キニンヴィ1990 (23年) 42.6% 台湾向け

カテゴリ:

幻のモルトのひとつ、キニンヴィ。

1990年蒸留23年熟成、42.6%。
台湾向けに販売されたバッチ1。


IMG_1369 

評価:★★★★★(5)(!)

"蜂蜜や麦芽の甘い香り立ち、微かな青さ、スワリングでオーク香も顔を出す。
口当たりはライトで、じわじわと甘くほろ苦い麦芽の風味が盛り上がってくる。
あわせて微炭酸系のピリピリとした刺激、白木のニュアンス、ほのかな植物感、
フィニッシュはビターでドライ。オーク由来のフルーティーな戻りも。"



キニンヴィはフィディック、バルヴェニーに次ぐグランツ系列の第3蒸留所。
言われてみると、フィディックやバルヴェニーにもどこか似てるように感じます。
生産された原酒はすべてブレンドに回され、モルトとしては通常出回らないところ非常に珍しいリリースです。

今回運よく、飲ませていただく機会に恵まれたわけですが。。。
ウイスキーに目覚めたころ、どうにかしてキニンヴィを飲めないかとBARを回ったことがありました。
個人的に当時キニンヴィは、3大レアといわれるベンウィヴィス、レディーバーン、キンクレイス以上に出会いにくかった気がします。そして最終的に飲めたのがヘーゼルウッド。

キニンヴィであると言われる限定ボトルですが、どシェリーで何がなんだかわからなかったというオチ。

そこから数年、まさかここに来て再度チャンスが来るとは思いませんでした。
このボトルは複数樽バッティングながら、樽感はニュートラルな部類であり、味と香りに乖離がなく、非常に素直なウイスキーです。
キニンヴィのキャラクターを味わうという意味ではかなり良い教材だと思います。

竹鶴17年 ピュアモルト

カテゴリ:

3000~5000円の価格帯は、モルトウイスキーとし
て選べるモノがぐっと増える面白いレンジ。

最近オフィシャルボトルで元気なモノも出てきて侮れません。
その中で竹鶴17年は非常に評価の高いボトル。
最近のロ
ットは抱えていなかったこともあり、自宅にお招きしてみました。

11021094_642955139183217_4742107892390072278_n


評価:★★★★★(6)

”口当たりからミドルにかけて主張がある、サルファリーで
ほのかに甘酸っぱいシェリー樽原酒。
熟れたフルーツや松の樹皮のようなどっしりとした個性を感じる新樽原酒。
フィニッシュにかけては、バーボン樽原酒により昨今トロピカルと称される黄色いフルーツ感。
そして柔らかいピートがじわりと残る。”

新樽、バーボン樽、シェリー樽、大きく分類して3種類の要素が感じられる構成。
特に開封直後はその分離感が強いですね。

これらの個性が渾然一体・・・というより、それぞれ主張
し合っている感じです。
また、それでいて不思議な飲みやすさがあり、ストレートでもスイスイいけます。


好みを言えば、ニッカシェリーの代名詞ともいえる硫黄があるのが気になりますが、この味わいでこの価格は言うことなし。
特にこの手のフルーティーさがしっかり感じられるボトルは、このレンジでは中々ありません。
自分にとってはこのフルーツ感がポイントですね。他にあるなら教えてください、割とマジでw


BAR飲みでも良いんですが、安ければ3000円台、自宅で気軽に楽しむのもアリだと思います。

妻自作ウイスキーチョコレート

カテゴリ:


妻の手作りウイスキーチョコレートクイズ@バレンタイン
「何を使ってるでしょうか!?」

1606870_637163563095708_7372207409860936617_n


仕事から帰ると作ってあった、ウイスキーチョコレート。
自分の開封済みストックを使ったみたいです。

2種類のうち1つはブレンド、もう1つはスペイ系のモルトというところまで絞れて、
結果モルトのほうは正解したけれど、まさかここまで良いヤツ使ってたとは思わなかった。思わず爆笑w。



正解は、
ブレンドチョコレート:キングスランサム1960年代流通。
モルトチョコレート:グレングラント1970。


20個作って20mlずつ使ったらしい。

 香りを確かめ、チョコと相性が良いものをチョイスしたと妻。
そりゃ旨いわw


ってかこんなの菓子屋で出したらいくらになるかわからんぞ。
 究極のバレンタインチョコになりました!(^O^)


(この投稿は2015年2月14日にFBに投稿しました。)

このページのトップヘ

見出し画像
×