ベンリアック21年 オーセンティクス ピーテッドモルト

カテゴリ:

様々な飲み手のご好意に甘えっぱなし、サンプルテイスティングのコーナー(笑)。
貴重な手持ちボトルを分けていただく代わりに、くりりんがブラインドテイスティングで真剣に悩む。
時に珍回答でネタ(まれに伝説)を提供する。
ブラインドテイスティングって、解答する側も楽しいんですが、出す側もまた楽しいんですよね。

今回は引き続きHP氏から頂いたサンプル、残すところ後2種類です。
ここまでのブラインドはそこそこ当てているため、「くりりんなかなかやるやないけ」と思った人が居たら、それは宝くじに当たったようなモノで、たまたまです。今回はなかなかやらかしました(笑)

BENRIACH
Aged 21 years
AUTHENTICUS
Peated malt
46% 700ml
12016233_878445172225878_538668912_o

【ブラインドテイスティング回答】
蒸留時期:1980年代(おそらくは後期)
熟成年数:15年
度数:43~46%
樽:バーボンホグスヘッドかあるいはバッティング
地域:アイラ
蒸留所:ラフロイグ

評価:★★★★★★(6)

香り:焦げた木や土の香りを思わせる強いピートフレーバー。奥から麦芽、アーモンド、バニラの甘さや柑橘系のアロマ。アルコール感由来か、メンソールのスーッとする香りもある。

味:口当たりは少々粘性があり、ナッツを思わせる香ばしさ、噛み応えのある麦芽風味、徐々にスパイス。
口の中で転がすと、強いピーティーさの裏に熟成されたモルトの旨み、ライチや果実感が見え隠れし、ピート一辺倒なモルトにならない良い意味での複雑さを与えている。
フィニッシュはクラッカーの香ばしさと強いピーティーさ、煙が長くとどまるビターな余韻。バニラの甘い香りと焦げた木のスモーキーさが鼻に抜ける。

ベンリアックがリリースするピーテッドモルト。
現行品では25年がリリースされていますが、その旧ボトルにあたる21年です。
リリース時期から逆算すると、原酒は1980年代。オーセンティックの由来のとおり、古き時代、100年前のピートが大量に炊かれていた時代のウイスキーを再現したモノなのだとか。
熟成されたベンリアックらしいスムーズな酒質に強力なピーティーさが乗っかって、個人的には結構好みですが飲み手を選びそうな印象もあります。
調べてみると値段も手ごろだし1本ほしいなと思ったのですが、ネットショップ上には既に在庫はなく。
そりゃそうですよね~25年高すぎですし(汗)。これならハイボールで飲んでも美味しそうです。


さて、それでは今回のブラインドの回答を上から見ていきましょう。
蒸留時期。良いですね、バッチリです。
熟成年数。ちょっと外しましたが、致命的というほどではないですね。
度数。これはOKでしょう。
樽。明記はありませんが、蒸留時期的にもこんな感じじゃないでしょうか。
地域及び蒸留所。なんだこれはwwww

女々しくもいい訳させていただくと、バニラ系の風味にピートフレーバーと、結構ラフっぽい香味です。
しかし、そこにひっぱられてヨード等のアイラ要素の無さを無視してアイラに着地。改めて飲みなおしてみると、アイラモルトとしてはどこかパーツの足りない印象を受けます。
ラフロイグっぽい味わいのモルトはアンノックやエドラダワーのピーテッドにあるのですが、ここにもあったとは。。。完全にノーマークでした。

テイスティングは舌と鼻が撮影した写真を、脳が認識する作業だと思うのですが、撮影された写真のどこにピントが合っているかによって、脳の認識が変わってくる。結果今回のようにヘビーピートのスペイサイドをアイラを認識することもある。
今回はまさにその典型的な例。やらかしはしましたが、良い勉強になりました!


※お知らせ※
気が付けば更新待ちのサンプルが長蛇の列を作っております。中には1ヶ月待ちのボトルも・・・。
HP氏のサンプルも、連休に入ったり帰省と被ったりで、だいぶお時間頂いてしまいました。
皆様ありがとうございます。漫画家のファンレターじゃありませんが、1本1本ちゃんと飲んでおりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

スプリングバンク19年(1995-2015) ウイスキーライブ東京2015向けボトリング

カテゴリ:
先日モダンモルトウイスキーマーケットに合わせて開催された、 ウイスキーライブパーティー。
その開催を記念してボトリングされたスプリングバンクです。
個人的に今のスプリングバンクは長熟でこそ光ると思っているので、今回のリリースは微妙なビンテージやなあと言う先入観があったのですが、見事に吹き飛ばしてくれました。

SPRINGBANK
WHISKY LIVE TOKYO 2015
Aged 19 Years
Distilled 1995
Bottled 2015
Cask Refill Sherry
55.9% 700ml

暫定評価:★★★★★★★(6ー7)

香り: ねっとりと濃い熟成感のあるアロマは果実感の奥からスモーキーさ が広がる。
ドライアプリコット、ママレードジャム、メープルシロップ。 挽き立ての小麦粉の粉っぽさと香ばしさにピートスモーク。

味: 蜂蜜やママレードジャムを思わせる粘性のある甘酸っぱさと麦芽の 香ばしさ。
中間はコクのある舌触りが続き鼻抜けは華やか、 フィニッシュは序盤のフルーティーさが舌をコーティングし、 香り同様にピート、ほろ苦さが感じられる長い余韻。

正直近年リリースのスプリングバンクの中ではかなり高評価です(25年など飲めてないものもありますが…)。★7いっても良いかなと思いました。 少量テイスティングなので暫定に止めますが。。。
それこそ評判の良かった21年も、ロット違い含めて飲ませてもらいましたが、自分としてはこちらのほうが好印象。味わい的には昔のバンクの味ではなく、基本的には近年系のバンクなのですが、樽との相性が良かったのか、かなりうまい具合にまとまっています。 
樽はリフィルシェリーということで、このコク、 旨みはどういう樽だったのか興味は尽きません

世のバンクラヴァーの皆様も、概ね評価良いようです。それでも購入見送りが多かったのは値段という大きなハードルのためか。(3万はちょっとなあ…。)

こういうリリースがスタンダードに増えて行くなら、バンク党に入党したいくらいです。

ピータードーソン ”スペシャル” 1980年代流通 リッターボトル

カテゴリ:

ピータードーソンは国内流通が少なかったブレンドですので、特級表記含めオークション市場ではあまり見かけませんが、昨年田中屋さんやリカーズハセガワさんが、1990年代初頭流通のハーフボトル(40% 375ml)を販売したので、ご存知の方も多いかもしれません。
オードがキーモルトと言われるブレンドで、自分も今回初めて開栓しました。

PETER
DAWSON
"SPECIAL"
1980's
1Litre 86Proof

評価:★★★★★(5)

香り:微かな酸味を伴う乾いた麦芽香、植物を思わせるえぐみ、ハーブ、奥にはシロップのような甘い香りもある。時間と共に微かにパフュームライクな香りが顔を出す。

味:粘性を感じる口当たり、香り同様に麦芽風味とトウモロコシを思わせる穀物風味、バニラウエハース。中間以降にシェリーのニュアンスが少しある。
フィニッシュは少々べったりとしている。カラメルの甘さとドライフルーツの微かな酸味、ほろ苦さを伴う。

ハイボールにするとストレート以上にスムーズで飲みやすいのですが、角ハイ傾向で、すっきりしているが芳醇な広がりがあるわけではなく。少し薄めに作って食事時にジャブジャブ飲んでしまっても良いのかも。

また、ピートフレーバーがあまり感じられないため、ピーティーなウイスキーが苦手な人には良いかもしれませんが、そもそもオールドブレンデットを所望する時点でハイランドモルト系のピーティーさに求めるところがあるはずで、このボトルは少々物足りないように感じます。

ピータードーソンはデュワーズ系列から原酒提供を受けていたようで、オードがメインモルトと言われていますが、このボトルは実際ちょっと怪しいところ。
スコッチオデッセイによると、1982年にキーモルトがインペリアルとバルメナックに変わっているそうです。
今回のボトルは1980年代中ごろ、あるいは後期あたりの流通で、この変更の影響を受けている可能性は高いです。

このページのトップヘ

見出し画像
×