フェイマスグラウス ブラックダイヤモンド ブレンデッドモルト 45%

カテゴリ:
IMG_5088
FAMOUS GROUS
THE BLACK DIAMOND
Blended Malt Whisky
Master Blender's Limited Edition 
700ml 45%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅(お土産@T,Ishihara氏)
時期:開封後2カ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くリッチ、ほのかに華やかさも漂うシェリー系の香り立ち。レーズンやオレンジピールを思わせるドライフルーツ、じわじわとスモーキーさも感じられ、多彩な香味を感じることが出来る。

味:まろやかでコクがある甘い口当たり。シェリーのニュアンスはイチヂクの甘露煮、レーズン、オレンジチョコ、そこからキャラメリゼ、内陸系のピート、ほろ苦いフレーバーが顔を出してくる。
余韻はスモーキーで干し草のようなウッディネスも微かに、染み込むようにドライなフィニッシュ。

バランスの良いブレンデッドモルト。モルトだけにボディが厚く、シェリーのニュアンスも嫌味が少なく整っていてスイスイと飲めてしまう。熟成感としては20年程度のグレードと同等という印象。シェリー樽由来のまろやかさ、そして酒質由来のピート、スモーキーさ、豊かな味わい。



台湾向けと思しきフェイマスグラウス、ブレンデッドモルトウイスキー。今回テイスティングしたブラックダイヤモンドと、タイガーズ・アイの2種類がリリースされています。
どちらもノンエイジ表記ですが、ブラックダイヤモンドの方が香味に熟成感や厚みがあり、価格、内容とも上位グレードという感じです。

ラベルにマッカラン、ハイランドパーク、なんて書かれてますが、よく見るとその蒸留所がグループ傘下にあるよってだけで、2蒸留所のバッテッドではない模様。しかし、香味の系統としては両蒸留所を連想させるシェリーやピートのニュアンスがあり、突き抜けない代わりにバランス良く、甘くスモーキーでしみじみ美味い味わいが楽しめます。
構成原酒はマッカラン、ハイランドパークに加え、タムデュー、グレンロセス辺りの蒸留所か。少なくともその辺のシングルモルト買うより良いな、なんて感じてしまいました。


(グレンタレットにはフェイマスグラウスのビジターセンターがある。タレットといえばタウザー、ウイスキーキャット。奥には雷鳥の看板。。。この構図、たまらない1枚 Photo by T.Ishihara)

それにしてもこの銘柄、日本にほとんど情報が無く、しかもラベルの通りパッと見でフェイマスグラウスとは思えないデザイン。右側の雷鳥の柄の下、そして表ラベルの説明文の最後にFamous Grouseの表記がかろうじてある程度で、こうしてみんなで飲もうというお土産に機会を頂かなければ、テイスティングすることも無かったと思います。 
いやー、世界にはまだまだ知らないブランドがいっぱいありますね。ありがとうございました!

ラフロイグ 1815 レガシーエディション 免税店向け 48%

カテゴリ:
IMG_5074
LAPHROAIG
THE 1815 LEGACY EDITION
TRAVEL RETAIL EXCLUSIVE
700ml 48%

グラス:木村硝子ティスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:焦げたゴムや木材を思わせる存在感のあるスモーキーさ。遅れてバニラ、アーモンド、ヨード香に潮っぽさ。微かに薬っぽい香りも混じる非常に個性的なアロマ。

味:コクのある甘みからヨード、バニラ、干し草、焦げた木材、燻した麦芽。口当たりは柔らかいが徐々に力強さ。
余韻はビターでナッティー、少しアルコールのアタック。焦げたゴムのような香りがピートスモークと共に鼻腔に抜ける。

香りに焦がしたような薫香、スモーキーさが強く、個性的なモルトウイスキー。恐る恐る飲むと香りの印象よりはコクがあってまとまりのある味わいだが、このアロマには少々面食らう。少量加水すると多少香りのバランスが良くなる。
IMG_5077

2017年4月に免税向けで発売されたラフロイグの新商品。PR情報そのままですが、1st fillのバーボン樽で熟成した後でヨーロピアンオークの新樽で再貯蔵しているそうです。
お馴染みと言えるバニラ系の香味に焦げたようなニュアンス、この独特のアロマは特に再貯蔵側の樽によるところが大きいのかもしれません。

レガシーというと遺産、先人の遺物 という意味。このボトルはラフロイグ蒸留所の偉大な歴史を作り上げてきた関係者への敬意という位置づけで、蒸留所マネージャーのキャンベル氏が手掛けたようです。
いまいちその位置づけと中身が繋がらない味わいではありますが、キャンベル氏は以前「ラフロイグ蒸留所の伝統、ノウハウや知識への敬意」としてバーボン樽とヨーロピアンオーク樽でダブルマチュアードした原酒を使った、ラフロイグ・ロアをリリースしており、ヨーロピアンオークを使うことや、個性を際立たせるリリースは、同氏のこだわりなのかもしれません。新しいチャレンジは面白いですね。

他方テイスティングのとおり、香りのスモーキーさ、焦げ感が強く、そこで好みを分ける可能性があります。
それこそオフィシャル10年などを愛飲していても面食らう個性的な仕上がりで、例えば夏の旅行のお土産に。。。なんて旅行先免税店で考えられてる方は、プレゼントされる方の好みを考えられてからでも良いかもしれません。

ボウモア 10年 ダーク&インテンス 40% 免税店向け平行品

カテゴリ:
IMG_5078
BOWMORE
DARK & INTENSE
Aged 10 years
Marriage of Spanish Oak
Sherry cask & Hogsheads
1000ml 40%

香り:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:塩気を伴うツンとしたアロマ、緩くシェリーのニュアンスに淡いウッディネス、焦げたようなスモーキーさもあるが全体的に緩い。

味:甘く柔らかい口当たり、ケーキシロップや甘口ワイン、じわりとピリピリとした刺激、微かにオイルやゴムっぽさ、焦げた木材。
余韻はドライでウッディー。ダシ系の塩っぽさ、淡くピートが染み込むよう。

加水が効き過ぎているのか、ずいぶんと緩いウイスキー。甘くスムーズで非常に飲みやすいが、ボウモアらしいクセ、フルーツ、スモーキーさは控えめ。言い換えれば飲みごたえがないとも言える。アイラを飲み慣れない人には丁度いいかもしれない。

今年2月ごろに発売された、ボウモアの免税向けボトルの一つ。他には15年、そして先日当ブログでも紹介した18年が展開されています。
このボウモア10年は、スパニッシュオークのシェリー樽を主体に熟成された原酒が使われており、加水が強めですがそれらしいニュアンスもあって、ラベルチェンジ後のオフィシャル12年と明確に差別化が計られています。

数年前のデータですが、ボウモアで貯蔵されている樽の比率は、シェリー樽が14%程度だったとする資料が手元にあるのですが、そこから考えてもずいぶんとシェリー樽を使ったリリースが増えたなという印象。
ラベルチェンジにあたってレシピを変える中で、例えば若い年数のものではオフィシャル12年をバーボンやリフィル系の原酒で構成する形に変更し、シェリー系の原酒を今回のような他のリリースに回しているのかもしれません。
オフィシャル12年、新旧ラベルで飲み比べると新ラベルはずいぶん奥行きが軽くなりました・・・。

なお、同じく最近並行品が日本に流通した旧ラベルに当たるボウモア9年シェリーカスクには、余韻にかけて"らしい"フルーティーさが感じられる中で、10年熟成のこのボトルは緩いシェリー感が主体でだいぶキャラクターが異なっていました。
ひょっとすると今の生産者、作り手のボウモア蒸留所のハウススタイルへの理解が、こういうキャラクターなのかもしれません。(そう言えばマネージャー変わったってニュース出てたような。。。)

まあどこが悪いという話ではなく、所謂コスパの良いタイプのボウモアです。
ゆるゆる、家飲みで使いたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×