アードベック・パーペチューム 200周年記念ボトル 蒸留所限定販売品

カテゴリ:
スコットランド旅行から帰ってきたウイスキー仲間から、アードベッグ蒸留所の200周年記念ボトル(蒸留所先行販売)、パーペチュームを飲ませてもらいました。
ウイスキーのサンプル交換が縁で色々繋がりが増えており、うれしい限りです。
このボトルに限らず、色々サンプルをもらっているのですが、MHDの件を優先した結果UPが遅れていました。
 
ARDBEG  "PERPETUUM"
BICENTENARY COMMITTEE RELEASE
Distillery Release
700ml 49.2%
アードベック200周年記念
評価:★★★★★★(6)
 
"燻した麦芽にレモンピールを思わせる、スモーキーさと酸味、苦味を感じるアロマ。消毒液、乳酸系の若い香りもある。
口当たりは度数を感じさせないスムーズさがあり、乾燥した麦芽、アーモンド、微かな土っぽさ。そこから徐々にスパイス、ピーティーでスモーキーさが際立ってくる。
フィニッシュは蜂蜜レモンにピート、乾燥させた魚介、ビターで香ばしく、口に含む毎に積み重なっていくような長い余韻。
少量加水すると香りはよりシャープになるが、味は蜂蜜やモルティーな甘みが強く感じられるようになり、全体的にバランスが向上する。"
 
 
このボトルを飲むにあたり、ノーマルなアードベックTENも久々に飲んでおきました。
同系統にあるボトルという印象でしたが、200周年のこのボトルのほうが引き出しが多く、アードベック蒸留所のキャラクターを充分に楽しむことが出来ます。
香りからすると若さが感じられるものの、味はスムーズでそこからフレーバーが広がる点や、特にこの少量加水後のノビは評価ポイントです。
また、この口当たりのスムーズさというか柔らかさは、アードベック全盛期のひとつとして知られる1970年代の特徴を思わせる要素でもあります。

樽はプレーンオークだと思いますが、てっきりシェリー系を使ってくるのだと思っていました。
結構な本数、出すつもりなんでしょうか。これもまた美味しいアイラモルトです。
Wさん、ありがとうございました!

ちなみに、販売開始はアードベックデーの・・・(うわまて何をする)・・・。
お値段は意外と良心的な設定(禁則事項のためこれ以上は)がされており、味からすれば相応って感じです。


販売開始や価格については情報が公開されましたので、以下も参照ください。(5/18)

リリースされた一般市場向け。飲んできました。(6/2追記)
購入はどうするかな…(´Д` )
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1029422498.html

マッカラン1824 ルビー 2015年新規ロット

カテゴリ:
昨年3月、日本向け正規品がリリースされたマッカラン1824シリーズ。
本来は4種類あるのですが、日本向けには大人の事情で一番下のグレード(ゴールド)がカットされて、アンバー、シエナ、ルビーの3種類というラインナップ。
 
日本向けでは「100%シェリー樽」というマッカランのこだわりもアピールされ(他国向けは違うという話)、特にルビーは100%1stフィルシェリー樽、しっかり濃厚な味わいが特徴です。
これは当時で2万という価格設定なだけあって、そこそこ良い出来でした。 
そして、この1824シリーズの2015年正規ロットが日本に入ってきたワケですが、アンバーとシエナは代わり映えしなさそうだったので、とりあえずルビーだけ飲んできました。
なぜって、ルビーは去年のロットと比較して明らかに色が薄くなってたんですよね・・・。

MACALLAN1824
RUBY
2015 Lot
43% 700ml

IMG_1769

暫定評価:★★★★★(5)
 
"油絵の具の混じったシェリー香、レーズン、徐々にドライオレンジ、微かにアーモンドの香ばしさ。
ドライで天津甘栗のような甘く香ばしさのあるチャーオーク由来のアロマもある。
適度なコクのある甘い口当たり。ドライプルーン、ブラウンシュガー、徐々にチャーオークや濡れた木材、えぐみを感じる木のアロマ。フィニッシュはビターでドライ、タンニンが舌に染みこむ。"

2014年のロットからシェリー感のみを薄くして、その他のフレーバーはそのまま残したような印象です。
結果、変化が感じ取りやすくなった反面、少々アンバランスになってしまった感があります。
 
ラベルチェンジと共に味が変わるのは、この業界よくある話です。
ただこの1824のルビーに関しては、ラベルが変わってないのに味を変えて、しかもちゃっかり値上げもしちゃってるワケです。20000→24000円で20%UPです。
マッカラン18年が4月1日の値上げで20000円近くまで上がったのと、1996ビンテージの18年はフルーツ感が薄かったので、だったらルビー買っても良いんじゃないかと思っていたところに、これです(笑)。
  
うーん、まぁアジアをはじめウイスキー途上国でマッカランの需要が急上昇している中、大量生産で品質を維持するのは難しいのでしょう。ちょっと残念ですね。もちろん好みもあるので、こちらのほうがバランスが良いと感じる人も居るかもしれませんが、ことシェリー感だけで言えば明らかに薄くなりました。

IMG_1772
(写真左:2015年ロットサントリースピリッツ表記。 写真右:2014年ロットサントリー酒類表記。) 

ちなみに2014年旧ロットと2015年新ロットの見分け方ですが、日本向け正規品に関しては、裏ラベルで、サントリー酒類が入れているのが旧ロット、サントリースピリッツが入れているのが新ロットになります。
もしBARで2種類入れてる店があるなら(日本橋のY'sLAND IANにはあります)、飲み比べしてみるのも良いかもしれません。
 

ローズバンク21年 リミテッドエディション 2014年ボトリング

カテゴリ:
流石に出ないだろうと思っていたローズバンク。
しかしまさかのリミテッドリリース第3弾として、今回のニューリリースにラインナップされていました。
限定4530本、値段は1本5万強。まぁ強気というかそれでも相対的に見れば良心的と思えてしまうのは、その他のリミテッドエディションの価格設定故の話。
いずれにしても、くりりんの戦闘力ではまったくもって勝ち目がありません(笑)。

ROSEBANK
AGED 21 YEARS
Limited Edition
Distilled in 1992
Bottled in 2014
55.3% 700ml

IMG_1779
暫定評価:★★★★★★(6)

”微かな酸味と青い植物っぽさのある、クリーンでエッジの鋭い香り立ち。レモンを思わせる酸味からクッキーの甘いアロマ。
口当たりはクリーンでトーンの高い甘さから苦味に変化する。香り同様に植物っぽさと微かにハーブの爽やかさ、時間経過で徐々にレモンやオレンジなど柑橘系ピールの砂糖漬け。
フィニッシュはローランドらしくピリピリとしたスパイスがあり、ドライであっさりとしている。”


1993年閉鎖のローズバンク、その1年前のいまや貴重になりつつあるモルト原酒。
樽はリフィルアメリカンオーク樽で、カスクストレングス4500本ですから、バットにしろホグスにしろ、結構混ぜてますね。あまり樽の影響は感じ無かったことから、構成的には2回目あるいは3回目でしょうか。
これまたディアジオさん、うまいことローズバンクらしさ、ローランドらしさを出した味に仕上げてきています。

時間経過が必要なモルト、というのはIANのマスター談。
確かに口開けよりも時間がたったほうがローランド系のトーンの高いハイプルーフな味わいに変化が出てきます。
ディアジオの資料にはアペリティフとありますが、確かにこういう適度にドライでトーンの高いべたつかない甘さのある味わいは、その系統で力を発揮しそうです。
しかしまぁ5万のアペリティフってその後のコース何食べるんだって話なんですけどw

なお、ディアジオからのコメントとしては、
「以前の25年(1981年蒸留)と21年(1990年蒸留)と比較して楽しんでみたら良いんじゃない?」
いやーもうね、良い度胸だなと。しれっと高いハードル次々に設定しやがって、ネタか?ネタなのか?w

このページのトップヘ

見出し画像
×