ボウモア7年 シェリフ社時代

カテゴリ:
ラベルだけでテンションが上がるボトルの1つ。
シェリフ社時代のボウモア、シップラベルではないほう。

ボウモア 7年
シェリフ社 1960年代流通
43% 75CL


評価:★★★★★★(6)

「ひっそりした香り立ち、口当たりも柔らかく、
麦芽、パイナップル、徐々にピート香、実に優しい味わい。」

60年代ボウモアとは違う構成に驚かされます。
持ち寄り会でのコメントなので簡素ですが、またじっくり飲みたいボトルです。

シェリフボウモアの流通時期は1960年代前半まで、
中身は1950年頃蒸留のボウモアということになりますが、しみじみ系で予想外な地味さ。
オールドにありがちな香味が抜けてくすんだような状態ではありませんでしたが、
元々フェイクの多いボトルです。あまりにしみじみだったので、
ホントにこれはボウモアかという議論も仲間内であったくらいでした。

ただ黒ダンピー時代のボウモアとの共通点があり、まぁそうなんでしょうと。
飲みやすいブレンデット用の原酒が求められた時代だけに、
ボウモア蒸留所の苦労がうかがえます。

しかし・・・トロピカルを期待して買っていたら、卒倒モノだなぁ。
美味しいは美味しいんですけどね。

余談:裏ラベルに日本の業者シールがw
従価表記も特級表記もなく、イタリアで1960年代から過ごした後、
1990年以降に日本に入ったと思われる面白い経歴の持ち主でした。

鶴17年 ニッカウイスキー

カテゴリ:

ニッカウィスキーラインナップの中で、個人的に不遇だと思うのが"鶴17年"。
ネット検索をかけると竹鶴17年のほうがヒットするし、値段も高い。
蒸留所に行けば試飲が出てきて、イマイチありがたみが・・・。

さらに他社製品では響17年という強力なライバルも。
まず買うことは無いと思っていたんですが、
昨年オークションでジャパニーズ価格高騰の兆しが見え始め、
この値段はもう最後かも・・・と思わず仲間にしてしまいました。

鶴17年 43% (2014年購入品)



評価:★★★★★★★(7)

"乾煎りした麦芽のような香ばしさとザクロや木苺を思わせる甘酸っぱさ、
オーク由来のウッディネス、ナッツやバニラ。実に多層的。
口当たりは柔らかくコクがある。フィニッシュはスモーキーで余市モルト由来のピートが残る。"


響17年とは違うベクトルで、完成されたブレンデット。
飲み飽きない、飲み疲れない、次の1杯が進む味わいです。
個人的に好みなのが、余市の新樽長期熟成原酒の影響が結構強いこと。
最後のスモーキーさは上等な葉巻を連想させるニュアンスもあります。

まぁこの程度だろうと思っていた自分が居たんですが、
じっくり飲んでみると、ニッカのブレンド最高峰というだけあって地味に旨く、
多分2014年に開封したボトルの中で最速の飲みきり速度でした

1日3杯くらい飲んだかもしれません、最後はもうなんという介錯の仕方か(笑)。

スコッチでこのレベルのブレンデット買おうと思ったら、同価格帯じゃ無理っすよ。
これはもっと評価されても良いと思います。

(この投稿は2014年11月にFBに投稿しました。)

ボウモア1968-1977 Cask No,222 メインモルトにて

カテゴリ:

昨年11月、神戸に足を運んだ際、お約束のメインモルトでの1本。
1960年代蒸留で1桁熟成年数という、驚愕のハイプルーフボトル。
ラベルだけで高まってしまう(しかもレッドキャップ!)、
モリソン時代のボウモア9年シリーズです。

ボウモア1968-1977(9年) 59.7% Cask no,222


暫定評価:★★★★★★★★(8)

"ヒネ香、燃えた木を思わせるスモーキーさ、ヨード。
徐々にヒネは和らぎ、ベリーやグレープフルーツのアロマ。
口当たりはパワフルで甘酸っぱい。次第に赤土や削り節、ビターで焦げた感じもある。
フィニッシュはピートとピンクグレープフルーツ、
9年とは思えない熟成感があり、しっかりと長く続く。"


このシリーズは1969年蒸留のジャッコーネ、Barエデン、
ノーマルと3種類飲んでますが1968年蒸留には初遭遇!
どれもシェリーカスクですが、1969の3種類はプレーンなのに対し、
1968はシェリーカスクらしさのある色味と味わいでした。

香りにヒネがあるものの、味は弱った印象は無く、自分は好み。
9年でこれほどとは…と驚きの熟成感・完成度でもありますが、
たぶんボトリング直後はもっと荒々しくて個性的だったんでしょう
つくづく経年変化というのは心憎い仕事をしてくれます(笑)。

最近のボウモアとも共通する部分があり、ボウモア蒸留所の素晴らしさを改めて認識しました。
素晴らしいボトルをありがとうございました!

(この投稿は2014年11月にFBに投稿したものをリメイクしたものです。)

このページのトップヘ

見出し画像
×