シングルモルト 笛吹峡 25年 1983年蒸留 カスクストレングス 64% ブラインド

カテゴリ:
SINGLE MALT USUIKYO
MONDE SHUZO
CASK STRENGTH
Aged 25 years
Distilled 1983
700ml 64%

【ブラインドテイスティング回答】
地域:ジャパニーズ(クラフト系)
蒸留所or銘柄:笛吹峡
熟成年数:20年程度
樽:リチャードシェリー
度数:60%程度
暫定評価:★★★(3)

香り:焦げたゴムや木材、焚火の煙、タールのような強いクセのあるアロマ。スワリングしているとほのかにエステリー、カラメルソースのような甘みも感じるが総じて癖が強い。

味:ピリピリとスパイシー、強く燻した樽材、タール、輪ゴムを口の中に入れているよう。樽のアクが強い。
余韻はビターでハイトーン。口内の水分が揮発し、焦げた木材とゴムっぽさ、鰹節のような味わいが強く残る。

非常に個性的。ゴム系の風味が強く、正直真っ当な作り方や貯蔵環境で熟成されていないのではないかと感じる。例えばモンデ酒造の笛吹郷。あるいはモンデから売り出されて店頭で量り売りされた出所不明ウイスキー。


ウイスキー仲間のYさんからのブラインド出題。
ネットを調べるだけで、賛否両論において否のほうが圧倒的に多く見られるボトルで、焦げたゴムのような味がするという個性で知られる謎のシングルモルト。

このボトルそのものを私は飲んだことがなかったのですが、モンデ酒造は笛吹峡ブランド以外に、量り売りのリカーショップに樽で原酒を卸していたため、名称不明のシングルモルトとして過去2回ほど飲んだことがありました。
それは日本的な強い樽要素に、荒さの残る酒質。まさに焦げたゴムという表現がしっくりくる極めて個性的な味わいなのです。

そんなわけで、今回のブラインドは感じられた全ての要素が、モンデ酒造がリリースしていたシングルモルトウイスキーのそれを指していました。
というか、量り売りされていたものより、問題の個性がさらにパワーアップしていて、30ml飲みきった後しばらく口の中に残り続ける持続力・・・。写真のタグに書いてある"コメント"を書いた方も好みはあろうと思うのですが、ちょっとこれは。

飲んでいて感じたのは、おそらくこの原酒は銅のスチルで蒸留されていないのではないかということと、樽の処理が悪いということ、そして気温の高い環境で熟成されているということ。
樽に関しては、例えばシェリーやワインの空き樽をリチャーし、灰汁抜きをしないまま原酒を詰めたのではないか。
モンデ酒造のシングルモルトは、輸入原酒バージョンもあって、それにも同様の樽感が出ていた記憶があります。
なんていうか、熟成させれば良いってわけじゃないんだぞと言う感想を強く持ちました。

とりあえず飲めてよかったです。
そしてこの味わいは、良くも悪くも一生忘れないことでしょう(笑)。

グレンタレット 29年 1987-2017 シグナトリー 54.9% ブラインド

カテゴリ:
GLENTURRET
SIGNATORY
Aged 29 Years 
Distilled 1987.9.26
Bottled 2017.1.16
Cask type Hogshead#380
700ml 54.9%

【ブラインドテイスティング】
地域:北ハイランド
蒸留所:プルトニー、クライヌリッシュ
熟成年数:25年程度
流通時期:近年
樽:バーボンホグスヘッド
度数:53%程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ニスのような溶剤感のあるウッディネス。バニラやカスタードシュークリームを思わせる甘みもあるが、その上にある樽感が強く、鼻腔を刺激する。時間経過でワクシー、すりおろしリンゴのアロマ。

味:リッチな麦芽風味とすりおろしたリンゴ風味。熟したバナナ、おしろいっぽさ、オーク由来のリンゴのコンポートの落ち着いた甘酸っぱさも感じる。
余韻は少し粉っぽさを伴いつつ、カシューナッツ、麦芽と干し草のほろ苦いアクセントと近年系のトロピカルフルーツ。

ノージングではツンとした刺激に若干警戒させられるが、徐々に開くワクシーな甘さ。酒質の個性もあり、後半は樽感もホグスヘッド系のフルーティーさがうまくマッチしているおいしいシングルモルト。


今回のブラインドは、先日マッキンレーズなどのサンプルを交換頂いた、若きウイスキークリエイターNさんからの出題。
少しニスや溶剤っぽさというか乳酸系の酸味というか、独特の香りが混じることがちぐはぐさに感じますが、味わいはオーキーなフルーティーさと熟成感があって、味だけ見ればもう一つ評価を高くしても良いかなと感じるボトルでもあります。

ブラインドの結果を見ると完全にミスリードしているのが地域と蒸留所、そして微妙に熟成年数がズレてますね。これは地域からの予想というか、蒸留所を最初に決めてしまったため、そこに色々引っ張られている典型的な失着だったと思います。

個人的に、ブラインドの回答は各要素バラバラに行われるべきで、極端な例を出せば蒸留所まで予想する場合は地域はハイランドだけど、蒸留所はアイラみたいな話があってもおかしくはないと考えています。
それは熟成場所が蒸留所ではない事例がありえますし、ピートと麦芽がアイラ産ならそう感じる可能性もある。また、純粋にそういう風に感じたと言う回答は、後々の検証材料として貴重であるからです。
とにかく、「こんなリリースないよな」なんて先入観を持たないことが大事ですね。

今回は熟成感、味わいからボトラーズの内陸系、シングルカスク、30年熟成程度というイメージを持っていました。
一方で、香りに感じられた刺激や癖から、長期熟成の北ハイランド2蒸留所、特にプルトニーっぽいなと予想したのはブラインドなのでいいとしても、あそこはそんなに長熟はないよな・・・とか余計な推理が入り、熟成年数をちょっと若めに修正したりしてしまいました。こうなると、見事に迷走するわけです。
まあ仮に選択式だったとして、タレットを選択できたかはかなり怪しいのですが。


というのも、グレンタレットと言えばソーピーなフレーバーを特徴の一つとするモルトで知られています。
ただ1977年あたり、一時的にその要素が無い時期もありましたが、その後1990年代蒸留には再びそのフレーバーが復活したリリースが見られるところ。
今回のボトルにはその要素がはなく、むしろあるのはいい麦感とフルーティーさ。そう言えば1990年代のオフィシャルボトルにはそのフレーバーがなかったものもあるわけですが、この先入観を払拭できたかは・・・自信がないですね(笑)
良い出題を頂き、ありがとうございました!

ジョージディッケル 9年 ハンドセレクテッドバレル 51.5% ブラインド

カテゴリ:

GEORGE DICKEL
HAND SELECTED BARREL
Aged 9 years
Gallenstein Selection No,1
Release 2015
750ml 51.5%

【ブラインドテイスティング解答】
地域:アメリカ 
蒸留所or銘柄:ウッドフォード系
仕様:バーボン、加水
熟成年数:6年程度
蒸留時期:近年
樽構成:新樽
度数:46%程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:チャーオーク系のアロマ、キャラメルソース、くるみ、えぐみと溶剤っぽい刺激が少々。スワリングしているとハーブ系のアロマもほのかに感じられる。

味:コクと刺激のある口当たり。キャラメルの甘み、アーモンドや胡桃、薄皮のついたナッツを思わせる苦味と軽い香ばしさ、ほのかに焦げたようなニュアンス。ボディ感あり、余韻はドライで心地よい刺激が長く残る。 

アメリカン系のフレーバー構成。樽感は上質とは言い難いが、加水の割にボディがしっかりとあることと、安定した味わいであるため蒸留方法に特徴のある大手メーカーの作ではないかと推測。経験不足故に銘柄までは絞りきれなかった。
 

先日ウイスキー仲間のIさんから出題頂いたブラインド。
最近日本にも並行輸入されている、テネシーウイスキー、ジョージディッケル蒸留所のスモールバッチ。ハンドセレクテッドバレル。今回のアイテムは現地で販売されているPBとのことです。

さてこの後、何を語るにしてもテイスティングでミスリードしているので、まずはそこから正さなければなりません(笑)。

というのも、
・あまり強くない平均的な樽感。
・特徴的な甘みと柔らかい飲み口。
・飲み口に対して多少刺激が残っている。
と感じた各要素から、6年くらいの標準的な熟成期間の原酒を46%くらいまで加水して整えたのではないかと。それ故度数の割にボディが残っているなと感じていました。

しかし実際の加水は51.5%にとどまるもので、刺激はそこからくるもの。この度数ならボディの厚みは標準的で、特筆して厚みがあるという感じではありませんね。
一方で度数を感じさせない柔らかい飲み口や特徴的な甘さは、この蒸留所の個性とも言えるコーン比率の高い原料比(コーン84%、ライ麦8%、大麦8%)と、サトウカエデの炭に1週間浸す独自のチャコールメローイング製法からか。
少しえぐみのある樽香が、近年系のニュアンスにも感じられます。

ジョージディッケルは加水のボトルこそ何度か飲んだことがあったのですが、50%を越えるハイプルーフは初めて。今回は度数を読み違えたところから、ミスリードが広がった部分はあるものの、仮にわかっていたとしてテネシーウイスキーにたどり着けたかどうか・・・。このウイスキーに関する経験の浅さが、随所に出てしまったテイスティングと言えます。


ちなみに、今回貴重なボトルを提供頂いたIさん曰く、この出題はあえて自分が飲んでなさそうなところを狙って出題されたのだとか。
見事に手のひらで踊らされた感がありますね(笑)。
ですが、非常にいい経験になりました。ありがとうございました!

このページのトップヘ

見出し画像
×