ブラドノック 10年 サムサラ 15年 27年 日本流通ラインナップ レビュー

カテゴリ:
bradnoch-whisky
スコットランド最南端の蒸留所。ブラドノック蒸留所の原酒は、かつてはブレンデッドウイスキー・ベルの原酒等に活用されていたものの、所属するDCL全体の生産調整で1993年に操業を休止。
他のローランド地方の蒸留所とほぼ同時期の閉鎖であり、同地区の衰退が見てとれる出来事の一つであったわけですが、ここで前オーナーとなる建築家レイモンド・アームストロング氏が蒸留所を1994年に買収。紆余曲折の末、2000年に生産量年間10万リットルという条件付きでの再稼働※を果たします。

レイモンド氏の時代は、小規模なシングルモルトブームの時期。ブラドノックからは今風に言えばスモールバッチリリースと言える、熟成年数がバラバラないくつかのモルトや、ブラドノックを再度復興させようとする物好きな(失礼)有志によるボトラーズブランド・ブラドノックフォーラムがリリースされていましたが、2010年に再度蒸留を休止し、2014年に破産。
いよいよこのまま消えていくものと思われましたが、奇しくもウイスキー業界は世界的なブームに突入しようとしていたところ。オーストラリアの事業家チームが蒸留所を買収したことで、本格的な再稼働を果たすことになります。

後述するように、レイモンド氏はブラドノック蒸留所をウイスキー製造とは異なる目的で買い取ったとされていますが、結果的にここで繋がった20年間が、リトルミルやローズバンクら他のローランド閉鎖蒸留所と現在の姿を分けたとも考えられます。

そうして蒸留所の創業200周年にあたる2017年に発売を開始したのが、NAS"サムサラ"、15年”アデラ”、27年”タリア”。2018年には10年もラインナップに加わり、今年に入って日本市場にも流通が始まりました。
今回、これら4種のサンプルを入手。飲んでみるとなかなか個性的な味わいというだけでなく、それぞれのボトルに共通するハウススタイルが感じられたため、まとめてレビューすることにしました。


IMG_20190513_081900
BLADNOCH 10 years old 
LIMITED RELEASE
700ml 46.7%
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:注ぎたてはリンゴキャンディーのようなフルーティーさと酸を感じるアロマ。時間経過で微かに発酵したような香りと、干し草、ドライでトーンの高い刺激に加え、少しケミカルのような要素も感じる。

味:ややスパイシーで、乾いたウッディネスとバーボンオーク、バニラとほのかにフローラルな含み香を伴うパフュームライクな口当たり。香りの印象とはだいぶ異なっており、余韻はドライで麦芽由来の甘み、ヒリヒリとした刺激を伴って長く続く。

香りからベンネヴィスやロッホローモンド系かと思いきや、味わいは乾いた草、軽やかなパフューミーさがあり、蒸留所のキャラクターを理解することが出来る。主として使われている樽はアメリカンホワイトオーク、バーボン樽だろう。
少量加水すると、香りはテキーラのような植物感、味はバーボンを思わせるメローな穀物感が顔を出してくる。なかなか特徴的なウイスキーだが、単語から感じられるほどのネガティブさはなく、不思議と飲めてしまうバランスの良さがある。

IMG_20190513_092939
BLADNOCH NAS ”SAMSARA”
LIMITED RELEASE
700ml 46.7%
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:キャラメルナッツのような甘みと軽い香ばしさ、奥には熟成したチーズのような深みのある酸。乾いた粉っぽいオークのニュアンス、おがくず、鼻孔へのトーンの高い刺激がスワリングと共に感じられる。

味:まとまった口当たり。ドライプルーンや蜜っぽい甘み、ほのかにハーブなど、シーズニングシェリーにも似たスウィートな樽感に加え、微かにフローラルな要素が中間から開いてくる。余韻はドライで微かにソーピー、ナッツを思わせるフレーバーも伴う。

酒質そのもののキャラクターや熟成感は前述の10年と大きく違いはないが、バーボン樽熟成の原酒をベースに、オーストラリア産の赤ワイン樽でフィニッシュしたという蒸留所新体制の色が垣間見える作品。ワインカスクフィニッシュは全体への厚みに加え、多少あざとい甘さもあるが、ともすればシーズニングシェリーに近いフレーバーにも繋がっている。
加水すると、フィニッシュの要素が薄くなるのか、ベースになったバーボンオーク由来と思しき10年でも感じたメローな甘みに加え、ソーピーさが味で主張してくる。

IMG_20190513_092845
BLADNOCH 15 years old ”ADELA”
OLOROSO CASK EXPRESSION
700ml 46.7%
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:オロロソシーズニング樽の濃厚なアロマ。ドライプルーンやチョコチップクッキーのような甘みと焦げたような苦みが前面にあり、奥には発酵したような酸、時間経過でゴムっぽさも感じる。

味:黒糖麩菓子を思わせるような甘みとドライプルーンの柔らかい酸味、合わせてややビターなウッディネスが序盤から広がる。後半にかけてほんのわずかにフローラル。また、口当たりは粘性が感じられるが、徐々にピリピリとした刺激が顔を出し、余韻はスパイシーでウッディ。しっかりとドライでローストアーモンドとダークフルーツのニュアンスも伴う。

オロロソ樽で熟成された原酒のみで構成されている。そのため、シーズニングシェリー樽のキャラクターがメインに備わっているため、酒質由来の香味はだいぶ奥に抑え込まれている。しかしふとピントが合うたびに、香りの酸や、味のフローラルさは消えていないことが伝わってくる。少量加水すると樽由来のゴム感やビターな要素が落ち着き、多少バランスが良くなる。
決して悪くはなく、近年のシェリー系のキャラクターを好むなら評価される仕上がりと言える。ただしこの手の味わいを求めるなら、このモルトである必要はないというジレンマも抱えている。

IMG_20190513_092910
BLADNOCH 27 years old ”TALIA”
RARE RELASE
700ml 46.7%
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:トップノートはリンゴ酢や梅酒のような酸を主体に感じるオーキーなアロマ。水で湿った和紙、くぐもっておりかなり特徴的。時間経過でオーキーでフローラルな要素も伴う。

味:少しの水っぽさ、角のとれたウッディネスと共に床用ワックスのような含み香を一瞬感じ、合わせて微かにフローラル。これらの後からナッツの軽い香ばしさと、リンゴのコンポートや熟したパイナップル、トロピカルなフルーティーさが広がる。余韻はドライでウッディ、軽いフローラルさと紙っぽいニュアンスを伴う。

多彩な香味だが、なんとも独特。一時期のリトルミルにも近い。1990年代蒸留の原酒でありながら、トロピカルなフレーバーを伴う点はこのボトル最大のポイントであるが、それ以外の要素が確実に好みを分けるだろう。
過度に主張しない樽感はリフィルバーボン、リフィルシェリーらのバッティングで、近年の上位グレードに良くある綺麗な作られ方。少量加水すると香りの酸が軽減され、アメリカンオークの華やかさが開き、余韻にかけてのフルーティーさへスムーズに繋がる。全体的に香味が伸びて、好ましく大きな変化が感じられた。

IMG_20190511_114515

全体をまとめると、"例のフレーバー"を持った特徴的な原酒、ということ。
今回テイスティングした4種は、100%UD社時代の原酒で構成される27年と、レイモンド時代に少量蒸留されていた原酒を主としているSAMSARA、10年、15年。蒸留時期が90年代と2000年代、2つの時代に別れますが、本質的なキャラクターは大きく変わっていないように感じられます。

つまり香りにある発酵したような酸と、味に感じるフローラルな軽いパフューミーさ。後は乾燥した植物。これが現在のブラドノックのハウススタイルなのでしょう。また、40%加水ではべたつくような口当たりになりがちなところ、46.7%の独特な仕様で、フレーバーの広がりや全体のバランスにも繋がっているようです。

IMG_20190513_160212
(今回レビューした4種のリリースに加え、2018年にはワインフィニッシュの17年、そしてバイセンテナリーリミテッドリリースの29年(上写真、価格5000£!!)もリリースされるなど、引き続き旧世代の原酒を使ったリリースが展開されている。27年はリトルミル等にあるようなフルーティーさも備えていたが、こちらの構成は果たして・・・。)

ラインナップを通じてベースにあるキャラクターが変わらないという特徴から、この蒸留所のハウススタイルを知りたいという方は、ひとまず10年を飲めば良く。好ましいと感じるならば、他のボトルもオススメできます。
強いて言えばシェリー感の強い15年は、その場合であっても好みと異なるかもしれませんが・・・。
いずれにせよ、スコッチウイスキーのオフィシャルからパフューム系のフレーバーが消えた現代では、その手の愛好家にとっては喜ばしいリリースが復活したとも言えます。

一方で、過去リリースされていたボトラーズやオフィシャルのブラドノックには、そのフレーバーがあったりなかったりするのと、あっても軽いタイプのものが多いので、何らかの理由でどちらかに変化する、不安定な特性を持っているのかもしれません。
2015年以降、ブラドノックはポットスチルを増設するだけでなく、それまでの設備も一新。生産量は年間150万リットルとレイモンド時代の15倍にまで引き上げられており、それらによる影響はどう出るのか。
バッカスのサイコロがどんな目を示すかは、新しい世代のリリースを待って判断することになりますが、それまで果たして現代の市場にこのウイスキーがどう受け入れられ、評価されていくのか。様子を見たいと思います。

05a9707f3a14665b2d1ea5762b9d4343
※外界と隔離されたような時間が流れるブラドノック周辺の景観。レイモンド氏が蒸留所を買収した理由は別荘地としてのものだったとされる。再稼働の経緯には、蒸留所周辺住民への配慮や前々オーナーであるUD社との間で結ばれていた買収条件など、様々な事情があったとされ、そうした背景がウイスキーマガジンの記事に詳しく特集されている。

補足:サンプルテイスティングのため、ボトルの画像はTHE WHISKY EXCHANGE からお借りしています。

ティーチャーズ ハイランドクリーム 1950年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190414_151553
TEACHERS 
HIGHLAND CREAM 
Perfection of Blended Scotch Whisky 
1950-1960's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週刊程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:蜂蜜入りの洋菓子を思わせる軽い穀物感を伴う、しっとりとしたスウィートなアロマ。古典的な麦芽香、古いウェアハウス、角のとれたスモーキーさが奥から開いてくる。

味:スムーズでメローな口当たり。薄めたキャラメルソースやカステラの茶色い部分。微かにオランジェットのしっとりとした酸味、麦由来の風味が徐々にピーティーなほろ苦さへと変わり、存在感を増していく。余韻はスモーキーで内陸の土っぽいピーティーさ、染み込むように長く続く。

しっかりと原酒由来の個性が備わった、モルティーでスモーキーなブレンデッド。麦芽風味は素朴ながら厚みがあり、ピートフレーバーと混ざり合う余韻が素晴らしい。ハイボールも実に旨い。

IMG_20190414_164558

ティーチャーズをリリースするウィリアム・ティーチャー・サンズ社は、1957年(別資料では1962年)にグレンドロナックを買収。1970年代にかけて生産量を増やし、1976年にアライド社の傘下に入ったことで販路を広げ、世界的なブランドに成長します。

今回のボトルは、そのグレンドロナック蒸留所の買収が行われたかどうかという時期のアメリカ流通品。確定しているキーモルトは、同社が1897年に創業したアードモアで、これは現代まで変わらずティーチャーズのフレーバーの軸となっている原酒です。
一方モルト比率は現行品のハイランドクリームが45%で、30種類の異なる原酒が使われているとのことですが、かつてはクラシックスタイルの65%だったとする説もあります。香味から推察するに、1960年代以前は65%、原酒の種類は30も使っていないのではないかと思います。

9a38bab9
(このティーチャーズ、ラベル裏にはアードモア蒸留所のイラストが書かれており、結び付きの強さを感じさせる。なによりこういう渋い工夫には心惹かれる。)

ティーチャーズに限らず、当時流通していたブレンデッドを飲むと、特に自社で蒸留所を持っているブランドは、そのモルトの個性が強く出ているものが多いように思います。
当たり前じゃんと思うかもしれませんが、現行品よりも明確に強いという意味です。
これは当時の原酒の方が、今より個性が強かったということに加え、流通や製造規模の関係から、今ほど使われている原酒の種類が多くなかった。ブレンドレシピが多少異なっているのではないかと思うのです。

原酒の種類は混ぜれば混ぜるほど、元の個性を捉えづらくなっていく傾向があります。
そして例えばバランタインやホワイトホース、ジョニーウォーカー等、1960年代にかけて流通したブレンデッドは素晴らしいものが多いのですが、このティーチャーズも同様。(1950年代は戦争の影響が原酒に出たのか、微妙なものもいくつかアリ。)
共通するのは存在感はあるが過度に主張しない、モルティーさとスモーキーフレーバーのバランス。このバランスがグレーンを加えたブレンドの魅力であり、これぞスコッチウイスキーと言えるブレンデッド達。見かけたら是非飲んで欲しい1本です。

J&B クラシック 1980年代後期流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190425_080346
J&B CLASSIC 
FINEST SCOTCH WHISKY 
1980's
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★(5ー6)

香り:香り立ちはドライで乾いた麦芽や穀物、干し草、微かにハーブを思わせる青みがかった要素。奥にはバニラや粥を思わせる甘く柔らかい甘味、リンゴのコンポートのようなフルーティーさも潜んでいる。

味:軽くドライな口当たり。乾いた麦芽、バニラウェハース、徐々にコクのあるモルティーな甘み。余韻はドライで干し草を思わせるような乾いた麦芽と穀物感があり、甘味のあとでほろ苦さも感じられる。

J&Bらしいライトというかドライな香味であるが、一方でスタンダード品のJ&B RAREに比べて熟成し原酒が使われているのだろう。モルティーさや、コクのある柔らかい甘味も備わって、ストレートでもハイボールでも美味しく飲むことが出来る。中々使い勝手が良さそうである。

IMG_20190423_232058

J&Bの上位グレード。現在で言う12年クラス相当で、リリースされた期間は2年(※裏付け未確認)と短かったようですが、そこはバブル期。かなりの物量が日本に出回ったようで、現在も多くの遺産がリユース市場で見られます。
そして、人気が無いのか結構安価ですね。

ブレンデッドウイスキーJ&Bについて改めて説明は必要ないように感じますが、久しぶりなので軽めに触れておくと。。。
かつてアメリカ市場を中心に人気となったライトタイプブレンデッドの代表格。世界第二位まで売り上げを伸ばしたようですが、近年は2016年が世界21位、2017年が23位。2013年から毎年10万ケースずつ販売量を減らしており、2018年も同様の結果が見込まれます。
しかしその販売量は未だ340万ケースと相当な量。現在絶好調のブラックニッカ以上売り上げているあたり、流石世界的なブランドとディアジオの販売力だなと感じます。
(参考情報:ブラックニッカ300万ケース、角470万ケース。Millionaires Clubレポートより。)

ただし、同じディアジオ傘下であるジョニーウォーカーらかつてのライバル銘柄と比較すると、ブランド戦略の違いかリリースは低価格帯が中心。
キーモルトとされるスペイサイドモルト(グレンスペイ、ストラスミル、ノッカンドゥ、オスロスクら)の個性を感じることはもちろん困難で、ライト・・・というか、無個性でドライな穀物アルコール。スタンダード品の位置付けも割り材として使うことを前提としているようで、日本の正規代理店であるキリンのWebページを見てると、その認識が間違いではないように感じます。

229674a1
(1980年代後半、同時に販売されていたピュモルト。ノッカンドゥ主体を思わせる、ややドライでスパイシーな刺激と共に、らしい麦感とフルーティーさが備わっている。クラシックより流通量は少ないが、特級のノッカンドゥ12年を買ったと思えば、お買い得な1本である。)

この変化はグレーンもさることながら、やはりモルトの厚みが無くなったのが大きいのでしょう。上記4銘柄は元々そこまで厚みや強い個性をもった原酒ではありませんでしたが、特にグレンスペイやストラスミルは元からライトな位置付け。熟成が若いところに近年のウイスキー全般のライト化で、それが一層進んだと考えれば違和感はありません。

一方、一定以上熟成した当時のオスロスク、そしてノッカンドゥは、モルティーで華やかでフルーティー、コアな愛好家から人気の高いスペイサイドモルトです。
1980年代、スタンダード品のJ&B RAREは現在と同様にそこまで熟成した原酒を使っていないのか、両者の良さは感じにくいものの、グレードが上がったクラシックは10~15年程度熟成と思われるオスロスクやノッカンドゥに通じるモルティーなフレーバーが備わって、これが全体のレベルを引き上げているのです。
複数回飲んでみましたが、楽に飲みたいときにちょうどいい味わいでした。


以下、余談。
最近特級時代のブレンデッドの投稿してませんでした。デュワーズ以来なので、約1ヶ月ぶり。
オールドブレンデッド探訪、メジャーどころは今年中にまとめるつもりでいるので、ペースあげていかなくては。。。あと50種類くらいかな。幸い、お酒の美術館が日本向け流通品はカバーしてくれてるので助かっています(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×