ジョニーウォーカー ブルーラベル 1990年代流通 43%

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
Blue Label
A blend of our very rarest whisky
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やか熟成香。アプリコット、リンゴのコンポート、スワリングしていると乾いた麦芽やナッツ、微かにスモーキーでトロピカル要素に通じるフルーティーさがある。

味:滑らかな口当たり。香り同様熟成して華やかかつコクのあるモルティーさ。ナッツ、蜂蜜、リンゴのコンポートや洋梨のタルト。徐々にドライで乾いたウッディさと干草、微かなピーティーさを伴って余韻を引き締める。

ハイランドやスペイサイドモルトの熟成した華やかな香味を軸にした、バランスの良いブレンデッド。香味にそこまで勢いはないが、加水するとボディはそのままスムーズに伸びるだけでなく、おしろいを思わせる麦芽風味も開いてくる。
状態としてこの個体は微かにコルキーだが、概ね問題はない程度。箱入り横置きが多かったボトルであることは悔やまれる。


1986年、スコッチウイスキー業界に吹き荒ぶ不況の風の最中。ジョンウォーカー社が持てる原酒の中から文字通り"選りすぐり"をブレンドした、集大成にして理想形とも言えるハイエンドブレンデッドが、ジョンウォーカー・オールデスト。
そして下記の遍歴のように、数年間リリースの末、1992年にラベルチェンジしたのがブルーラベルです。

【ブルーラベルの遍歴】
1986年:John walker’s Oldest Scotch Whisky (Aged 15 to 60 Years) 43% 
1980年代最後期頃:Johnnie Walker Oldest Scotch Whisky (Aged 15 to 60 Years) 43% 
1990年頃:Johnnie Walker Oldest Scotch Whisky (No Aged) 43% 
1992年頃〜:Johnnie Walker Blue Label Scotch Whisky (No Aged) 43% 


今回はオールデストから切り替わった直後、1990年代流通のブルーラベルをレビューします。
ブルーラベルに切り替わってから20年近く大きなラベルチェンジがないため、2013年頃に大きなデザインチェンジがあるまで混同されがちな世代ですが、下記の通り2000年代前半にマイナーチェンジがあり、香味のベクトルにも変化が見られます。

(ほぼ同じデザインが採用されている1990年代流通と2000年代流通だが、トレードマークである紳士の柄、歩く向き、印刷の場所に変化がある。下ラベル右側に印刷されているのが1990年代流通。)

前身であるオールデストは、円熟味とも言える熟成感を感じる、華やかさと角の取れた甘酸っぱさ、多彩な内陸系のモルティーさが主体特徴です。
今回のブルーラベル1990年代流通もまた、オールデストの系譜を受け継ぐ味わい。流石に15 to 60 years 表記時代には及ばないものの、熟成年数表記のない1990年頃流通のオールデストと比較するなら遜色ないレベルとも感じます。(むしろ、近年高騰気味なオールデストに手を出すなら。。。とも。)

このモルティーな華やかさは、モートラック、カーデュー、リンクウッドあとはロッホナガーあたりを、アメリカンホワイトオークの2nd、3rdフィルシェリーホグスヘッドなどで長期熟成した原酒由来と推察。これが2000年代になると華やかさからタリスカーやカリラに見られる酸味を伴う樽感、ピーティーさへとシフトしており、はっきりとした違いに感じられます。
この手のボトルが家に一本あると、迷った時にとりあえずこれからと始められるのは強み。後はどういうタイプのブレンドが好みか。。。で年代を選べば良いですね。

エヴァンウィリアムズ 23年 53.5% 近年流通品

カテゴリ:
IMG_9010
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whisky
23 Years old
750ml 53.5%

グラス:グレンケアンテイスティング
場所:BAR Eclipse 
時期:不明
評価:★★★★★★(6-7)

香り:メローだが溶剤感を伴うドライなアロマ。焦げ感のあるウッディさ、オレンジをコーティングしたキャラメリゼ、バニラ、チェリーを思わせる甘みのアクセント。奥にはエステリーさとりんごのような果実味もある。

味:リッチで粘性のある口当たり。チャーオーク由来の濃い甘みと焦げたウッディネスは、キャラメル、甘栗、微かにチェリー、パワフルで余韻にかけて強い主張。ビターでえぐみも軽く伴う。
余韻はドライ、タンニンとほのかな焦げ感に加えて、ふくよかな樽香が長く滞留する。

強い樽感がねっとりと舌に乗るような印象だが、度数の高さで樽香がギリギリ浮つかない。加水すると意外に香りが立たず、ドライな印象が強い。口当たりはマイルド、チェリーや加熱したリンゴのような甘みが特徴的。ロックでじっくり飲みたい。
最近姿を見なくなってきた、エヴァンウィリアムズの近年流通ラベル。2018年現在、一応このデザインが在庫として流通する現行品扱いになりますが。。。というか、現在も生産されているかはちょっと謎だったりします。(少なくともバカルディの日・米どちらのサイトにも記載はなく、蒸留所でのみ販売されている模様。)

そもそも、エヴァンウィリアムズ23年に用いられていた原酒の生産元、旧ヘブンヒルは1996年に火災消失しており、作れたとしてもここ数年前後までと言えます。加えて、移転後に作られた原酒は12年ですら原酒不足で特定地域向けになってしまっている状況を考えると、今後の復活も困難と考えて間違いないでしょう。
バーボン最高峰とも言えるエヴァンウィリアムズ23年、リリース開始から約30年の歴史に幕が降りようとしているのです。

(2000年代流通のエヴァンウィリアムズ23年。この写真では見づらいが、ラベルの上部にEvan Williamsの文字が直接プリントされている。)


(先日記事にした1990年代流通の2本。この後、上の写真のボトルのように、トールボトルがダンピー形状に切り替わる。)

今回テイスティングしたエヴァンウィリアムズも、上に写真を掲載したこれまでの23年同様に、非常に濃厚な口当たりと樽感は健在。そして50%を越える度数で、余韻にかけても香味がヘタらずパンチもあるフルボディな味わいです。
一方で、長い熟成年数ゆえ飲み口はマイルドと、相反する要素を内包しているのが、この手のウイスキーの魅力とも。一言で、美味しいバーボンと言える味わいですね。

ただ、近年のエヴァンウィリアムズ23年は、旧世代に比べて溶剤感が目立つというかドライさが強いというか、香味の"艶"は控えめで、果実味もベリー系の要素は微かにある程度。チャーオークのメローな香味が中心となっています。
この辺はまさに現行のバーボン全般に見られる要素であり、このまま販売が継続しても良い方向に転がったかは微妙であり。。。
それこそ、人気ピークですっぱり終わった連載のような、それはそれで良かったとも思えるのです。

グレングラント 1964-1989 ムーンインポート アニマルシリーズ 46%

カテゴリ:
IMG_8820
GLEN GRANT
MOON IMPORT "THE ANIMALS"
BUTT 1-2-3
Distilled 1964
Bottled 1989
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:KuMC@NSさん
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:黒砂糖、レーズン、スワリングしていると非常に豊かなダークフルーツ系の果実香を伴う一方で、オイルやゴムに通じるような、経年変化と少しヒネたようなニュアンスも含んでいる。

味:スムーズでリッチな口当たり。黒砂糖を思わせる甘み、デーツ、ドライプルーンなどのダークフルーツ系のフレーバーが主体。微かにベリー系の甘酸っぱさも混じる。中間以降は平坦気味。後半はタンニン系のニュアンスが主体。余韻はかりんとうの香ばしさ、カカオ多めのチョコ、タンニン。ウッディーでビターで長く続く。 

かなりリッチなシェリー系モルト。加水が効いて飲み口はマイルドだが、中間の広がりには欠けてやや単調気味でもある。シェリーのタイプはマッカランの旧ボトルに近い要素を感じる香味構成。少量加水すると香味とも伸びる印象あり、こういうモルトは葉巻に合う。


こってこてのシェリーカスク、それもカスクストレングスではタンニンもバッチリ効いていたであろうタイプのものを、加水で整えたシングルモルト。
香味の端々にある残滓から考えるに、おそらく、ボトリング直後はそれなりにサルファリーな要素もあったタイプだと思うのですが、それが経年変化で落ち着いた、30年近い時間が育てた味わいと言えるのかもしれません。

テイスティングの通り、濃厚で整った飲み口は純粋にシェリー樽熟成のウイスキーのうまさを感じるのですが。一方で、加水が効きすぎたのか、ボディの部分で膨らむ印象がなく、そこがこのウイスキーの弱さであり、逆にいいところでもあると思います。
つまり、葉巻を合わせたり、何か生チョコレート系の甘味をさらに加えたり、後付けする余地が残されているとも思えるのです。

この日は一通り飲み終えた後で、締めにパルタガスと合わせてみました。
序盤の濃厚さが葉巻に負けず、しかし中間以降は煙と合わさるように負担なく煙の味わいと混じっていくような。。。中々良い組み合わせだと感じました。

ムーンインポート The Animals シリーズ。画像引用:

以下雑談。
近年、ウイスキーとは全く関係ないラベルデザインでボトルを彩り、それを付加価値としてラベル買いさせるようなボトルが、一つのジャンルを作りつつあります。
その始祖は、リリースがシリーズ的に行われ続けたという条件で見れば、ムーンインポートがリリースする各種シリーズだと思います。

同時期に流通していたGMやシグナトリーのテンプレ的なものに比べて、ムーンインポートのものには所有することも一つの目的みたいな。。。なんていうか一つの絵画、芸術に通じる要素があるように感じられるのです。まさに飲める芸術ですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×