山崎 9年 エッセンスオブサントリー 2019 モンティージャワインカスク 55%

カテゴリ:
IMG_20190301_221613
THE ESSENCE OF SUNTORY 
YAMAZAKI 
MONTILLA WINE CASK 
(1st fill Spanish Oak)
Aged 9 years 
Distilled 2009
Bottled 2019
500ml 55%

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:日比谷BAR
時期:開封当日
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:しっとりとして濃厚な甘いアロマ。黒蜜やカラメルソース、微かな薬草香。ベリーキャンディのような人工的な甘酸っぱいニュアンスもあわせて感じられる。

味:とろりとしてリッチ、スウィートでウッディな口当たり。黒蜜やドライプルーン、レーズンチョコレートを思わせる濃厚な甘みと角の取れた酸味。序盤の濃厚なフレーバーを引き締めるタンニンが徐々に開いてくる。
余韻はコクのあるドライフルーツの甘酸っぱさと酒精の強さ、しっとりとしているがスパイシーなフィニッシュ。

まるで濃厚な近年マッカランのような味わい。熟成の若さと度数の高さで余韻にかけて酒精の強さはあるが、それが樽由来の濃厚な要素に負けない若いなりのバランスにも繋がっている。少量加水するとシーズニング系のウッディさ、香りの開きもよく甘酸っぱいが、ネガな部分も顔を出してしまう。
濃厚な甘みのある味わいは、シガーとの相性も良さそう。そのうち試してみたい。

IMG_20190301_221929

昨日に続いて、エッセンスオブサントリー第2弾から、モンティージャワインカスク熟成のレビューです。
シリーズ全体の位置付け等は、昨日の山崎リフィルシェリーカスクの記事中で紹介しましたのでざっくり割愛。同シリーズ第2弾は山崎蒸留所とスパニッシュオーク樽をテーマに、オフィシャルリリースのハウススタイルを構成するエッセンスたる要素を味わうことができます。

IMG_20190301_221353
(エッセンスオブサントリー第2弾から、リフィルシェリー樽熟成の山崎。シェリー感は程よいバランス型の仕上がりで、スパニッシュオークの香味の出方の違いと、近年のオフィシャル通常リリースとの共通項を探ることができる。レビューはこちら)

本来、この系統の酒精強化ワイン※の熟成樽に使われるのがアメリカンオークであることは、近年広く知られるようになった情報だと思います。(※モンティージャワインは、原料となる葡萄の糖度が高く度数が上がりやすいため、酒精強化が行われないものもある。サントリーの公式情報では酒精強化されたものを詰めているとのこと。)
つまりスパニッシュオークで作られたそれは、本来の製法の中から副産物として生じた樽ではなく、ウイスキーなどの他の酒類の熟成用に仕上げられたシーズニング樽ということになります。

このシーズニング樽と、通常製法からの排出樽の違いや、そもそも全てひと括りにシェリー樽と呼ぶかの是非についてはさておき、なぜシーズニング樽に本来のアメリカンホワイトオークだけでなく、サントリーのようにスパニッシュオークが一定数使われているかというと、それは木材の性質が大きく関係しています
適切に処理したスパニッシュオーク樽は、ウイスキーに香木を思わせる高貴なウッディネスと、ダークフルーツのようなフルーティーさ、特にシェリー系の樽として好ましい要素を短期間で与えてくれる、これはこれとして”求められている樽でもあるのです。
具体的にどのような香味であるかは、同じエッセンスオブサントリーの新樽熟成をテイスティングしていただくとして。。。

今回テイスティングしたモンティージャワインカスク熟成も、シーズニング由来の多少薬品シロップのようなべたつきのある甘さと癖は感じられるものの、黒蜜やベリーを思わせる甘みと酸味、そして濃厚さで、分かりやすく美味しいウイスキーに仕上がっていると感じます。
樽由来のタンニンも豊富で、余韻にかけての甘みと苦味の複雑さもポイント。何て言うか濃厚なマッカランみたいな味だなと。

ファーストフィルということで、ワインの成分量が多いのもそうですが、スパニッシュオークの多孔性のため樽材が持つ成分がウイスキーに溶けでやすいという特性が、日本の温暖な気候でさらに後押しされているようです。(近江エイジングセラーでは空調管理がされているが)
こうしてみると、山崎のハウススタイルやサントリーのウイスキー作りのこだわりを知る以外に、近年のシェリーカスクを学ぶ上で重要な足掛かりになる一本とも思います。

山崎 10年 エッセンスオブサントリー 2019 リフィルシェリーカスク 53%

カテゴリ:

IMG_20190301_221353
THE ESSENCE of SUNTORY 
YAMAZAKI 
REFILL SHERRY CASK 
Aged 10 years 
Distilled 2008 
Bottled 2019 
500ml 53% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:日比谷BAR
時期:開封当日
評価:★★★★★★(6)

香り:鉛筆の削りかすを思わせる乾いたウッディネス。栗の渋皮煮、カスタードクッキーを思わせる甘みとほろ苦さ連想させるアロマ。スワリングでレーズンなどのドライフルーツの甘酸っぱい果実香も混じって感じられる。

味:ドライでウッディだが、徐々に粘性を伴う口当たり。ブラウンシュガー、オレンジピールチョコ、甘みの中に香り同様にドライフルーツの甘酸っぱさがアクセントになっている。
余韻は力強くスパイシーでトーン高めのウッディネス。ドライプルーンや黒蜜を思わせる甘みもほのかに漂い、淡いタンニンとともに長く続く。

若さというか、アタックの強さが味の後半にかけて感じられるが、シェリー感はバランスが良い程度。少量加水で甘酸っぱい果実感がさらに開くと共に、少し青みがかった瓜やハーブを思わせるオーク由来の要素も感じられるようになる。

IMG_20190301_221438

先月末にリリースされた、THE ESSENCE of SUNTORYの第2弾。
昨年同時期にリリースされた第1弾は、サントリーのブレンドを産み出す"原酒の作り分け"をテーマとしたような、山崎ピーテッドモルト、白州ライベースのグレーン、そして知多グレーンのワインカスクという少々変化球的なチョイスでしたが、第2弾は山崎蒸留所の原酒とスパニッシュオークを軸に、新樽、モンティージャワインのファーストフィル、オロロソシェリーのセカンドフィルという3種がリリースされました。

山崎蒸留所は今でこそ多様な原酒が作られていますが、展示されている初期の樽がシェリーバットであるだけでなく、オフィシャルラインナップもグレードが上がるとシェリー樽の比率が上がっていく傾向があり、ミズナラ樽と合わせてハウススタイルを構成する要であると言えます。

近年は、スパニッシュオークでのシェリー樽(酒精強化ワイン樽)作りのため、木材選定からワインを指定しての貯蔵、シーズニング期間まで、現地ボデガにブレンダーを派遣して品質管理を実施している徹底ぶり。ジョークでしょうが、スペイン人はどうにも信用ならないという蒸留所関係者発言も。。。(笑)
今回のリリースはそうした背景から、まさにシングルモルト山崎のエッセンス、真髄を垣間見ることができる構成と感じます。

52ccf3a7
(2018年リリースのESSENCE of SUNTORY 第一弾。夢、遊、創の文字をそれぞれのモチーフとしている。香味についてはを参照。

IMG_20190301_222142
(ESSENCE of SUNTORY 第二弾3種。ラベルデザインは前回同様に墨文字で、情熱の国スペインとかけて「情」の文字がモチーフになっている。芸術に疎い自分だが、それぞれの色使いと構成に、なんとなく伝わってくるものはあり、バックバーに全種揃うとインパクトもありそう。)

前置きはこれくらいにして、3種類の中から最初にレビューするのは、色の濃さでリフィルシェリーカスクのシングルモルト山崎。
山崎のシェリーと言えば、樽材であるスパニッシュオークの特性や、熟成環境の影響もあり、真っ黒で圧殺で。。。まあとにかく濃い仕上がりのものが多く、リフィルタイプがそのままリリースされることは珍しいですね。

使われている樽は、ファーストフィルの段階でも今回と同じくらいの期間で原酒を払い出していたのか、程よいシェリー感とウッディネスが残りつつ、オーク由来のカスタードを思わせる甘みとスパイシーさが特徴。度数もそこそこあるため、特に余韻にかけてしっかりとした味わいが広がっていきます。
加水すると樽成分でチャーされてない領域から溶け出た要素が由来してか、少し青みがかった感じもあり、現在の山崎のリリースの中でも、12年や18年あたりの香味と共通のニュアンスが感じられました。

エッセンスオブサントリーシリーズの面白さは、そのものの味も悪くないだけでなく、飲むことでサントリーの既存製品への理解や、ウイスキー作りのこだわりを知るきっかけになることだと思います。
第1段は各蒸留所1本ずつ、しかもブレンドというテーマが広域なもので、各原酒の繋がりが分かりづらい部分がありました。しかし今回のリリースは、山崎シングルモルトの軸となる香味を紐解くだけでなく、飲み手にとって近年のシェリーカスクを味わう上で避けて通れない、スパニッシュオークの理解に繋がる点が最大の特徴と言えます。
中々満足度の高いニューリリースでした。是非3本の違いを比較しながら、テイスティングしてみてほしいですね。

ローガ ブレンデッドグレーン 51年 1964-2016 51.5%

カテゴリ:
loga-51-tasting
ROGHA 
Blended Grain Scotch Whisky 
Aged 51 years 
Distilled 1964 
For Scotch Malt Sales 
700ml 51.5% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR Eclipse 
評価:★★★★★★(6)

香り:メローで重みのある香り立ち。色の濃い蜂蜜やべっこう飴、ほのかにオレンジの皮、柿のペーストのような植物感も伴う甘みと、艶のあるウッディさ。

味:マイルドで粘性のある口当たり。香り同様に色の濃い蜂蜜や穀物を思わせる存在感のある甘み、しっかりとしたウッディネス、木材系の要素が中間から感じられる。
余韻は単調気味だが、べったりと張り付くようなグレーンの甘みから、さらさらとして、軽くドライなフィニッシュへと変化する。

マイルドでメロー。樽感が適度な重みとして感じられ、長期熟成だからこその熟成感やウッディネスも備わった美味しいグレーンだが、結局のところグレーンであるがゆえにその枠を出ない。飲みやすい反面、好みの問題も大きい。加水するとシャバシャバになりやすいので注意。


スコッチモルト販売がリリースしているオリジナルブランドのハイエンド、”ローガ”シリーズ。長期熟成にこだわったシリーズであり、かつてはスプリングバンクやロングモーンなど有名人気蒸留所の40年熟成以上の原酒が名を連ねていました。
一方、近年はスコッチモルトの原酒枯渇と高騰で、ブランドの維持も難しくなってきており、モルトではなくグレーンのリリースが行われるようになってきています。

今回レビューするのは2016年にリリースされたローガの長熟グレーン。昨年2018年には46年熟成のものもリリースされました。
複数蒸留所のグレーン原酒をブレンドしたグレーン100%のブレンドという位置付けで、原酒構成は明らかにされていませんが、半世紀を越える熟成期間のグレーンのみが使われている珍しい仕様。そしてカスクストレングスで50%オーバーの度数や、外観も熟成期間のわりには濃くなく美しい琥珀色で、なんともそそるスペックです。

一方、グレーンはモルトと異なり短期間の熟成でも仕上がりやすい反面、香味の幅が似通って大味で、熟成での延び幅が少ない傾向があります。マイルドで蜂蜜やバニラを思わせる柔らかい甘みと穀物香。そこに樽由来のウッディーさがどれだけ出るか。
飲み口やボディーの柔らかさ、粘性のようなコクは、モルトと合わせるブレンデッドでは繋ぎとして重要な要素になりますが、香味の部分はどれだけ熟成させてもグレーンのまま。本質的な部分に変化が現れづらく、あくまでも”そこそこ”止まりなのです。

従って、今回のブレンデッド・グレーンもあくまでグレーン。スコッチブレンドのような多彩さではなく、むしろ10年単位の期間同じ樽のなかで混ざっていたような”一体感”すら感じる構成。グレーンにしては重く、熟成感はあるのですが、個人的にはコレジャナイ感がぬぐえません。
バーボンは素晴らしいと思うものがいくつもあるのに、同じような分類のグレーンは高まらない不思議。どこかに突き抜けたグレーンがあれば、一度飲んでみたいものです。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×