セントマグデラン 25年 1982-2007 インプレッシブカスク 60.2%

カテゴリ:
IMG_20190627_223440
St. Magdalene 
Impressive Cask 
Aged 25 years 
Distilled 1982 
Bottled 2007 
700ml 60.2% 

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR Fingal
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:乾いたウッディネス、干し草とハーブ、ニッキのようなニュアンスも伴う、強くスパイシーなアロマ。奥には微かに洋梨を思わせるような華やかなオーク香、おしろい等の麦芽系のニュアンスも伴う。

味:とろりとした麦芽風味の甘味に加えて、乾いたウッディネスとエッジの鋭いアルコールのアタック。洋梨、バニラ、徐々にオーキーで華やかな含み香も混じる。
余韻はハイトーンでヒリヒリとする刺激に加え、乾いたウッディネス。ほろ苦く麦芽風味の残滓を伴って長く続く。

度数もあって、香味ともウッディなアタックは強いが、味の中盤に素性の良い麦芽風味、品の良い甘味が感じられる。樽はアメリカンオークのリフィルカスクだろうか。少量加水するとアタックの強さは多少こなれ、麦系の甘味は包み込むようでもある。中々通好みのモルトであるが、やはりトロピカルフルーツは居なかった。


今は無き、1983年に閉鎖されたローランド地方の蒸留所、セントマグデラン(リンリスゴー)。
DCL傘下であり、用途は主に同グループのブレンドへの活用。同グループのスタンダードクラスのブレンデッドに感じられる、無個性でスパイシーな刺激は、この辺りの原酒由来ではないでしょうか。
高い生産能力と原酒貯蔵のキャパシティを持つ蒸留所だったようですが、ウイスキー不況に陥った1980年代には設備も老朽化しており、他の閉鎖蒸留所同様、生産調整の影響を受けたというわけです。

そのキャラクターはスパイシーで時に紙っぽさもあり、やや個性的なところはあるものの、自分の中で嫌いな蒸留所というわけではなく、麦芽風味など好みの要素もあります。
ただ、このボトルについてはリリース当時の印象が極めて悪かった。それは購入の決め手となった、メーカーのテイスティングコメント故(以下、画像参照)。当時自分はウイスキーを本格的に飲み始めたばかりのころで、南国フルーツ!!とホイホイ釣られてしまったんですね。

Screenshot_20190708_182647

結論から言えば、そんなものはどこにもなかったわけです。
ポジティブにとれば、淡いオーク香があり、それが麦系のフレーバーと合わさって品の良いフルーティーさのようでもありましたが・・・当時は結構強引に拾ったようにも記憶しています。
スパイシーでクリーミーというのは確かに。あとはパワフルであることは間違いありません。それはもう、開けたての頃はバッキバキにスパイシーで、え、これデレるの?このツンは南国感になるの?と。

その後、1年ちょっと保有し、真価を認識することなく残りを誰かに譲ったかしてしまいましたが。。。今回フィンガルのバックバーで見かけ、今の自分ならどう感じるんだろうかと、久々にテイスティングしてみたわけです。

IMG_20190627_223701
(BAR Fingalは、今年の6月で開業から21周年を迎えた。この日は次回のリカルについての相談に。同誌では様々な企画が練られており、つい脱線してそちらの話がメインに。)

約10年ぶりにテイスティングしたこのボトル。相変わらずスパイシーでアタックは強いのですが、ボトリング後10年の瓶内変化によって良い方向に変化したのか、麦系の甘味がより感じやすくなっているように思います。
まあ南国感については無いと断言できるのですが(これもきっと、サンプルの入れ替わりなど、いい加減なお国柄に由来する事故があったのだろうと推察)、過去の自分のテイスティングコメントを見ても、麦芽風味などの要素は拾っているものの、今回の方が全体的に好ましく感じました。

ボトルの経年変化に加え、自分自身も長くウイスキーを経験し続けたことで、アルコールのアタックへの許容値が増えたのかもしれません。
今回のボトル以外にも、過去微妙だと感じたものも、改めて飲むと気付きがあることが多く。今後は見かけ次第そうしたボトルにもトライしてみようと、改めて思いました。

スプリングバンク 1965-1996 ロンバート ジュエルズオブキャンベルタウン 46%

カテゴリ:
IMG_20190414_182347
SPRIGNBANK 
LOMBARD'S 
Jewels of Campbeltown 
Aged 30-31 years 
Distilled 1965 
Bottled 1996 
700ml 46% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR Sandrie
評価:★★★★★★★(7)

香り:ドライでエステリー、熟した洋梨、乾いた麦芽やおしろい、仄かにマンゴーや柑橘を思わせるフルーティーなアロマ。奥にはスモーキーなニュアンスも。

味:若干水っぽさはあるが、スムーズな口当たり。オーキーでエステリーな要素を伴う麦系の厚いフレーバー。中間から薄めた蜂蜜、リンゴのコンポート。余韻はウッディでドライ、焦げた木材や土っぽいピート、仄かな塩気を伴い長く続く。

エステリーでスペイサイドを思わせる綺麗な香味だが、麦芽風味の厚さや余韻のピートがキャラクターを主張してくる。一方で加水の影響か、樽が多少浮わついてメリハリに欠けるようにも感じられた。


ロンバートがリリースする"JEWELS OF SCOTLAND"シリーズのはしりと思われるもの。
ロンバート社はウイスキー原酒の商社的な(買い付けて、ブレンドメーカーに流す)商売をしていたためか、蒸留所やボトラーズとのコネクションがあり、1980年代から1990年代は特に優れたリリースを排出しています。

一方、企画が続かなかったケースもあり、例えばソサイエティを意識したように独自のナンバリングを蒸留所に振り分けてリリースを開始したゴルフシリーズは、10蒸留所に満たず終了。このジュエルズオブキャンベルタウンも、ゴルフシリーズの流れで考えるとスペイサイド、ハイランド、ローランドと各地域作りたかったのかもしれませんが、それらはリリースされることなく、Jewels of Scotland で統一されて現在に至っています。
ひょっとしたら、自社としてはそこまで先を見通せるストックがなかったのかもしれません。

さて、今回のボトルですが自分のイメージする60年代のスプリングバンクとは異なっていて驚きました。
もっと麦というか蝋のような独特のニュアンスや、ボディも強いものかと思えば、エステリーで華やか、綺麗な構成で序盤はまるで長熟スペイサイド。勿論余韻にかけてバンクらしさもあって充分美味しいモルトですが、この女性的で綺麗な仕上がりはちょっと意外。
狙った訳ではないでしょうが、"キャンベルタウンの宝石"の名は伊達じゃないということか。。。
仕上がりの傾向としては、近年のボトルだとブティックウイスキーからリリースされた、スプリングバンク1995にも似た感じだと思います。

なおテイスティング時点は、開封からそこまで時間が経ってなかったので、この夏にかけてまたキャラクターが変わってきているかもしれません。
特に全体的に香味が開いてくると、ボリュームアップして期待するポテンシャルが感じられるようになるはずです。

I.W.ハーパー 101Proof 1980年代流通 特級表記 50.5%

カテゴリ:
IMG_20190605_220325
I.W.HARPER 
101 PROOF 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
1980's 
750ml 50.5% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:干し草のようなウッディネスを伴うメローなアロマ。スパイシーでライ麦パンを思わせる酸と穀物感、チェリーシロップのような甘味とメープルシロップ。リッチで力強い香り立ち。

味:香り同様にリッチでパワフル。粘性のある甘味を伴うスパイシーな口当たり。キャラメルっぽさや熟したバナナ。合わせて若干の植物っぽさの軽いニュアンスも一瞬顔を出す。余韻はウッディでビター、ひりつくようなアタックの強さの中に、序盤のチャーオーク由来の色濃い甘味が長く続く。

ストレートでは香味ともリッチで力強いが、多少まとまりに欠ける部分があり、それが逆に全体としての力強さを強調している印象。加水するとふわりと甘い香りが広がり、口当たりもマイルドに。通常品よりも上質な味わいに変化するが、このブーストアップは長くは続くない。

IMG_20190605_214043

日本市場向けに販売されたという、IWハーパーのハイプルーフ版。8~10年程度の熟成を感じさせる原酒がメインで、所謂ボンデッド仕様。樽感はリッチで、度数の高さが各フレーバーのアタックの強さ、スパイシーさを後押ししています。
加水では柔らかくマイルドだったハーパーが、実は猫を被っていただけだったことを思い知らされる。パンチのあるハーパーということで、結構人気のあるブランドだったようですね。

リリースは1980年代後半からで、まさに今回のボトルから。当時日本がバブル景気の真っ只中かつ、バーボンブームもあった時代ですから、日本向け限定品がリリースされるのも自然な流れのように思います。
一方で、1990年代に入ると、今回の金色のハーパー伝統のラベルから、濃い銀色のメタリックカラーにチェンジ。流通期間はこちらの方が長かったのか、ハーパー101proofというと、イメージはこのボトルという方が多いのではないでしょうか。

Screenshot_20190705_192451

変更の経緯は、推察ですがスタンダード品であるゴールドメダルと見た目で区別がつきにくかったためではないかなと。実際、トップ画像に90年代流通のゴールドメダルが写り込んでいますが、メダル部分が101Proof表記になってるだけで、あとはほぼ同じ。
一般の、それもお酒に興味関心がない方が見たら、全く同じものに見えてもおかしくありません。

なお1980年代は、先日投稿したハーパー・プレジデントもリリースされており、同じく日本市場向けとされるボトルです。
こちらは15年以上熟成させた長期熟成原酒がメインと考えられる構成で、加水ですがしっかりとした熟成感とマイルドでメローな味わいが売り。
金が動くところにヒト・モノが集まるのは摂理とはいえ、本国の皆様はこんな良いもの飲まないでなに飲んでたのっていうと、ライト路線が主流で、濃い味はあまりウケていなかったそうで・・・。(なんて贅沢なw)


以下、余談。
ヘブンヒル系列の話ではありませんが、先日ジムビーム蒸留所の貯蔵庫で火災が発生。2棟40000~45000樽が焼失(一部は河川に流入し、川の色が変わってしまったと)するニュースがありました。

火災のあった貯蔵庫は、若い原酒を貯蔵していたものだったこと。また、同社が貯蔵する樽数は約330万樽であり、今回の焼失は1%強にしか過ぎないため、影響は軽微。
むしろ、燃え残った原酒が、瓦礫の中から河川に流れ込み続けないように、しばらく燃やし続けるなんていうアナウンスに、蒸留所としての規模の差を見せつけられる形にもなりました。4万って数字のインパクトに加え、燃えなかった樽の回収しなくていいの!?とか思っちゃいますよね。

IMG_20190705_185808
800

アメリカの蒸留所では、落雷による火災がこれまでもあり、有名なのが1996年旧ヘブンヒルの火災焼失。またジムビームでの2003年にあった火災は、火炎旋風まで発生するインパクトのあるものでした。
なおこの時の動画が、2015年ごろに何故かTwitter等で拡散したため、今回のジムビームの一見を「また?」と感じる人もいるかもしれません。
いずれにせよ、影響は軽微で何よりでした。

画像引用:https://www.apnews.com/a5f382c5eff7430eb3f6fdc7b47bce6a

このページのトップヘ

見出し画像
×