ダイナースクラブ 30年 バッテッドモルト 1990年代流通 40%

カテゴリ:
IMG_5749
DINERS
30 Years old
Deluxe Vatted Malt Whisky
1990's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:カラメルソースやカカオチョコレートを思わせる、深みのあるオールドシェリーの甘さとウッディーなほろ苦さ。奥からレーズンやダークフルーツソース、度数以上にこってりとした構成。

味:まろやかな口当たり。カラメル系のオールドシェリー、チョコレートケーキ、アーモンドのアクセントにレーズンの酸味も感じられる。ボディは度数以上にあり、ふくよかな甘さとウッディネスが主体。
余韻は少しピリッとした刺激、ビターでタンニンが染み込むよう。焦げたようなピートを思わせるニュアンスもある。

かつてのGMなどに見られたような、カラメルソース系のこってりとしたシェリー感主体のバッテッドモルト。ブレンドの質は少し粗め。1年前はインクのような癖が感じられたが、今はそれが抜けて古きよき時代のシェリーカスクウイスキーとして楽しめる。もちろんストレートで。

IMG_5751

クレジットカードのダイナースクラブが、会員向けにリリースしたウイスキー。そのラインナップの中でハイエンドと思われるのが、今回のバッテッドモルト30年です。
テイスティングの通り、こってりとしたオールドシェリー感が主体。今飲むとその意外性も含めて「おお!」となりますが、1990年代の当時としてはGMやグレンファークラスの長期熟成等、様々なボトルで珍しくない構成だったわけで、自分だったら「はいはい、またこの系統か」なんて思ってしまったかも知れません。

構成原酒は相変わらず不明。原酒の蒸留時期は1990頃の流通からマイナス30年で1960年前後。スペイサイド・ハイランドのピーティーさが今以上にしっかりしていた時代だけに、様々な構成が考えられます。
しいて言えばこのシェリー感とボディ、余韻に感じるピートの残った酒質から、グレンファークラスやグレンリベットあたりが使われていても、おかしくないかなと感じます。
特にグレンファークラスは、この当時様々なブランドに原酒を売っていたようですし、1990年代に流通したオフィシャルボトルに加え、京晴のアーマー20年にも近いニュアンスもあります。後はGMからの買い付けも考えられます。

ちなみに、このウイスキーの作り手は、当ブログではおなじみのメンデルスゾーン氏(参照)。葉巻を嗜むと思われる同氏が、ハイエンドにこうしたシガーモルトとも言えるしっかりシェリー系を持ってきたのは、何が意図があるようにも感じます。
せっかくですので、飲まれる際にはシガーをあわせても良いかもしれません。
勿論ポーズはあんな感じで(笑)

ワイルドターキー 14年 マスターディスティラーセレクション 53.5%

カテゴリ:
WILD TURKEY
MASTER DISTILLER SELECTION
Aged 14 years
2006's 
750ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7-8)

香り:パワフルでウッディーで濃い甘みを伴う香り立ち。りんごのカラメル煮やメープルシロップ、チェリー、ドライクランベリーを思わせる甘みの奥から感じる穏やかな酸味。ほのかに植物が燃えたあとのような焦げ感もある。

味:とろりとした甘い口当たりから、スパイシーなウッディネス。しっかりとしたパンチのある味わい。香り同様の赤い果実の甘酸っぱさに加えてキャラメリゼ、徐々にほろ苦い味わいが余韻に掛けて感じられる。
フィニッシュはビターでスパイシー。華やかな樽香が鼻腔に抜け、実に長く続く。

パワフルだが熟成したバーボンの深いコクと甘酸っぱさのある味わい。合わせて感じるスパイシーなウッディネスがワイルドターキーらしさでもある。
少量加水するとさらに華やかな樽香、これは銘酒だ。機会があれば是非ロックも試して見たい。


2007年、サンフランシスコで開催されたスピリッツコンペにおいて、アメリカンスピリッツ部門の最優秀賞を獲得したという1本。リリースは6000本限定で、日本市場向けとして流通したようです。
WEB上の記録では、当時のマスターディスティラーであるジミーラッセル氏が、46万の貯蔵原酒の中から素晴らしいひと樽に出会ったことがきっかけとなり、このマスターディスティラーセレクションがリリースされたのだとか。

ただ、1樽でボトリングできるのは精々200本程度なわけですから、限定6000本という30倍のリリースは、同じように素晴らしい樽が30樽あったのか、それとも鱗を1枚貼っただけのレプリカなのか。文句なく旨いバーボンですので前者だろうと思う反面、こうしたリリースを作ろうと思い立たせるさらに素晴らしい原酒なら、それを飲んでみたくもあります。
いやほんと、バーボンって度肝抜かれるような原酒が今なおあったりするんですよね。特にターキーにあっては、現行品がもはや目も当てられないレベルになってしまっただけに、そうした原酒に出会いたい気持ちはひとしおです。

さて、このリリースの良さは、なんといってもターキーとして旨いという熟成のバランスにあると感じます。
人によってはウッディでスパイシーなアタックが気になるかもしれませんが、元々ターキーはこの荒々しさというか、樽をしっかり焼いたアタックの強さが売りの一つ。そこに12年を越える熟成したバーボンらしいコク、甘み、そして個人的に旨いバーボンの条件とも言える赤い果実のニュアンスが感じられ、熟成のバランスが整っているのです。

この日、バーボンは愛好家垂涎と言えるリリースをいくつも飲みましたが、一番印象に残ったのはこのワイルドターキー14年でした。月並みですが、素晴らしい出会いに感謝です。

グレンモーレンジ グランドヴィンテージ1990 25年 ボンドハウスNo,1 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Grand Vintage 1990
Bottled 2016
Aged 25 years
Cask type Sherry & bourbon
Bond House No,1 Collection
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅テイスティング会@Y氏
開封後:2〜3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:華やかでナッティーなアロマ。柑橘、オレンジママレード、じわじわと乾いた牧草、素直でスウィートな麦芽香。奥にはほんの少しフローラルなニュアンスも混じる。

味:若干水っぽいがスムーズな口当たり。乾いたオーク、ドライオレンジ、グレープフルーツのワタ、ほろ苦さと微かにピーチを思わせる華やかさ。
中間から後半にかけてはコクがあり、余韻はフルーティな麦芽風味、薄めた蜂蜜の甘みが広がる。オーキーなウッディネスが染み込んでいくように穏やかなフィニッシュ。

ややボディの弱さを感じるが、負担なく飲み進められるバランスの良さがある。特に余韻にかけての開きは特筆もの。
少量加水すると多少の複雑さが犠牲になるものの、まろやかで余韻にかけて華やかな麦芽風味は変わらず残る。


グランド・ヴィンテージシリーズというべきか、ボンドハウスNo,1コレクションなのか、日本と海外サイトで呼び名が微妙に違う印象があるシリーズ。
第一貯蔵庫を蒸留棟に改築する蒸留所の拡張工事故、生産量が少なかったという1990年の原酒が使われているだけでなく、ただの木箱ではない磨き上げられた銅板(?)貼りのやたらと豪華な箱に、メーカー側の気合を感じます。

まあ外観はさておき、中身もレベルが高いです。
グレンモーレンジは、スタンダードクラスの10年だとバーボン樽主体の華やかで繊細な酒質、また18年はホグスヘッドタイプのドライながら華やかさが強調された、10年の進化系として香味ともに洗練されているレベルの高い1本であることは言わずもがなではあります。
そこに今回の25年は、シェリー樽原酒を加えることで華やかさはそのまま、ドライさを抑えてコクと複雑さのある味わいに繋げる。スタンダードラインナップの延長線上にあり、オフィシャルだからこそと言える完成度の高いシングルモルトとして仕上げてきています。

特にモーレンジらしい麦芽風味と、オレンジママレードのような甘みとコク、ほろ苦さが綺麗にまとまっているのがいいですね。
強いて言えば加水ゆえの弱さというか、突き抜けない印象も受けたのですが、モノとしてはIWC2017においてシングルモルト部門で第3位に入る評価に加え。日本国内でも名だたる愛好家や、聖地と呼ばれるBARのマスター達からもよく出来たモルトであると高い評価を受けているお墨付きもあります。

このボトル、半年ほど前に自宅で開催したテイスティング勉強会で、ウイスキー仲間のY氏が持参したものでしたが、タイミングを逃して掲載していませんでした。同氏曰く、開封直後のほうが突き抜けて美味かったというコメントがあったことや、私自身も先に書いたように抜けたような軽さ、水っぽさを感じたため、どこかで氏がベストと言った時期のものを飲んでからにするかなと。
それが先日「はよ載せんかい」とご指摘いただきましたので、感謝の気持ちとともに掲載します。
サンキューヤッス!(違)

Drinker's Lounge
"グレンモーレンジ グランドヴィンテージモルト1990"

・・・っていうか再テイスティング時の自分のコメント、メモ取りに温度差ありすぎませんかねぇ(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×