グランツ ロイヤル 12年 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_5259
GRANT'S
ROYAL
12 years old
Finest Scotch Whisky
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★(5)
※状態難多し、注意。

香り:品の良いシェリー系の甘さ、薄めたキャラメル、麦芽、クラッカーのような乾いた穀物香。あまり香りは強くない。飲み進めるうちにクリーンなグレーンのアロマ。

味:香り同様に品の良い甘さ、サルタナレーズン、薄めた黒蜜。溶けたバニラアイスのようなグレーンを思わせるフレーバーと同時に、樹脂っぽい違和感、ピリピリとした鋭い刺激を感じる。
余韻にかけては微かにフローラルでソーピーなニュアンスが鼻腔に抜けていき、ほろ苦く湿ったウッディネス、ビターなフィニッシュへと繋がる。


当たれば旨い、しかしとにかく状態に難があるのがグランツ・ロイヤル12年です。今回のボトル、流通時期は古いもので1970年代初頭あたりから、1980年代にはラベルチェンジも行われていて、見分けはつきやすいですね。

キーモルトは当時のグランツと同じ、グレンフィディック、バルヴェニー、そしてレディバーン。上位グレードらしく上品なシェリー樽由来の香味と、熟成した穏やかなモルティーさを感じることが出来るはずのブレンデッドですが。。。自分にとってはシーバスリーガルとあわせ、オールドの怖さという"経験"、高い授業料を払ったボトルであるとも言えます。

かつてオールドボトルにハマり始めた頃、酒屋巡りの最中に倉庫で見つけて購入し、当時良く通っていたBARの姉妹店開店祝いに持っていったのが全ての始まりでした。
その時のボトルは奇跡的にとてつもなく状態が良く、今でもウイスキー仲間との間で話題になるほどのレベル。プレゼントしたことを、ちょっとだけ後悔したりもしました(笑)。 
VHVw9OCkCJj668JZb4MW

初めてがそんなボトルだったので「これはいいものだ!」とばかりにその後オークションも使って買い集め、JAPAN TAX付きのものから香港流通品まで、軽く5本は買ったと思います。
しかし追加購入したボトル、キャップが樹脂製の"例のアレ"で、どうしようもないくらい汚染されていたのです。暫く粘ってみましたがどうにもならず、泣く泣くすべて流しに捨てました・・・。
まぁ、ここからオフフレーバーの中でも最も凶悪と言えるプラキャップ臭が何たるかを学び、危険な仕様についても理解できた事は収穫だったと、割り切るようにしています。

そんなわけで、久しく買うこともなかったグランツの同ボトル。それがたまたまセット買いしたボトルの抱き合わせで我が家に届きました。開けてみると多少それっぽいオフフレーバーを感じるものの、まったく飲めないというレベルのロットではなかったため、過去の自分の評を清算する意味でも、記録として残す事にしました。

今回のテイスティングで気がついたのは、このボトルの余韻にかけてほんのりとパフュームライクな香味がある事。今まで状態が悪くてそこまで見てる余裕はありませんでしたが、原酒の一つと考えられるグレンフィデックの影響でしょうか。
1970年代流通で12年熟成だと、時期によっては同蒸留所魔の時代にかかります。1960年代以降シングルモルトに注力しているようですが、まるきり使われていないわけじゃないでしょうし。。。そういうロットもあるという感じですね。
何れにせよ、一番最初に飲んだ上記写真のグランツ・ロイヤルは何だったのか。夢か幻か・・・一瞬でも輝きを見せられてしまったが為に、その姿を探し続けてしまうのです。


ラフロイグ 10年 カスクストレングス バッチ2 58.3%

カテゴリ:
LAPHROAIG
CASK STRENGTH
10 years old
Batch No,002
700ml 58.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(持ち寄り会)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:パワフルな香り立ち。エッジの立ったアルコール感、甘いバニラのアロマが混じったヨード、燻したようなスモーキーさ、ナッツ、微かに焦げた木材を思わせるニュアンス。

味:強い口当たりでスモーキーさ、コクのある甘み。バニラ、ナッツ、微かに柑橘、ヒリヒリとしたアルコール感。余韻はドライで焦げたようなピートフレーバー、レモンピールやグレープフルーツ、柑橘のフレッシュな味わいを伴うスモーキーなフィニッシュ。

力強いスモーキーさとアタックを兼ね備えた1本。ラフロイグの個性とも言える要素がはっきりと感じられ、特にこのバッチはバニラ系の甘みが強く出ている印象。ストレート、ロック、ハイボールと何でも使えるが、せっかくのカスクストレングス、ストレートや少量加水で楽しみたい。


加水の穏やかな味わいでは物足りなくなってしまった、そんな愛好者が行き着く先と言える、オフィシャルリリース、ラフロイグのカスクストレングス。何故か日本では終売になってしまったのですが、イギリスなど一部市場では毎年1バッチのリリースが続いているようで、それを嬉しく思うと共に、日本への正規輸入が無いことにいささか複雑な気持ちにもなります。

ラフロイグの個性といえば、甘いヨード香を伴うピートは言わずもがな、ナッツを思わせるフレーバーが自分の中で他のアイラモルトと違う要素として認識しています。基本的にはバーボン樽熟成なので、バニラを思わせる甘み、柑橘のニュアンスは付きやすいところ。
それは他のアイラの蒸留所であっても同じなのですが、この酒質由来と思しき要素は「ラフロイグらしい」と思わせる香味に繋がっていると言え、今回のカスクストレングスもまたはっきりとそのキャラクターが感じられます。

DSC08729
(ラフロイグ蒸留所のピートモス。ここで掘りだされたピートがフロアモルティングに使われる。アイラのピートは海草を多く含むという印象だが、見た目は植物系の含有量が多い。 Photo by K67)

ラフロイグらしさと言えば、近年リリースの増えてきた内陸系モルトのピーテッドタイプ 、例えばマネージャー繋がりでもあるエドラダワーのバレッヒェンなどに、似たニュアンスが感じられるモノもあり、それが何に由来なのか気になるところです。
同じピートや麦芽で仕込んでいるということなんでしょうか。

さて話を戻して輸入の話。カスクストレングスは、当時サントリーが繋がりのあったペルノリカール関連で正規輸入があったと推測されるものですが、2011年にラフロイグはペルノリカールからビーム社へ。。。サントリーとの関係は途切れてしまいます。
しかしその後2012年にサントリーがまさかのビーム社買収。一度関係は遠のいたものの、現在は親会社になったわけですから、よくわからない加水のNAとか入れてないで、こういうラインナップを国内展開してくれてもいいと思うんですけどね。

モートラック スペシャルストレングス 49% 免税向け ブラインド

カテゴリ:
MORTLACH
"Special Strength"
2015's
For the Travel Retail Market
500ml 49%

【ブラインドテイスティング回答】
仕様:加水
原産:スペイサイド
熟成:シェリー主体、スパニッシュやアメリカンオークの複数タイプのバッティング
年数:15-20年程度
度数:48%程度
蒸留所:グレンファークラス
暫定評価:★★★★★★(6)

シェリー樽熟成を思わせる甘い香味。ドライプルーン、ブラウンシュガー、アップルパイ。濃いめの紅茶を思わせる渋み、乾いたウッディネスにリチャー系の焦げたようなニュアンスもある。
口当たりの粘性を伴うキャラメルのような甘みから、ピリっとした刺激、淡く徐々にローストした麦芽、アーモンド、焦げたトースト。余韻はややトーンが高くヒリヒリとした刺激を伴い、ほのかな草っぽさ、ほろ苦さが長く続く。

シェリー、バーボン、リチャーの有無。シェリー樽を中核としつつ複雑な樽感が感じられるウイスキー。複数タイプの樽が混ざり合う中で、しっかりとした酒質がバランスの良さに繋がっている。熟成感は中熟主体に幅広く、フレッシュであり落ち着きもある。
(ボトル全容。このシリーズは容量が減ってくるとラベルが見えづらい。。。)


モートラックが2015年にラインナップを一新し、ダフタウンの野獣というニックネームを纏って登場した際、通常ラインナップ3種と合わせてリリースされたのが、この免税店向けのスペシャルストレングス。最近は並行品が国内市場に入り始めたようです。
49%仕様でカスクストレングスというわけではなく、加水仕様ですが、通常よりも度数を高く調整することで、より原酒の個性を際立たせつつ、オフィシャルとしてのバランスを保つ狙いもあるようです。

実際に飲んで見た感じも、酒質由来のアタック、香味がしっかりと残っていて、飲みごたえがありました。体感的な熟成感は15〜20年程度の中長期熟成原酒を主体にしたイメージで、加水を少量に抑えているためか、香味のアタックに強さがあり、一緒にブラインドにトライしたウイスキー仲間は50%Overのハイプルーフを予想していたほどです。

特徴的なのはその香味の強さに加え、複雑な樽感。これも度数の高さに由来してか、スパニッシュ系のシェリー樽の香味を主体としつつも、リチャーオークの焦げ感やアメリカンホワイトオーク由来と思しきニュアンスなど、各樽の要素があまりぼやけることなく伝わって来ました。
テイスティングのとおりそれらのバランスがとれており、渾然一体となって楽しめるのは、様々な原酒を持って大量生産出来るオフィシャルならではの作りと言えるかもしれません。


そんなわけで今回のブラインド、各スペックだけ見ればかなり近いところまで絞り込めていて、テイスティング的には及第点ではあるものの、ここまできて蒸留所が出てこなかったのは不覚でした。
悩んで酒質的に強いグレンファークラスとしましたが、冷静に考えるとオフィシャル・ファークラスでこの手の複数樽バッティングがリリースされた記憶はなく。。。モートラックが選択肢にも出なかったのが悔しい(笑)。
前回のブラインド記事でもあと一歩絞りきれない状況でしたが、今回もあと一歩。この精度を上げることを目標としていきたいです。

今回の出題は神田のBAR Groovy の藤島さんに頂きました。楽しく分析出来ただけでなく、いい経験になる出題、ありがとうございました。

このページのトップヘ

見出し画像
×