グレンモーレンジ ”トゥサイル” プライベートエディション

カテゴリ:
 
先日スコッチの輸出減とバーボン出荷増と合わせて、樽の話をしました。
その中で原料、麦側に関する取り組みが注目されているとして話をまとめましたが、先日リリースされたグレンモーレンジ・トゥサイルもそのひとつ。クラフトビールの原料として使われているマリス・オッター種の大麦を、フロアモルティングで仕込んだものが原酒に使われています。
今回のディアジオのニューリリースの中で楽しみにしていた1本のひとつでした。
 
GLENMORANGIE
"TUSAIL"
PRIVATE EDTION
46% 700ml

IMG_1759
暫定評価:★★★★★★(6)
 
"品の良い甘い麦芽香に蜂蜜やドライオレンジピールを思わせるオーク香、微かに干し草のような乾いた香りもある。
口当たりは白粉、麦芽、スイートな甘さからドライアプリコットの甘酸っぱさ。
後半にかけては微炭酸のように小さな刺激が舌先に、乾いた木材と微かに油絵の具の香りが鼻に抜ける。
フレーバーには濃さがあり、フィニッシュは甘くドライで長く続く。"

一言で、モーレンジらしさのあるフレーバー構成です。
構成原酒としては明らかにされていませんが、今回のウリであるマリスオッター大麦は2004年にフロアモルティングされているようなので、熟成期間は10年強というところ。
オフィシャル18年ほどフルーティーではありませんが、麦芽の香味が強いリッチな味わいです。
劇的な変化ではないものの、1970~1980年代頃の流通のモレンジ・オフィシャル10年に共通する麦感の濃さが感じられて、良いじゃないかとうれしい気持ちになりました。
 
ウイスキー用の麦の品種改良は、悪天候に強く、そして効率的に糖化、アルコール摂取できる方向に進んでいました。また麦の製麦行程も、効率化の観点から各蒸留所で行われていたフロアモルティングが無くなり、モルトスターからの買い付けが主流となりました。
ところがそのその動きと合わせて原酒からコク、厚み、フルーティーさが消えていったわけです。
某博士は新しい品種で仕込んだニューポットを飲んで、「この原酒は失敗作だ、使えないよ」と、言ったとか言わないとか。
 
こうした中で、一部メーカーでは試験的に古代種の麦芽で仕込みをするなどして検証が行われていました。
フロアモルティングも見直され、一部蒸留所で復活の動きもあります。
「真にウイスキーに適した麦の探求」、樽の探求と同様にどんどん進んでほしいものです。

ダルウィニー ダブルマチュアード 2014年ボトリング

カテゴリ:
MHDクラシックモルトシリーズの中で、ひじょーに存在感が薄いのがダルウィニー。
まぁ味も同様に線の細い感じで、このリリースもまさに、ある意味で王道的なダルウィニーです。
 
DALWHINNIE
DOUBLE MATURED
Bottled in 2014
(1997-2014)
43% 700ml
11079848_837661002969605_1825095235_n

暫定評価:★★★★★(5)
 
”ひっそりとした香り立ち、微かな麦芽香とサルタナレーズンの酸味。
口当たりはスムーズでライト、紅茶のような甘みが徐々に盛り上がってくる。
フィニッシュは微かなハイランドタイプのピートと、麦芽の甘みが残る。”
 

オロロソシェリー樽でのダブルマチュアードらしいですが、あまり濃い味にはなっておらず、バランスの良い仕上がりです。良く言えば上品な味わいで、変なクセが無いのも好印象ですが、いかんせん全体的に小さくまとまった感じなのは、もう酒質なんでしょう。
昔は骨太な麦感としっかりしたピートがあったんですが・・・変わりに変わって今に至る。
味のベクトルは、変わってないんですけどね。
 
BAR飲みするならスターターとして飲みたい1杯。
アイラなどの強いフレーバーを好まない方や、飲み始めたばかりの方にはオススメな味です。
 
しかし・・・味と比例して紹介文も小さくまとまってしまいました(笑)。
  

ラフロイグ15年 200周年記念ボトル

カテゴリ:
今まさにウイスキーラヴァーの間で話題沸騰中の、ラフロイグ蒸留所200周年記念ボトル、通称バイセン。
ウイスキー仲間のご好意で、Friends of Laphroaig向けと同一ロットのモノを飲ませてもらうことが出来ました。
  
LAPHROAIG
15 years old
200th Anniversary
43% 700ml
評価:★★★★★★★(7)
 
"エステリーで柑橘系のアロマが広がる香り立ち、ラフロイグらしさともいえるバニラを思わせる甘いヨード香や、ナッティーなピート香もある。
口当たりはパイナップルやレモンピールを思わせる酸味と微かな渋みを伴うフルーティーさ、コクのあるボディに微かな潮気とスパイスを感じる。
フィニッシュはスモーキーで、ヨードの甘みの中にフルーツが戻ってくる。"
 

ラフロイグの200周年記念リリースのうちの1本。
近年のラフロイグはフルーツ系に振ってるなぁと思うボトルが結構ありますが、このボトルも例に漏れずフルーツ系でした。
しかし流石記念ボトルだけあって、ただフルーティーなのではなく、全体構成をしっかり考えてボトリングしている印象を受けます。
加水なので色々意見はあると思いますが、むしろ加水だからこそのバランス。加えて、それでもやっぱりラフロイグという個性もしっかりあるので、高い完成度を感じさせる要因にも繋がっているように思います。
 
個人的にラフロイグは、スコッチのオフィシャルで今現在最も安定している蒸留所のひとつ。
このバイセンは今後数万本単位でリリースがあるとのことですが、同じ味であるか、あるいはさらに良い味だったら良いなと期待しています。

このページのトップヘ

見出し画像
×