マッカラン 12年 43% 1990年代流通

カテゴリ:
MACALLAN
Years 12 old
Matured in Sherry Wood
1980-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人主催テイスティング会@YMC
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:黒蜜とドライプルーンを思わせる甘く濃厚なアロマ、ほのかにキャラメルアーモンドの香ばしさと苦味。しっとりとしたウッディネスと、奥にはツンとした刺激もある。

味:スムーズで引っかかりの少ない口当たり。香り同様に黒蜜を思わせる甘み。プルーンやイチヂクのドライフルーツ、キャラメリゼ、甘みとビターでウッディーな変化がある。
余韻は少しべたつく印象があるものの、ピリピリとスパイシーな刺激、ほろ苦く長く続く。

しっかり濃厚なシェリー感で、黒蜜やドライフルーツを思わせるスウィートな構成。加水で整ったボディと合わせてマイルドな味わい。 ★6と固定するには惜しいが、しかし7には届かない。


前回の更新でシェリー感に関する話が出たので、シェリー樽と言えば。。。の代表格であるオフィシャルマッカランです。
今回のボトルは蒸留をざっくり80年ごろとすると、マッカラン蒸留所のシェリー樽工場(1973〜)が稼働し、少なくともスタンダード用の樽の多くがシーズニングに切り替わったであろう時期のもの。
近年流通マッカランのはしりと言える時期のボトルと認識しています。

香味はウッディなスパニッシュ系のニュアンスが、濃さこそ違えど現行品12年シェリーオークに通じる、同系統の要素も感じます。当時のGM系のカラメルっぽいシェリー感でもなく、グレンドロナックのベリーっぽい感じでもない、黒蜜っぽさのあるマッカランのシーズニング味。
同じ時期の10年熟成と比較すると、そのシェリー感と酒質の乖離。言い換えれば酒質の荒さが少なくなって、飲み口はより一層マイルドになってますね。
マッカランは加水しない素の酒質が比較的パワフルなので、シェリー樽熟成と加水前提で最低12年以上。理想的には18年は熟成期間が欲しいと感じる点が、このキャラクターにあります。

(今回のボトルとほぼ同時期蒸留に当たる18年。香味の傾向は当然似ているが、余韻にかけての一体感、さらにスムーズでスウィートな口当たりに仕上がっている。万人が飲んで美味いと言うウイスキー。)

酒質の部分にフォーカスすると、現行品のマッカランが薄く軽いと言われる点は、シェリー感もさることながらボディが加水にどれだけ耐えられるかでもあります。
オフィシャルスタンダードのシェリー感は年代ごとに徐々に薄く、荒くなっているので、ついつい樽の問題だけと思いがち。確かにそれもそうなんですが、先入観を取っ払って飲んでみると、少なくとも1990年代以降のそれらは近いニュアンスが感じられる部分もあり、案外良くできているんです。

樽感に輪をかけて変わっているのはベースの部分です。短熟での仕上がりやすさを重視してるのか、軽く樽を受け止められない近年のそれ。先日完成したという新しい蒸留棟では、さらに軽くなったという声も聞きます。
今回のボトルは60年代より淡麗気味になりつつありますが、まだ加水を受け止めてまとまる厚みが、香味の広がりを後押ししているのです。

あれ?シェリーの話で始めたつもりが、いつの間にか酒質のボディの変化になってる。。。(笑)。


ミルトンダフ 39年 1969-2008 GM 60.4% 佐藤酒店40周年記念

カテゴリ:
MILTONDUFF
GORDON & MACPHAIL
RESERVE
Aged 39 years
Distilled 1969
Bottled 2008
Cask type Cream Sherry Butt #15293
For SAKE SHOP SATO
700ml 60.4%

グラス:テイスティンググラス
場所:Bar Main Malt
時期:不明
評価:★★★★★★★★(8)

香り:濃厚でパワフル。熟したベリー系の果実、枝付きレーズン、あるいは皮付きの葡萄。甘酸っぱいアロマにカカオチョコの渋み、奥にはメレンゲクッキーのような甘いアロマ、微かにハーブを伴う。

味:とろりとリッチな口当たり。キャラメリゼしたナッツ、レーズンチョコ、実にふくよかで果実味のあるシェリー樽の甘みが、高い度数も合わせて広がる。合わせてウッディでカカオや濃く入れた紅茶のような渋みとタンニン。序盤の甘みがビターな余韻に収斂する、長いフィニッシュ。

もはやベースが素性の良い何か、という以外区別できないまさに圧殺系。古き良き時代のGMシェリー味で、ベリーや葡萄などの果実味もあり、現行スパニッシュオークの圧殺系とは樽の違いを感じさせる。なお、余韻にかけてはウッディさが強く、この点が評価を分ける印象でもある。


久々のメインモルトさん。「なんか面白いのないっすかね」と言って棚の奥から出てきたボトルが酒ショップSATOさんのミルトンダフ。これは懐かしい!最後に飲んだのは3〜4年前くらいで、勧められるままに注文しました。

ウイスキーを本格的に飲み始めた頃、その当時は1960年代蒸留のリリースは当たり前のようにあったのですが、40年弱の熟成ともなると度数は良くて50度前半。60度台をキープしているものは珍しく、誰かにそういう特別なカスクの存在を聞いて、探していた事があります。
曰く、長期間熟成を経て樽詰め度数から殆ど減らない奇跡のような原酒は味の広がりが違うと。

今にして思えば60%が58%になったからって香味が壊滅するわけじゃないし、むしろ殆ど変わらない。さすがに40%台前半まで下がればボディの弱さを警戒しますが、単にそういう尖った要素に惹かれていたんですよね。いわゆるハイプルーフ至上主義のいち症状と言えるのかもしれません。

そして出会えたのが、このミルトンダフ。大阪、佐藤酒店(SAKE SHOP SATO)さんが40周年を記念してボトリングした1本です。
濃厚で果実味を伴うシェリー感、余韻にかけて歯茎や喉に張り付くタンニン。それでいてカラメル系の独特な甘み。。。今飲んでも美味いモルトであることは間違いないものの、漠然と美味しいとしか思わなかった当時と比べて、樽材のニュアンス、シェリーそのものの香味の系統など、色々な気づきがありますね。


なお、このミルトンダフの樽はクリームシェリーだったそうで、ひょっとしてちょっと前のGM(あとはグレンファークラスの90年代とか)に多かった独特なカラメル系の甘いシェリー感って、クリームシェリー樽によるものなの?と。
シェリーの主力製品の一つはクリームであり、今ほど様々な区分でのリリースがなかった時代に、そうした樽が大量に出回ってもおかしくはありません。
近年はオロロソを中心に、様々な酒精強化ワインをベースに用いたシーズニングがウイスキー業界の中心となっていますが、これは以前お話を伺ったシェリー協会の方によると、熟成していないものを使っているとのこと。
そんな中で、ブレンドしたあとのクリームシェリーでのシーズニングってあまり聞かない・・・。また一つ、確認したいことが増えてしまいました。

ロングジョン 21年 ロイヤルチョイス 1980年代流通 43%

カテゴリ:
LONG JOHN
"Royal Choice"
Years 21 old
1980-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:個人宅持ち寄り会
評価:★★★★★★(6)

香り:薄めたカラメル感やべっこう飴を思わせる甘い香り立ち。干草、オレンジピール、淡い薬品香を伴うスモーキーさ、ナッティーな香ばしさも伴う。

味:マイルドな口当たりからほろ苦く染み込むようなピートフレーバー。オレンジママレードとキャラメリゼ、微かな古酒感。中間はとろりとして穏やかなボディ。余韻はドライで渋みを伴いつつ、スモーキーなフィニッシュが長く続く。

古酒っぽさと熟成感のあるまろやかな香味、ボディはミディアム程度で強くはないが、程よい厚みにスモーキーフレーバーがしっかり感じられる。またアイラ的なピート香も混じり、キーモルトの一つが存在感を主張する。


1980年代後半から1990年代にかけ、香港などのアジア市場向けにリリースされていたと思しきロングジョンの上位グレード。当時は海外の今後発展させたい市場向けのボトルが少なからずあったので、その位置付けでしょうか。
日本にはスタンダードなロングジョンの正規代理店があったものの、21年の入荷はかなり少なかった模様。これは本国も同様で、現在のリユース市場は当時免税店などで買われたお土産物が中心になっています。

ロングジョンに限らず、1980年代後期は多くのブレンドが味を落とした時期ですが、そこは腐っても20年熟成。つまるところ、1960年代蒸留の原酒です。
アイラ系のピーティーさが感じられるあたり、ロングジョンブランドのキーモルトであるラフロイグが使われてることは間違いなさそうです。ただし、メインというよりはいち要素で、当時スモーキーだったハイランド系の原酒もある程度使われてると思います。

グレーンのフレーバーは5:5か4:6程度といったところ。穏やかなモルティーさやピートフレーバーが、現在のブレンドとは異なるキャラクターを感じさせますね。
古き良き味わいにして、若いブレンドをいくら瓶内熟成させようとと届かない領域にある構成。ロングジョンに限らず、下手に1960年代流通のノンエイジにチャレンジするなら、1980〜90年代の20年オーバーは状態も悪くないものが多いし、狙い目だと思います。


ロングジョンと言えば、上記青いセラミックのボトルの方もあり、流通時期的には今回のボトルの後で1990年前後からになるようです。
こちらもしっかりピーティーでありながらまろやかな飲み口。同時期のスタンダードなロングジョンNA、あるいは12年より熟成感があるのは間違いないものの、セラミックボトル効果もあってそれほど変わらない価格で流通している状況。 
横置きされやすい形状ですし、確かにボトルによって結構状態差があるようにも感じます。

また、メインの流通場所が香港などアジア圏なので、なんとなく「あっ・・・(察し)」となってしまう風評被害もあるいは・・・。
まあ今の時代、安くて美味いものは早々なく、ある程度ギャンブルをしなければ手に入らない。オールドはその最たる例。まだ5000円前後の宝くじなのだから、高騰する人気モルトウイスキーに比べれば良心的とも言えそうです。

このページのトップヘ

見出し画像
×