ハイランドネクター 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
highland-nectar-12-1980-tasting
HIGHLAND NECTAR
Deluxe blended scotch whisky
Aged 12 years
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプルSさん
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:しっとりとしたスモーキーさと麦芽香。ほろ苦く、柑橘系の皮、微かに蜂蜜やジンジャーのアクセント。時間経過で土っぽいピート香も感じられる。

味:熟成感がありスムーズな口当たり。古典的な麦芽風味と微かに洋梨のピューレのような品のいい甘み。中間あたりから軽い穀物感、ビターなピートフレーバーがフィニッシュにかけて存在感を増していく。
余韻はスパイシーでベタつかない。灰のようなスモーキーさが鼻腔に抜け、ピーティーで長く続く。

麦芽風味から存在感のあるピートフレーバーが主体にある構成。ただピートが強いだけでなく、若干内陸的な要素や余韻で長く香味が残るのにべったり張り付くような感じがないのは、ブレンドの妙だろうか。デラックス表記に恥じない仕上がりである。


キングジョージの上位グレードかつ、輸出向けの銘柄だったというデラックスクラスのブレンデッド。同銘柄も結構しっかりスモーキーでしたが、ハイランドネクターも負けてない。デラックス表記のみだった70年代以前含め、むしろよりしっかりとした熟成感、モルティーさにオールドスコッチたるピーティーな個性で、通好みな1本であると感じます。

キーモルトとされるのはDistillery Agency Limited社(DAL)傘下のタリスカーとローズバンク、そしてノックデュー。またそこにDCLの原酒各種。この組み合わせで、特に厚みのあるスモーキーフレーバーをもたらしていると考えるのはタリスカーですが、合わせて感じられる内陸のニュアンスはノックデュー由来で、多少のグレーン感を感じさせつつ余韻はそれぞれの原酒が仕事をしている印象です。

ハイランドネクターは1990年代あたりで終売となったようですが、版権は今尚ディアジオに受け継がれている模様。
ただし1980年代に今回のラベルの12年ものがリリースされる頃にはノックデュー(1983年)が生産調整で休止、その後インヴァーハウス社に売却されただけでなく、ローズバンクも1993年に閉鎖され、こちらも傘下はイアンマクロード社へ。かつてのキーモルトは散り散りな状態で、この形で復活することは叶わない、知る人ぞ知るブランドとなりつつあるのです。


今回のボトルはウイスキー仲間のSさんから頂きました。以前も何度かサンプル交換をさせていただいており、今回もご好意に甘える形。
ハイランドネクターのオールドは液面低下とコルクキャップの影響を受けているボトルも少なくなく、70年代以前は特に怖い。しかし本品は全く問題なく、多少の経年感を除いて状態の良いものを楽しませて頂きました。

ダフタウン 8年 1970年代流通 40%

カテゴリ:
THE DUFFTOWN-GLENLIVET
OVER 8 YEARS OLD
A DE LUXE MALT SCOTCH WHISKY
1970's
760ml 40%

グラス:
時期:不明
場所:BAR ミズナラカスク (水楢佳寿久)
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく強い麦芽香。干草、おこしやザラメなどの乾いたニュアンス。時間経過でクッキー、淡くオレンジピール。こなれた甘さと微かな酸味も伴う。

味:古酒っぽさがありながら、エッジの立ったアルコール感と芯のある麦芽風味。おしろいやバニラ、微かにキャラメルソース。ピリピリとした刺激がありつつ、コクのある口当たり。
余韻はやや粘性があるスウィートな麦芽風味から、干草、アーモンドナッツ、ほろ苦く染み込むようにピーティー、長く続く。

こなれて古酒感はあるが、状態が良くしっかりとアルコール感も立っている。麦の厚みも感じられるシングルモルト。
同時期のブレンドに通じるものがある香ばしいモルティーさが最大の特徴。加水するとマイルドでふくよかな麦芽風味がさらに強調される。


ダフタウン蒸留所は1933年にブレンデッドウイスキー・ベルを製造するアーサーベル社の傘下に入り、同社における中核的な蒸留所として稼働してきました。
スコッチの需要が高まった1960年代以降は、1968年、1974年、1979年にそれぞれスチルの増築を行い、2つだったスチルは8つ、また増産に舵を切るのと合わせてフロアモルティングも1968年に廃止し、大規模かつ近代的な蒸留所に生まれ変わっていった歴史があります。

今回のボトルは1970年代中頃の流通で、逆算すると蒸留された時期は近代化前の1960年代。1980年代に流通した同じ8年熟成と比べると、スウィートな麦芽風味は同様でも香ばしさも強く、若い原酒故に複雑さはそこまでないですが、40%加水とは思えないほどしっかりした酒質であることが感じられます。
時期的にゼファーからゴールデンプロミスに切り替わった麦芽品種に加え、上記の蒸留設備の違いも少なからず影響しているのでしょう。

(1980年代流通のダフタウン8年。流通先によってか、40%、43%、46%仕様のものがある。柔らかくスウィートな麦芽風味が主体で、穏やかな構成。素性の良さが感じられる。)

なお、今回のボトルを飲んで真っ先にイメージしたのは、同じ原酒が使われていたとされるオールドのベルでした。
当たり前の話と言えばそうなのですが、乾燥した麦系の風味、干草っぽさやおこし系の甘味など、面白いくらい共通項があるのです。
では、現代のベルに限らず現代のスタンダードブレンドを飲んで構成原酒がどうこう言えるかというと・・・モノによってはわかりやすい原酒の組み合わせもあるのですが、それを感じるのは中々難しく。やはり原酒の個性が強かった時代は探る楽しみがあるなと、改めて感じた1本でした。

(ベルの1970年代後期から1980年代流通品。良く見ると上のダフタウンにも同じネックタグがつけられており、ベルのブランドを使ってアピールされていた時代の名残も見られる。)

リープフロッグ (ラフロイグ) 12年 1987-1999 マーレイマクデヴィッド 46%

カテゴリ:
Leapfrog-1987-tasting
LEAPFROG
(LAPHROAIG)
Aged 12 years
Distilled 1987
Bottled 1999
Cask type Bourbon
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく藁や木材が焦げたようなピーティーさ、乾いた麦芽香にシトラス、尖ったような柑橘感と共に奥にはバニラを思わせる甘いアロマ。

味:しっとりとしたコクのある口当たり。乾いた麦芽、オレンジやグレープフルーツを思わせる柑橘感を伴う強いピーティーさ、鼻腔に抜けるヨードとスモーキーさ。
フィニッシュは薄めた蜂蜜、焦げたようなピートフレーバー、ドライで張り付くようなフィニッシュ。

クリアで少し水っぽさもあるが、経年を経てしっとりとした口当たりであり、バニラと柑橘、ピート主体の香味。少なくともトロピカルフレーバーはない。
ロック、加水等は不要、元々きわどいバランスであり一気に崩れてしまう。


今飲むにはちょうどいいかなと開封した、短熟の1987年蒸留のラフロイグ。確か1999詰めと2000詰めの2種類があり、特段注目されている銘柄というわけでもありませんでしたが(確かウイスキーワールド誌か何かで、ラフの1987が当たり年という説はあったような)、ボトリングから20年経とうかという今見てみると「おっ」と思うスペックですよね。

ここ数年リリースが見られるラフロイグの20〜30年熟成は、オフィシャルを中心に熟成を通じてトロピカル系統の香味が備わっているものが多く、飲み手が求める系統の一つになっていると言えます。
それが何によって得られているのかと言うと、フロアモルティングによるものとする説が一つあります。
ただ、今回のような短熟タイプを飲むと一概にトロピカルな構成とは言い難く。それが備わる下地がフロアモルティングや麦芽由来の香味によって備わっているところに、樽由来の華やかさ、フルーティーさが熟成を通じて混じり合うことで、該当する仕上がりになるのではないかと感じています。

(ここ数年リリースされたオフィシャル長期熟成のラフロイグ・リミテッドの一部。今回のボトルと近いビンテージは1988、1989年蒸留の27年。柑橘のニュアンスに加え、マスカットやトロピカルフルーツに例えられる華やかさが備わっている。)

今回のボトルを上記の整理で見て、現代の長熟のそれと比較すると、フルーティーで華やかなニュアンスに通じる樽感がつく前の原酒を、加水で整えてリリースした形なのだろうという印象も合わせてもちました。
フルーティーさやウッディさがそれほどでもない代わりに、麦芽風味がピートと共に感じられやすく。それでいてただ若いだけではない仕上がり。

ラフロイグが偉大な蒸留所であることに異論はありませんが、こうして当時そこまで注目されていなかったリリースも、今だから見える要素もあり、楽しく美味しくテイスティングさせていただきました。

このページのトップヘ

見出し画像
×