バランタイン17年 1970年代流通 イタリア向け

カテゴリ:
ここのところブログのPV数が1500~2000前後で推移するようになりました。
ウスケバでやっていたときは500~600程度。スマホの普及で4~5年前以上にネットワーク環境に接続しやすくなったとは言え、発信してる情報のレベルはそんなに変わってませんので、純粋にこの5年間でウイスキーに興味を持つ方々が増えたという事なんだと思います。
ウイスキー業界復興の流れを感じますね。そして私は成長してませんね(笑)。

せっかくこれだけ見て頂いてるワケですから、なんか独自色というかこのブログだからこその発信をしたいなと考えています。
このブログを見に来ればコレがわかる、アタリがつく、みたいな。
自分の強い分野といえばオールドブレンド・・・かなぁ、そういえばオールドブレンドの情報は小出しでこそあるものの、総合的なブログって少ない気がします。
この5年間で飲んだオールドブレンドは写真の有無含め相当数あるわけで、それらをまとめて備忘録とするのも面白そうです。

というわけで、今回はオールドボトル。
オールドブレンドの代表格、飲まずにオールドは語れない"THE SCOTCH"ことバランタイン17年の1970年代流通です。

Ballantine's
17 Years old
43% 750ml
1975's

評価:★★★★★★★(7)

"サルタナレーズンと品の良い麦芽香、ブラウンシュガー、スモーキー。
スムーズでモルティな口当たり、レーズン、ドライアプリコット、中間から分厚いピート。余韻は長くスモーキーでドライ、華やかで長い。"

オールドのバランタインの素晴らしさは、その独特な香味にあると思います。
バランタイン味と申しましょうか。無闇にシェリー系、カラメル系ではなく、かといって名も知らぬブレンデットのようにまろやかなだけで個性に乏しいわけでもない。
ハイランドモルトの優しくも馥郁とした風味に、ピート、強いスモークが余韻を引き締める。
バランタインの香味はドリンカーを虜にする魔力があり、琴線に触れた人は一気に沼に引き込まれます。
私の周りでは何人も沼に落ちていきました。気がついたら自分より買っていたなんてのは良くある話(笑)。

バランタインの年代判定は比較的簡単な部類で、今更書くこともないかもしれませんが、紋章の色+その他諸々の情報から絞り込みます。
ただこのボトルに関しては付属品に1975年に1万本の流通として、流通年次が記載されていました。日本流通であれば従価特級表記がある時代、当時の輸入は明治屋です。


単純計算で、このボトルに使われた原酒の蒸留時期は、1950年代ということになります。
魔法の7柱各種もしっかりと稼働中だった頃。

先日記事にした1980年代初頭流通の30年も素晴らしい出来でしたが、この17年も文句なしです。
これから飲まれる方は覚悟のうえ、用法用量を守って正しく飲用ください。

ニッカ 竹鶴21年 〜9/1からのウイスキー値上げ速報〜

カテゴリ:
今日の記事の書き出しは、やっぱりこのネタから。
サントリーが2015年4月1日から一部商品の値上げを実施したところですが、動きの無かったアサヒビール(ニッカウイスキー)が昨日ついに2015年9月1日からの値上げを発表しました。

国産洋酒、輸入洋酒、輸入ワインの価格改定についてのお知らせ(2015/5/13)
http://www.asahibeer.co.jp/news/2015/0513.html

いつかはくるだろうと思ってましたが、ついに来たって感じですね。
ブラックニッカシリーズを据え置きしたのはサントリーと同じ戦略ですが、対象は19ブランド43品目、その値上げ比率は9~44%!
公開されている情報だけでも竹鶴21年が最高値上げ幅で15000円。元々低価格だっただけに上げ幅もでかい。
あの味でこの値段は安いと常々思っていましたが、ついに値段相応になってしまいました。

今回のプレスリリースで価格改定が明記されているジャパニーズは10ブランドのみ。
残り9ブランドに何が含まれるか…っていうか数えてみると19ブランドはブラックニッカを除くほぼ全ての通常販売ラインナップが入ることになります。当然シングルモルト余市、宮城峡が含まれる可能性は大です。たぶん2~3割は上がるんじゃないでしょうか。上がらなかったら儲け物です。
詳細及び値上がり後の価格は、各店舗に通達があるでしょうから、何かわかりましたらまたUPします。


(※5/19 追記)
値上げリストが手に入りましたので、以下にまとめました。
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1027880331.html


さて、前置きが長くなりましたので後はあっさり行きます。
今夜はそんなニッカウイスキーから値上げ確定の竹鶴21年です。

NIKKA
TAKETSURU
21 Years old
43% 700ml


"甘い熟成した樽香、焦げた麦芽にドライパイナップルの華やかなアロマ。微かにスモーキー。
口当たりはメープルシロップの甘み、黄桃やリンゴのコンポートーを思わせるフルーティさ。ウッディーで徐々にピートも感じられる。 フィニッシュはドライで華やか、長く残る。"


竹鶴21年の特徴というか良さはなんと言っても"ジャパニーズらしからぬ"フルーティーさ。そこに余市や宮城峡の長期熟成原酒を思わせる樽の香りがある。
17年も良いですが、やはり21年を飲むと完成度という点で霞んでしまいます。

"ジャパニーズらしからぬ"と囲った理由はお察し頂ければと思いますけれど、ようは旨けりゃ良いんです。
上でも書きましたが、この味で実売10000円未満を保っていたのはすごいことです。
勿論数年前は、周りのウイスキーも安かった時代で、ジャパニーズ買わずとも同じ値段で1960年代、70年代のスコッチが買えたわけです。飲み手側が盲目だったとは言いません。
しかしこうしてやっと光が当たったところで値上げが告知されると、寂しさというか、「ニッカ、お前もか。。。」とつぶやいてしまいます。

今年の夏のボーナスは、お気に入り銘柄の買いだめかな。
あ、でも市場は品薄なんでした。
これは駆け込み需要&これまでの品薄が相乗して、大変な事になりそうですね。

グレンオード 23年 1974年蒸留 レアモルトセレクション

カテゴリ:

昨日は台風の影響でムシムシした帰り道。
帰宅後はビールで体の中の汗を流してさっぱりしたら、次は夏場に強いトーンの高い系を。

自分のテイスティングで使っている"トーンの高い甘さ"という表現。これはレアモルトやグリーンケイデンなどに多い、クリアでべたつかないハイプルーフな香味のこと。
特にレアモルトは熟成方法の関係かバリバリのハイプルーフが多く、湿度が高い暑い日は、この手の香味を重宝します。
このオードも例に漏れず期待通りの味わいでした。

GLEN ORD
RARE MALTS
23 years old
Distilled 1974
60.8% 700ml
評価:★★★★★★☆(7)

"クリーンでハイプルーフらしいトーンの高い甘さ、鼻の中がピリピリする。微かにバニラとワクシー。
口当たりはオイリーで酸味のある麦芽香、パワフル。香り同様にクリアでナチュラルな構成。
フィニッシュは程よくビターで、アルコールが喉の奥を刺激する。
少量加水すると麦芽感が増し、蜂蜜の甘さや柑橘系の爽やかさも。厚みがあってナチュラルな香味は1飲の価値あり。"


1970年代前半流通でありながら、23年というピチピチ、適度な熟成期間。
さらにリリースが少ないオードのオールドビンテージに、レアモルトシリーズ。
ウイスキー好きとしてはラベルだけで「ウホっ、イイモルト」となるのは仕方ない話。

その中身は一言でレアモルト味、と言えばそれなりに飲んでいる方には伝わるであろう香味です。
ただ度数が強く全体的にパワーがあるため、飲み進めるとコクというか複雑さを加えている要素がちらほらと見えてきますが、後一歩踏み込めない。
そこで少量加水。すると見事にオードらしい厚みのある麦芽感や柑橘系を思わせる爽やかな味わいが前に出て来ます。このポジティブな変化は加点対象ですね。

ウイスキーを本格的飲み始めた時はカスク至上主義に走り、加水調整を軽視していた時期もありました。
なんでこのボトルは43%にしたのか・・・とか、そのボトルの香味を一番感じるためには加水やトワイスアップは不要、とか。
しかしこういうボトルに出会うと、そのボトルが持つ香味を引き出す手段として、あるいはより旨く飲むための手段として、加水の重要性を認識しますね。
自分のオススメはハーフ15mlに対して3mlくらい。適度なアルコール感を残しつつ薄くなった印象も無く香味が開きます。


このオード、実は自分のボトルではなく愛知方面のモルト仲間から強奪したモノ。
いつもお世話になっております(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×