笹の川狂想曲最終章? ついに明かされる最終兵器・山桜レアオールドウイスキー250周年記念ボトル

カテゴリ:

「え、まだ出すの?」
つい1週間ほど前、笹の川酒造の新商品に関する情報が入ってきました。

かねてより原酒を買い付けているという話があり、創業250周年を記念して何かしらのリリースがあることは予想されていました。そして夏のギフト商戦にピュアモルト15年カスクストレングス、シェリーカスクフィニッシュが合計100本程度投入され。流石にこれで終了だろうと、思っていた矢先のこと。
笹の川さんはさらにとんでもないネタを仕込んでいました。

本記事はどの程度のトーンで情報を上げるか悩んでおりましたが、今朝方笹の川の社長自らFBに記事をUPされ、サイト上でも情報を公開されましたので、当ブログでも取り上げさせていただきます。



YAMAZAKURA
rare old whisky
Celebrating our 250th Anniversary
700ml 約53%くらい

メーカーサイトは以下。
販売本数は30本、予約は9月25日~。
http://www.sasanokawa.co.jp/topics20150915_2.html

サイト情報からこだわり具合は伝わってきますが、使われている原酒についてはあまり書かれておらず、蒸留所不明、度数すら不明(情報提供により53%程度とのこと)。
しれっと他の原酒も混ぜたことを触れて、ただし容器と木箱についてはアツく語る。
なんていうか、飯屋の店主が食器とお箸にこだわっている感じ。
我々が説明してほしいのは料理のほうなんだけど・・・。
絶対の自信があるのか企業秘密なのか、それもとニッカウイスキーの竹鶴政孝氏よろしく、ボトルは衣装として素晴らしものを用意したということか。店主はこれ以上語らない。ならば公式発表ベースにこれまでの流れからわかっていることを整理しておこうと思います。


笹の川のラインナップに「THIS is」というアメリカンスタイルウイスキーがあります。
ケンタッキーから輸入した原酒をベースにして、バーボンタイプのウイスキーに仕上げて販売している地ウイスキーのひとつ。
今回リリースされる山桜レアオールドウイスキーの原酒には、このTHIS is用に買い付けた原酒が使われているわけですが、この原酒はこれまでもいくつかのエピソードがあります。

笹の川酒造は買い付けた10年程度熟成のバーボン原酒(過去の記録では5年以上という発表もあり)をそのまま樽で同社倉庫で熟成(単に在庫がはけていかなかっただけという可能性が微レ存)させた後、おそらく過熟防止のためだったのでしょう、貯蔵タンクに移し、そして約20年間の長きにわたってタンクに入れた原酒の存在を忘れていました。
元福島県民として言わせていただければ、福島県民はとても"おおらか"なのです。

ある日その原酒が発掘され、笹の川酒造はチェリー・アメリカンスタイルウイスキー20年をリリース。
2006年頃にはベンチャーウイスキー社からクエッション「?」シリーズがリリースされ、タンクに忘れ去られた謎のバーボンとして話題となりました。
クエッションシリーズはその後メーカーズマークの樽で再熟成したクエッションMなどもリリースされ、どれも今考えれば破格と言える値段で高品質なオールドバーボンが詰められていました。
逆算すれば1970~1980年代蒸留、一説ではヘブンヒルと言われる原酒のハイプルーフです。不味いわけがありません。
今回の山桜レアオールドのメーカー説明文の中にある「これまで2~3地区からの依頼で限定品として出荷した」というのは、これらのリリースのことではないかと思われます。

メーカー発表を整理すると以下の通り。
・30年以上前に10年モノ以上との指定で原酒を購入
・5年ほど笹の川の倉庫で熟成
・その後20年ほどタンクで貯蔵(放置とも言う)
・タンクから取り出し数年間バーボン樽で再貯蔵(おそらくクエッションシリーズの関連)
・別途貯蔵していた原酒を厳選し、ブレンド(リリースされた山桜の原酒か、買い付けたモノか)
・最後にシェリーフィニッシュで仕上げたらしい(情報提供アリ)

以上の通り大変貴重な約40年前のバーボン原酒がベースとなったウイスキー。
ボトルには10本作って1本出来るかどうかというこだわりの手吹き容器採用。 
笹の川酒造の250周年を祝う、記念すべき1本。

これまでの流れから推論を積み重ねましたが、後は飲んでからですね。
それでは最後に、このウイスキーの希望小売価格を記載して、結びとします。

お値段
176,500円(税別)(税込190,620円)


(´Д` )…山桜ェ…
1ショットいったいいくらになるんだろう・・・(ガクガク

ボウモア16年 (1997-2013) シグナトリー

カテゴリ:
HPさんから頂いたブラインドテイスティング第5問目。
このボトル、 回答詳細を送る前に正解が送られてきてしまうというフライングが あったので正解云々は抜きにしますが、 樽の個性に惑わされずに蒸留所の本質を探れたことは、 テイスティングの良い経験になりました。

BOWMORE
Signatory Vintage
Aged 16 Years
Distilled 1997
Bottled 2013
Cask Hogshead
54.3% 700ml

11994050_872396966164032_2121246336_o

【ブラインドテイスティング予想】
蒸留時期:1990年代後半(90年代なら97、あるいは2000年代もあるかも。)
熟成年数:15年程度
度数:55~60%程度
樽:リフィルシェリーホグス
地域:アイラ
蒸留所:ボウモア

評価:★★★★★(5)

香り:バルサミコ酢のようなムっとする酸味と紙っぽさ、麦芽、アルコール感強く鼻腔を強く刺激する。
スモーキーさはあるがそれほどでもない。塩素、徐々にマシュマロのような甘さも。

味:甘酸っぱい口当たり、微かに粉っぽい舌触りがあり、中間から徐々にボウモアらしいピート感、グレープフルーツ系のフレーバーが出てくる。少しボディが軽い印象も受ける。
余韻はアルコールのヒリヒリ感、薄めた蜂蜜、ピートをあまり感じずさっぱりとしている。


散々悩んでボウモア指定し、蓋を開けてみればボウモア。
しかし決してイージーモードではなく、シェリーホグスと思しき樽構成で、果実味は薄く、序盤の酸味とシトラスのような爽やかさに首を傾げる内容でした。中間以降にうっすらと現れてくる"らしさ"を拾えなければ、カリラ、あるいはハイランド系(例えばグレンギリー)に流れるような大ハズシの可能性もあったと思います。

基本的には旨いボトルですが、王道的な90年代フルーティーボウモアと思ってテイスティングすると、少々肩すかしかもしれません。
飲んでいて真っ先に思い出したのは、昨年信濃屋さんから販売された太陽と月シリーズのボウモア1997"月"。このボウモアは過去Whisky link上で紹介記事を書かせて頂きましたが、読み直して見ると今回感じた内容と共通点が多いです。
この時も"ハイランド系とも感じられる"という表現が使われていて、ブレてないのか成長してないのか、自分の頭はこの手のフレーバーについてそういう認識をする回路が形成されているようです。

また、ウイスキードリンカーのなかで度々語られるのが「シグナトリーの薄さ」。
シグナトリーのリリースは、なぜか加水にしろカスクにしろボディが薄いと言われることがあるのですが、このボトルも度数にしては香味が少々薄く感じました。
テイスティングではその分アルコール感を強く拾ってしまったのか、度数を高めに回答しています。

90年代のボウモアもどんどん貴重になってきました。近いビンテージでの樽違い2種。テイスティングの機会を与えて頂いてありがとうございます。

キリン 富士御殿場蒸留所が見学行程をリニューアル(9/18から)

カテゴリ:

首都圏からほど近く、 恐らく東京からのアクセスとしては最も見学しやすいであろう富士 御殿場蒸留所。
箱根や山中湖畔で宿を取って、御殿場アウトレットで家族が買い物してる間に、パパは富士御殿場蒸留所見学、なんてプランも出来てしまう。
そのキリンから、昨日17日に富士御殿場蒸留所の見学ツアーをリニューアルする旨が発表されました。


キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所の見学コースを"体感型"にリニューアル
http://www.kirin.co.jp/company/news/2015/0917_03.html

"新たな"体感型"の見学コースは、昨年導入したプロジェクションマッピングに加え、ウイスキーに含まれるさまざまな香りを体感できる「香りのブース」のほか、当蒸溜所の特長である複数のグレーンウイスキー蒸留器や、全長20mの連続式蒸留器の中の蒸留の様子などをCG映像で見ることができる「原酒を感じるコーナー」など、当蒸溜所の魅力を楽しんでいただける内容になっています。"
※キリンビール株式会社ニュースリリースから抜粋

ウイスキーマガジンなどの雑誌で特集が組まれそうなリニューアルです。
なんといても連続式蒸留器の中の蒸留の様子がCGで見れるというのは良いですね。
連続式蒸留器の蒸留の流れは、単式蒸留器のそれに比べて中々文字では伝えにくいところがあり、CG映像というのは非常に良い試みだと思います。
(もちろんわかりやすく、正しく作られていることが大前提ですけど。)

これから秋に向かうにつれて、箱根、御殿場近辺は紅葉目的の観光客も増えるでしょうから、新しいサービスを発表するには良い時期です。
富士御殿場蒸留所のフルーティーでエステリーなモルトが好みである自分としては、キリンさんにはサントリーやニッカに負けないようがんばって欲しいところ。

ロードバイク走らせて、見学しに行ってみようかな。
(試飲が富士山麓50%だけだと、多分飲まないのでw)

このページのトップヘ

見出し画像
×