがありましたし、良い酒を飲むとします。
赤みを帯びた美しい色合いと、周囲に広がる甘い香りが素晴らしい1本です。

GLEN FARCLAS
Distilled 1968
43% 700ml

評価:★★★★★★★(7)

"ドライで濃い甘さを伴う香り立ち。レーズンや熟したプラム、クリームシェリー、品の良いウッディネス。
口当たりはスムーズでカラメルの甘さ、チェリーのシロップ漬け、後半に続くタンニンを伴うウッディネスは巨峰の皮や煮出した紅茶を思わせる。
余韻は長く、特に鼻に抜ける甘い香りの持続力が好印象。程よくビターでタンニンが口の中にしみこんでいく。"

グレンファークラスがオフィシャルボトルとして2000年頃にリリースした1本。このほか1957、1974がリリースされています。(3種類の中では一番好みです。)
グレンファークラスで1968といえば、ストーンジャグやトールボトル、お約束のファミリーカスクなどの各種オフィシャルリリースをはじめ、最近一気に在庫が無くなった京晴のアーマーも1968でした。結構リリースの多いビンテージです。
アーマーは少々いじりすぎな感じ、ジャグはエスプレッソのように濃厚、それぞれキャラクターは色々ながら、このオフィシャル加水の1968はそれらの平均値としてバランスの良い味わいだと感じています。

当時としては中々良いお値段のボトルでしたが、めぐりめぐって我が家にたどり着きました。
自分でも飲んで、ウイスキー仲間とも飲んで、残りはわずか100mlほど。
ボディに衰えも見られはじめたので、残りは妻と家飲みで昇天させてしまおうと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×