I.W.ハーパー ゴールドメダル 特級表記 1970年代前半流通 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
GOLD MEDAL
Kentucky Straight Bourabon Whisky
1960-1970's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後〜1週間程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:しつこさのないメローで艶のある甘さ。シロップ漬けチェリー、カステラ、奥にはコーンフレークを思わせる軽い香ばしさ。角の取れたチャーオークのウッディネスで、麩菓子、キャラメリゼを思わせるほろ苦さも感じられる。

味:マイルドで引っかかりのない口当たり。薄めたメープルシロップ、チェリー、ドライオレンジのほのかな酸味を伴うコクのある味わい。
余韻はドライ、穀物感は多少あるがオーキーな甘みでしっかりとまとまっている。

バーボン特有のメローな香味にフルーティーな酸味のアクセント。樽が支配的なコテコテした香味というわけではなく、どちらかと言えば品の良い樽感と言える。味の濃さに反してコクがあって、物足りなさは感じない。例えるならダシをちゃんと引いた椀のよう。ライトなバーボンとはこうあるべきと言える、その理想形。


IWハーパーのスタンダード銘柄である、ゴールドメダル。バーンハイム蒸留所のバーボン、IWハーパーが誕生したのは1877年。名付けのエピソードはwebを参照頂くとして。。。(こちらのページが判りやすくまとめられています。ホント、BIBの表記とTAXは謎です。→ウイスキーの庭様)

ブランドヒストリーとしては、1885年の万国博覧会で金賞を受賞した事を皮切りに、1900年代にかけてあわせて5つのメダルを国際博覧会で受賞したことが語られていますが、当時のIWハーパーはライウイスキーで別物と言える仕様。コーン主体のマッシュビルで知られるIWハーパーがリリースされたのは、禁酒法と第二次世界大戦後の1950年代に入ってからとなります。

また、IWハーパー・ゴールドメダルは、40〜43%という加水仕様もあり、オールドは温度環境の変化に伴う濁りが出てしまっているものが少なくありません。
そのため、中々ベストなモノを飲める機会が少なかったりするのですが、今回はラベルの見た目に反し奇跡的に状態の良いゴールドメダルに当たり、その美味さを堪能させて頂きました。



何が良いって、長熟バーボンに見られるリッチなチャーオーク感とは違う、軽やかで品の良い甘みが香味の主体でありながら、しっかりとコクがあること。
ストレートで引っかかりのない口当たりは勿論、ロックにしても香味がしゃばしゃばにならない。ライトタイプのバーボンの理想形ってこういうのだよなと、感じさせてくれるような構成なのです。

飲み方はハイボールにしても勿論美味しいのですが、流石にそこまで水が入ると、その後の時代と比較して大きな違いが現れにくいこともあり、どっちかと言えばストレートかロックでじっくり楽しみたいという印象でもあります。

(IWハーパー、1990年代ジャーディン時代(左)と、1970年代サントリー時代(右)。ジャーディン時代の味も悪くないが、比較するとドライでコクが軽くなりつつある。ここまでくるとハイボール要員。)

余談ですが、IWハーパーと合わせてよく語られるのが、マッシュビルのコーン比率。連邦アルコール法で定めるコーンウイスキーの基準(81%以上)の範囲まで使われているという話ですが。。。
どうやら現在の本国流通のIWハーパーは、コーンが73%、ライ18%、モルト9%で、そこまで使われていないようです。(15年は86%なので、コーンウイスキー基準の範囲内。)

だから何が、という違いを感じ取れるほどの経験はないのですが、特にバーボンは日本で語られる情報と現地の情報が違っていたり、一部抜けている事が結構あるので、こうして記事をまとめるたび、新たなトリビアに遭遇できるのです。

タリスカー ネイストポイント 45.8% 免税向け並行品

カテゴリ:
TALISKER 
NEIST POINT
For Travel retail
700ml 45.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:BAR飲みなど
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:燻したスモーキーさ、キャラメル、杏ジャムや微かに梅干しを思わせる甘みと酸味。サラミ、胡椒を思わせるアロマ、塩素系のツンとしたニュアンスも感じられる。

味:スムーズでコクがある。燻したピーティーさとオレンジママレード、合わせてスパイシーで焦げたようなオークのニュアンス。
余韻はピリピリとスパイシーな刺激に加え、塩気と染み込むようなピートが長く続く。

タリスカーのオフィシャルらしさを、若さ由来の勢いのある個性と熟成した原酒のコクで全体のバランスとして整えている。これはこれで完成度が高いというか、面白さのあるシングルモルト。
ハイボールはすっきりとした飲み口だが、ややパンチというかボディに欠ける印象もある。ストレートで蒸留所の個性を楽しみたい。


免税店向けにリリースされていた、タリスカーのノンエイジ仕様。Neist pointはスカイ島の最西端にある岬の名前で、スカイ島を象徴する名所の一つのようですね。ラベルにはその緯度経度が書かれています。
リリースは約3年前、日本には2年ほど前から並行品が入ってきていました。自分も何度かテイスティングし、オフィシャル18年とは異なるベクトルで面白さのあるリリースと感じたことから、対抗馬として紹介していたところです。

一方、最近はオフィシャル18年が値上がりしただけでなく、熟成感が減ったというかボディの薄さが目立つようになってきたこと。何より、1万円を下回る並行品(最安税込7k台)が今年の夏頃から某酒販に入ったこともあり、2つの理由でオススメと言えるボトルになってきました。

原酒の構成はNA仕様らしく、若い原酒から熟成したものまで、比較的幅広く使われている印象で、樽構成はオフィシャルスタンダードと同系統。
若いタリスカーのスパイシーさや、存在感のあるピートフレーバーが感じられる一方、それらをコーティングするようにマイルドな酸味、熟成した味わいもある。おそらく、10年弱あたりから20年くらいの間でバッティングされている銘柄なのではないかと推察しています。


先日とあるイベントで、2018年ロットの18年とネイストポイントを改めて飲み比べましたが、ベクトルは違えど見劣りするような構成ではありません。
一方、海外のレビューを見ると結構辛口な評価が目立ちます。
こんなんだったら10年で充分だとか、18年が素晴らしいからそっちをお勧めするとか・・・。先に書いたように、熟成したニュアンスだけでなく、10年程度の熟成を思わせる若さ(といってもニューポッティーなものではなく、香味の勢いや刺激的な意味)も感じられるため、熟成して一体感のある味わいか、様々な要素が主張するキャラクターか、人によって好みが分かれるということなのだと思います。

これが例えばマッカランのようにスムーズな飲み口をキャラクターとする銘柄なら、確かに一体感に欠ける点は弱点であると言えます。しかしタリスカーは荒々しさや、黒胡椒を思わせるスパイシーさをキャラクターとする蒸留所であり、その点を感じさせつつ熟成した香味も備わっているネイストポイントは、自分としては楽しめる要素の多いリリースであると改めて感じました。


コサートゴードン マデイラ セルシアル ソレラ1860

カテゴリ:
COSSART GORDON
MADEIRA
SERCIAL SOLERA 1860
750ml about 20%

香り:熟したプルーンやデーツ、あるいは黒ぶどう思わせる穏やかな酸味と、ブラウンシュガー、栗の渋皮煮を思わせる甘みと渋み。時間経過でダークフルーツソース、杏子棒、微かに梅酒のようなニュアンスも伴う。

味:マイルドでコクのある口当たりから盛り上がるように酸味が広がる。梅、あるいは杏子、ブラットオレンジ、木苺やザクロなどを連想させる果実味とジャム感。余韻は酸味が穏やかに収斂し、アーモンドを思わせる軽い香ばしさ、ほのかに紹興酒っぽさや、フェロモンに通じる陶酔感を伴い長く続く。

鳥肌が立つような筆舌し難い期待感と高揚感を伴う香り立ち、体に染み込むような柔らかくもしっかりとした酸味、コクのある味わいに思わず溜息が漏れる。
ソレラの構成原酒の影響か、余韻にかけて広がるというよりまとまるという印象だが、マディラワインの魅力と時間を飲むという贅沢を堪能出来る1本。


以前1800年代のマディラを飲んで、その奥深い味わいに感動し、抱えて飲んでみたいと調達した1本。現在はマディラワイン業界最大手、マディラワインカンパニー傘下にあるコサートゴードンのオールドマディラです。

海外レビューサイトの情報によると、素性は1860年にソレラを組み、最も若い原酒は1910年代に継ぎ足されたのが最後。ボトリングは1950年前後で、ウェアハウスでの熟成は40〜90年、瓶内熟成含めて100年オーバーとなる、ほぼ不滅とも言われる長寿なマディラだからこその1本と言えます。

さて、強制的に酸化させる製法との関係上、マディラは劣化に強いとは言っても1世紀を越える経年。逝ってるモノも少なくないという声がある一方、1800年代の長熟マディラは、今が飲み頃とする評価も聞きます。
この場合、親子3代以上に渡って語り継がないと飲み頃が来ないとかどういうことなの。。。と思わず考えてしまうわけですが、この個体は劣化のない熟成を感じる透明感のある濃い琥珀色。酸味の強いぶどう品種セルシアルの特徴からか、口当たりは熟成を経てマイルドでありながら、様々な果実を思わせる奥深い酸味が広がる、絶妙な仕上がり具合でした。


使われた原酒に関する時期的な考察をすると、1910年はポルトガルが共和制に移行し、その前後ではかなり社会情勢が不安定だったとされています。
ソレラへの原酒継ぎ足しが止まったというか、リリースされずに残ったのは、そういう時代背景があったのかなと。
またコサートゴードン社は、1953年に当時マディラ島にある共同組合というか協会的位置付けだった、現マディラワインカンパニーに加盟しており、このあたりの外的要因もリリースに影響してるのではと推察しています。

今ここにあるグラスの中身が最初に仕込まれた時、日本は江戸時代末期、桜田門外の変のあった年。そこから明治維新、世界大戦を含む各戦争、敗戦と復興、激動の時代が熟成と並行して過ぎ去り、2018年の今、何の因果か極東の島国で解き放たれた。その背後に流れた時代を思うだけで酔ってしまいそう。 我々一個人の時間の尺度では 測りきれないものを感じてしまいますね。

このページのトップヘ

見出し画像
×