ジョニーウォーカースイング 1960年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:

JOHNNIE WALKER SWING
1960's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースのかかったプディング、洋菓子を思わせる甘みとスモーキーなアロマ。古酒感、奥には乾いた麦芽香、かりんとうを思わせる香ばしさも感じる。

味:マイルドでキャラメルを思わせる甘み、醤油飴、香ばしいモルティーさとじわじわとピートフレーバー。ほろ苦く染み込むようなフィニッシュが長く続く。

リッチな甘味が強いが、合わせてモルティーさとしっかりしたピートフレーバーも感じられる。ハイボールよりはストレート向き。シガーやパイプと合わせても面白い。


ジョニーウォーカーシリーズの上位グレード。生い立ち、バックストーリーについては今更説明の必要もないと思いますので割愛しますが、ゆらゆらとスイングする独特のボディは客船の中で振舞われることを前提に開発されており、そのデザインがある種のシンボルとなって、近年まで続いています。

(スイングはラベルは違えどボトルデザインは現行品まで変わらない。1960年代流通(左)、1970年代流通(右)、現行品(中央)。1970年代は甘みがさらに強く、わかりやすい味わい。現行品は内陸系のモルティーさでバランスが良い。)

オールドスイングの特徴はシェリー樽熟成による濃い甘みのある構成。1970年代流通が甘みとしては一番強く、60年代のコルクキャップ時代は甘みもあるものの、スモーキーさが強い。これは当時のカーデュー由来でしょうか、マイルドな味わいでありながら特徴的な内陸系のピーティーさがオールドラヴァーにたまらないですね。
これが1980年代後半になると甘みが控えめになり、島系のピーティーな味わいが強くなる。現行品は再び内陸系に。。。どの年代が好みかは、飲み比べるのが面白いと思います。


ちなみに個人的な話が自分は離島旅が好きなのですが、船に乗るとこのスイングをつい連想してしまいます。
その最たる例、26時間の船旅の末にたどり着く小笠原のBARで飲んだ現行品のスイングは、不思議な美味しさがあったのが懐かしい旅の記憶です。

ブラック&ホワイト 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
BLACK & WHITE
James Buchanan
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR飲み@アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(5-6)

香り:綿菓子、ザラメを思わせる甘いアロマ。微かに林檎、徐々にドライな籾殻や干草、ほのかにスモーキーさも感じられる。

味:柔らかくコクのある麦芽風味、ポン菓子、薄めたケーキシロップ、しつこすぎない甘味と穀物感。余韻は淡いピートフレーバーと若干のえぐみ、あっさりとしている。

ややライト寄りの構成だが、マイルドな穀物風味で飲みやすくバランスの良いブレンデッド。ストレートでは若さからくるえぐみ、若干の引っかかりもあるが、ハイボールでの飲み心地は良好。さっぱりと楽しみたい時にオススメ。


ブラック&ホワイト70〜80年代は、プレーンなスコッチの代表格。ジョニーウォーカーのようにカラメル系の香味が強いわけでも、ホワイトホースのようなピーティーさがあるわけでもない。。。
そういう点でこの時期のブラック&ホワイトはクセの少ないライトなブレンデッドなのですが、よくありがちなグレーンじゃぶじゃぶというわけでもなく、それなりにモルティーな上でという点も特徴と言えます。

構成原酒はダルウィニーやグレントファース、この他にDCL傘下の蒸留所の中でも上記特徴に合致するハイランドタイプの原酒がメインといったところ。
適度なコクと淡いスモーキーフレーバーも感じられ、ストレート、ハイボール、人によっては水割りと使い勝手の良い1本です。
昭和の洋酒ブームにおけるスタンダードクラスを代表する銘柄の一つでもあるのですが、後のブランド整理で位置付けも価格も下落し、1990年代以降は千円台のスコッチウイスキーとして構成は異なるものとなります。

そうした背景から、個人的にブラック&ホワイトとしてオススメ出来るのは、紋章が変わらないこの時期までという印象。出来ればもう一つ前の犬のイラストが中央に書かれていない時期である70年代後半流通か、理想的にはそのさらに前に当たる、犬のイラストが書かれていない白黒ラベル時代の方が、よりスムーズな飲み心地とモルティーさを楽しめるのですが。。。


ローガン デラックス 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
LOGAN
De Luxe
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでやや古酒感のある香り立ち。カラメルソースのほろ苦くビターな甘みと、奥には少し穀物を思わせる乾いたアロマも感じられる。

味:まろやかな口当たり、干草のニュアンスと土っぽさ、麩菓子、キャラメリゼ、ほのかに醤油飴のようなヒネ系の甘味。ボディはミディアム程度で、ビターでスモーキーなフレーバー、染み込むようにピーティーで長く続く。

しっかりとピーティーなブレンデッド。中間が少し軽めだが、ラガヴーリンの個性が効いておりストレートでも美味しく飲める。そしてそれ以上にハイボーラー。古酒特有のヒネ香が軽減され、飲み口はスモーキーでマイルド。炭酸の刺激と実によく合う。


物量が豊富で手に入りやすく、そしてスモーキーなオールドブレンデッドの代表格がローガンです。
ホワイトホースの上位グレードという位置付けであることと、その名称にラガヴーリン蒸留所におけるブレンデッドウイスキー開発のルーツとなる人名を冠していることなどから、主軸の原酒にはいつの時代もラガヴーリンと思しきモルティーさが感じられる点が特徴。
もっと人気があっても良いと思うのですが、ホワイトホースよりも安価に入手できることもザラにあります。

その要因には、1970年代以降のローガンの細かいラベルの変化にあると推察。ついつい流通時期判別で身構えがちではないか。。。と。ただこれまで何本も飲んできた経験則から言えば、見ればいいのはキャップ部分のみ。12年表記の有無やレアード表記の有無、Logan'sとLoganの表記の違いで大きな違いがあるというと、むしろボトルの状態の方が重要という印象です。

今回のキャップ、鉛シール貼りのプラスクリューキャップは、同じ濃いえんじ色の金属スクリューキャップ時代の直後に当たる、80年代中頃から後期の流通となります。
比較的入手可能な60年代以降流通のローガンの中で、最も香味の厚みとスモーキーさのバランスが取れているのが70年代前半のゴツゴツした鉛キャップ時代だと思うのですが、次いで良いのが80年代のえんじ色スクリューキャップ時代。
内陸系の原酒としてクライゲラヒなどの比率が増えているのか、ボディは少々軽いものの、ピートフレーバーは充分存在感があります。

梅雨明けていよいよ夏本番、ハイボールが美味しいこの時期。オールドブレンデッドハイボール要員に、是非オススメしたい1本です。

このページのトップヘ

見出し画像
×