トマーティン 39年 1976-2016 ケイデンヘッド 43.8%

カテゴリ:

TOMATIN
CADENHEAD
Age 39 years
Distilled 1976
Bottled 2016
Cask Type Bourbon Hogshead 
Bottle Number: One of only 162 bottles released 
700ml 43.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バニラやドライパイナップル、微かにハーブ、乾いたウッディさの華やかなオーク香。合わせてケミカルなニュアンス、果実香が穏やかに香り立つ。

味:ドライで華やかな口当たり。バニラ、ラスク、熟した洋梨、パイナップルキャンディ。ほのかにピリピリとした刺激も伴う。
序盤のフレーバーは大人しめで力強く広がる感じではないが、余韻にかけてはケミカルなトロピカルフルーツが広がり、ウッディなスパイスと共に長く続く。

美しい76トマーティン。この時期のトマーティン特有のケミカルなフルーティーさが過度に主張せず、序盤はホグスヘッドらしい華やかな樽感主体でドライ、余韻にかけて綺麗に広がる。


飲んでいた時期の関係もあり、1976トマーティンは数多く飲んできました、美味いボトルも、そこそこなボトルも沢山ありました。そのシングルカスクリリースの中で最も綺麗な仕上がりと感じたのが今回のトマーティンです。
先日レビューさせて頂いた175周年記念のカリラ同様に端正な仕上がり。長期熟成となって、熟成のバランスでプラスに作用しているボトルと感じます。

1976前後のトマーティンは、子供の風邪薬シロップのような、独特なフルーティーさに繋がっているケミカルなニュアンスが特徴であり、わかりやすい魅力でもあります。
しかしボトルによってはそれがしつこく、鼻についてしまうものも少なくないのですが、今回のリリースは熟成を経る中で酒質部分が削られ、度数が落ちたことが良い方向に作用。序盤はそのケミカルさが抑えられて適度にドライで華やかな口当たりが心地よく、そして余韻にかけてフルーティーなフレーバーが解き放たれていくのです。

個人的にウイスキーの熟成のピークは20〜30年くらいに多く、後は度数が落ちて酒質が枯れていくだけという印象があるのですが、突き抜けていくようなエネルギーはないものの、こうしてバランスが取れて長期熟成としての飲み頃を魅せてくれるボトルがあり、熟成の偶然や神秘の一つであると感じています。
他方、今後このようなリリースが続いてくるかというと、酒質に力のあった1960〜70年代だからこその産物とも考えられ、80年代、90年代はまた違った仕上がりになることが予想されます。

今だから出会えたことに感謝しつつ、将来には期待と不安(そもそも飲めるのかという話もあり)を感じつつ、様々な思いはあると思いますが、今飲んでいるからこそ楽しめるボトルを記憶していきたいですね。

ドメーヌ オニョアス 51年 1965-2017 バコ THE BOW BAR向け 42%

カテゴリ:
DOMAINE D'OGNOAS
BAS ARMAGNAC
Aged 51 years
Distilled 1965
Bottled 2017
Bottled for THE BOW BAR
700ml 42%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封後1週間以内
参考評価:★★★★★★(6ー7)

香り:穏やかな酸味を伴う華やかなウッディネス。杏子、メープルシロップ、バタークッキー。徐々に香木、ウェアハウスの湿ったようなウッディネスも伴う。
香り立ちは時間経過で非常によく、長い眠りから解き放たれるよう。

味:まろやかで華やかな口当たり。蜜のような甘みにブラッドオレンジや白ぶどうの酸味、じわじわとカカオチョコレートのほろ苦さ。ボディは程よく、深みに繋がっている。
余韻はウッディでビター、非常に長い。焦げたえぐみを伴う過熟気味の樽香、チャーオークのニュアンスも感じられる。

角の取れた香味と深みのある味わいに長期熟成アルマニャックの良さを感じる。
一見すると過熟気味の要素もあるが、それを補う香味の開き、多彩さがあり、開封後の変化に期待出来るだけでなく、時間をかけてじっくりと味わいたい。


札幌の名店、THE BOW BARの本間氏が選定、ボトリングした半世紀を超える長期熟成のアルマニャック。
正直アルマニャックは詳しくないので、素性の詳細は信濃屋さんの販促ページをご覧ください。という無責任なことしか言えませんが、そこから引用させて頂くと、オニョアスはバス・アルマニャック地方において最も古い歴史と多くのストックを持つ生産者の一つであるのだとか。

こうした現地生産者とのコネクションは、いかに情報社会といってもメールを送って「じゃあこれからよろしく」というワケにはいきません。
スコッチは既にいくつかのボトラーズや蒸留所との連携がある為、先立つものがあればなんとかなる場合もありますが、ブランデー、それもカルヴァドスやアルマニャックはまだまだ未開の地。酒販のインポーター以外に、今回のTHE BOW BARように現地とのコネクションを築いてきたBARの存在が、日本と様々な佳酒を繋ぐ架け橋となっているんですね。

今回のアルマニャックですが、赤みがかった美しく深い色合いから察することが出来るように、かなりの熟成感がある1本です。
特にテイスティングの通り香味の多彩さ、一見すると過熟気味なウッディーさが強く、この点は個人的にあまり得意ではない要素ながら、その奥から開いてくる多層的な香味が短期熟成では得られない"時を飲む"という贅沢な質感をもたらしてくれます。
レビューはいつものテイスティンググラスですが、大ぶりのグラスで香りを開かせながらじっくりと楽しみたい1本です。


以下余談。
ブランデージャンルで現地とのコネクションを築いているBARとしては、西から小倉のスタッグ、京都のカルヴァドール、K6、東京浅草のドラス、そして札幌のボウバーなどが有名(抜けがあったらごめんなさい、コッソリ教えてください)。
このブログでも何度か紹介しているカルヴァドス・アプルヴァルはその一本に該当しますし、現地の旅を著書としたドラスのマスター中森氏の「旅するバーテンダー」は、合わせて読むとさらにお酒が美味しくなる読み応えのある1冊です。

ジョニーウォーカー スイング 1980年代後半流通 43%

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
SWING
Blended Scotch Whisky
1985-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
開封後:1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:みたらしや梅を思わせる酸味を伴う麦芽香、乾燥したトウモロコシ、淡いひねとスモーキーフレーバー。醤油せんべいのような香ばしさもある。

味:ややパンチのある口当たり。乾いた麦芽とコク、べっこう飴、合わせてピーティーなほろ苦さ、スモーキーフレーバーが広がる。
余韻はスモーキーでビター。ローストした麦芽、アーモンド。ピリッとしたスパイシーな刺激を伴い長く続く。

ハイランドタイプのモルティーさをベースに、アイラ系、特にカリラを思わせるキャラクターを感じる。樽構成がプレーン寄りでストレートでは多少パンチのある味わいだが、ロックやハイボールとの相性が良く、様々な飲み方で楽しめる。
 

ジョニーウォーカースイングにおけるターニングポイントと言える、外観、香味共に大きな変更があった時代のボトル。
少なくとも自分が飲んだことのある1950年代以降から30年間、スイングはマイルドでメローな味わいが主たる構成で、古酒系の甘さが強く、特に1970年代のそれは甘すぎると言う評価もあるほどです。

(参考)ジョニーウォーカースイング:

それが1980年代後半、今回のボトルデザインへの変更と共に、樽感がプレーン寄りに変わり、味わいも甘口から辛口へ、マイルドだった飲み口は熟成感こそあれどパンチのあるモルティーさへと180度方向転換。
古酒系の甘みが軽減されたことや、構成原酒にも変化があったのか、旧ボトルに比べてアイラ系のスモーキーフレーバーが際立っています。

デザイン、味わい共に現行品のベクトルに通じる大きな変更だったわけですが、このラベルチェンジが行われたのはジョニーウォーカーブランドを所有していたDCL社がギネス社傘下となった1986年〜1987年ごろ(UD社時代)のこと。経緯としては、ギネス社側の意向でのブランド整理があったと見るのが自然な流れと感じます。
また、1980年代のスコッチ業界冬の時代で、蒸留所の再編からスイングに使われていたメロータイプの原酒の割り当てが変更されてもおかしくないでしょうし、合わせて1974年に改修工事を終えたカリラ蒸留所の原酒が12年の熟成を越え、スイングのようなデラックスクラスに使われ始める時期だったことも背景に考えられます。

ちなみに、別記事にも書いたように自分にとってウイスキーにハマるキッカケとなったのが、ジョニーウォーカー・スイングの1970年代流通だったわけですが。
今の好みと味覚で楽しむなら、この時代のボトルの方が甘みがくどくなく、ピートのバランスもいいと感じます。(あとはボトルデザインも高級感がありますね。)
ジョニーウォーカーは、各グレードで日本市場への流通量も多く、今尚安定して入手できるブランドだけに、どの時代のそれが好みに合うか、飲み比べてみるのも面白いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×