シークレットアイラ 9年 2006-2016 ディスティラリーズコレクション 55.5%

カテゴリ:
IMG_1398
SECRET ISLAY
Distilleries Collection
Islay Scotch Malt Whisky
Aged 9 Years
Distilled 2006
Bottled 2016
700ml 55.5%

グラス:SK2
量:30ml程度
場所:自宅セミナールーム
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:スモーキーでピーティー。酸味があり、若くニューポッティーなアロマ。食パンを思わせる酵母系のアロマ、強めに加水すると甘い麦系のアロマが主体的になり、乳酸感と合わせてドライフルーツのような酸味も感じられる。

味:ツンとした鋭さと、舌の上に甘いコクもある口当たり。レモングラス、ヨード、ニューポッティーでピーティー、荒い要素も感じる。
鼻抜けは焦げたようなピート、土っぽさ。フィニッシュはスパイシーで刺激的。 加水するとコク、粘性のある口当たりが主体的に。


ビンテージモルトウイスキー社がリリースする、お得意のどこの蒸留所かわからないアイラ島のシングルモルト。
同社といえば、アイリークにフィンラガン、そしてアイラストームなど数々の出所不明銘柄をリリースしており、共通した特徴といえば「若い」ということ。。。ではなく、しっかりとピーティーな味わいであること。
今回のボトルも例に漏れずピーティーで、カリラか、ラガヴーリンか、はたまたラフロイグか・・・というところですが、やはりその若さ故にどの蒸留所なのか、他のリリース同様に決め手に欠ける印象もあります。

ではラベルの画像など周辺情報から特定できないかと考えるわけですが、それも無関係なモノを選んでいるという徹底ぶり。
後は飲み手がどう感じるか。自分はピーティーで若く荒さのある比較的クリアな酒質、塩気はあまり強く出ていないところから、ラガヴーリンをイメージ。しかしヨード系のアイラらしさに、オイリーで粘性のある味わいが、特にモルト2に対して1くらいの比率で加水すると強く感じられるそれに、ラフロイグという線もあるなと予想したところ。

ボトルの完成度としてはともかく、こういうボトルはBAR等で売りやすいみたいですね。
ストレートで謎かけ的に出してもコミュニケーションのキッカケになりますし、個性が強いため逆にリピートもされやすい。
先日とあるBARで飲んでいた際、女性同伴で飲んでいた男性の方の注文は「マスター、ほら、石けん!」だったり、「臭いの」と個性が際立ったモノを頼んでいました。
対して女性のほうは自分の好みに素直というか、スペイサイドの長期熟成メインの組み立てで、キャラクターが表れてるな-と感じたわけです。

さて、今日も沖縄滞在、THE SEA シリーズ。
今回はボトルのラベルがアザラシ(トド?」で、水族館っぽいので美ら海水族館の大水槽から。
美ら海水族館は初めて行きましたが、この大水槽は確かに凄いですね。併設するカフェの水槽側の席で食事しながら見ましたが、3匹のジンベエザメは見応え抜群でした。

ただ、午前中をビーチで過ごし、午後から水族館や道の駅巡り。そして夕日を見るべくホテルまで車を飛ばすというプラン、運転手には中々酷です(笑)
ご利用は計画的に、ですねw

ボウモア 35年 1968-2003 ジム・マッキュワン ケルティックハートランド 40.6%

カテゴリ:
IMG_1134
IMG_1135
BOWMORE
Jim McEwan's 
Celtic Heartlands 
Aged 35 Years
Distilled 1968
Bottled 2003
700ml 40.6%  

グラス:サントリーテイスティング
量:15~20ml
場所:個人宅(持込ボトル@Yさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:トロピカルフルーツと称されるフルーティーさに、フェロモン系のアロマ。所謂南国感。パイナップル、ドライマンゴー、洋梨、土っぽいピートや干し藁のほろ苦いニュアンスも広がる。また、時間と共にドライでオーキーなウッディネスが徐々に強く感じられる。

味:ドライでオーキーな木のエッジを感じる口当たり。ボディは軽く、黄色いドライフルーツ、乾いた麦芽の香ばしさ、徐々にトロピカルなフルーティーさと香り同様のニュアンスが広がってくる。
余韻はスモーキーでドライ、フルーティーでウッディな渋みとともに長く続く。


ケルティックハートランドシリーズは、今はもうウイスキー業界の第一線から身を引かれてしまった、ブルイックラディ蒸留所復活の立役者にして、ボウモア蒸留所の所長だったジム・マッキュワン氏が、原酒を厳選してリリースしていたシリーズ。
ボウモア等のアイラモルト以外に、マッカラン、グレンリベット、ハイランドパークなどもリリースされており、リリースにあたっては一度原酒をアイラ島に移して熟成していることが、独特の深みを生み出すとしてセールスポイントとなっていたシリーズでもあります。
ただ、これはボトリング設備としてブルイックラディを使用する関係で、現地に移していたという背景もあるんでしょう。

今回のボトルはモルトウイスキーファン垂涎の1960年代蒸留ボウモアで、そのアロマはもちろん南国感しっかりのフルーティーアイラ。しかし原酒構成は度数落ちの複数樽バッティングで、酒質は枯れかけていて樽由来のウッディネスが強くドライ。ボディは軽く、フレーバーの力強さもそれなりと言う感じです。
特に序盤から中間までは樽系のフレーバーとドライなニュアンスがメイン。ここまでだと中間がすかすかで、肩透かし状態なのですが、徐々にそこから60年代のボウモアらしいフェロモン的なフルーティーさ、フレーバーが開いてきて、うんうんこの味だよとなるのです。
それはまさに全盛を極めた時代ではなく、その時代の片鱗を味わうという表現が、適切かもしれません。

このボトルのラベルは2羽の鳥が描かれたケルティック模様で、意味は友愛の鳥なのだそうです。
ボウモア以外にも複数リリースされたようですが、このボウモアについてマッキュワン氏に掛けて考えれば、2羽の鳥はボウモアとブルイックラディという感じでしょうか。
かつて蒸留所として経営が上手くいっていたボウモアに対し、ブルイックラディは迷走気味。ボウモア蒸留所で働く中で、対岸にあるブルイックラディが寂れていくのを寂しい気持ちで見ていた、というエピソードがあります。

その後同氏はボウモアを離れ、ブルイックラディ復活に尽力するわけですが、同氏のこのボトルに対するテイスティングコメント、余韻は「Thanks for the Memories」と書かれているそうです。
その一言で自身の思い入れの深さと、我々部外者には量り得ない重みが感じられますね。
というわけで絶賛沖縄滞在中な訳で、南国と掛けてトロピカルなボウモアを更新しつつ、今日もTHE SEAです。
いやー夏の空ですね。
ホテルの裏にあるビーチの隣、腰まで浸かるかどうかの遠浅で、大人のシュノーケルには物足りないですが、子連れの自分にはぴったりでした。
カラフルな熱帯魚も見れて我が子も満足です。

リンクウッド 26年 1984-2010

カテゴリ:
IMG_0947
LINK WOOD
Moon Import 30th Anniversary
"THE SEA"
Aged 26 Years
Distilled 1984
Bottled 2010
700ml 46%

グラス:国際規格テイスティング
量:30ml以上
場所:持ち寄り会(@極みの会)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかいが厚みのある香り立ち。干し藁の香ばしさと乾いた植物感、ハッカを思わせる爽やかさに、微かにドライアップル、土っぽいピート香から徐々にスモーキーフレーバー。

味:スムーズだが厚みのある口当たり、蜂蜜のコクと甘さ、麦芽風味。皮付きの洋梨、内陸系のピートフレーバーが広がって、ほろ苦くスモーキーな余韻につながる。
いい意味で雑味のあるウイスキー、加水からフレーバーのまとまりも良い。


イタリアのボトラーであるムーンインポート社が開業30周年を記念してリリースしたうちの1本。
THE SEAはその名の通り海を銘打ったシリーズですが、アイラなどの島モノでリリースが構成されているわけでもなく、このリンクウッド以外にマッカランやスペイバーンなどの内陸系モルトも数多くリリースされていました。
また、このボトルは同社創業30周年記念であるにも関わらず、創業年の1980年ではなく1984年蒸留のリンクウッドというのも、なんともらしいですね。

そのラベルには海は海でも古代の海に生息する生物が書かれているものの、綺麗と言うよりは芸術的な独特なタッチのモノが多く、それが逆に目を引きます。
ムーンインポートからはこのシリーズだ以外に、人、花、動物、服、靴、車・・・同じようなトーンで様々なイラスト(もはや絵画)をプリントしたラベルでのリリースが行われていました。
値段は高かったですが、中身も良いものが多く、"飾るだけで無く飲める芸術"と言えるかもしれません。 
最近は様々なボトラーズメーカーが、中身とはあまり関係の無いイラストでシリーズを作ることも多くなりましたが、思えばムーンインポートは先駆けの一つだったんだなと感じます。

IMG_0453
(以前飲んだムーンインポートの2本。アードベッグとグレンキンチー。特にグレンキンチーは同蒸留所の中でのベストボトルに数えたいほど。)

そんなムーンインポート社が、創業30周年記念に詰めたうちの1本が今回のリンクウッド。
ビンテージは1984年という自分の生まれ年・・・ではなくて、とスコッチウイスキー的にはあまり良いビンテージでは無く、当たりを探すのが難しい時代。

これまでも1980年代のリンクウッドはいくつか飲んできましたが、リンクウッド蒸留所の1960年代、70年代初頭にあったスモーキーで厚みのある味わいを失っている時代・・・という先入観を覆す、かつてのリンクウッドに共通する芳醇さのあるグットボトルでした。
加水ですがコクがしっかりあり、良い意味での雑味、麦芽風味の広がりに内陸系のピーティーさ。
ムーンインポートが詰める原酒は最高品質のものだけ、なんて話も聞いたことがありましたがそれを裏付けるような構成に、びっくりしておかわりしてしまいました。
今回は口開けでこの味わいですから、今後さらに開いていくのだろうと思います。


さて、THE SEAシリーズの投稿にかけて、こちらもTHE SEAです。
ホテルからのオーシャンビュー。連休と夏季休暇を使って家族で沖縄に来ています。
直前まで台風16号と次弾装填の低気圧の動きにやきもきしていましたが、合間を縫う形で旅行期間中は天気良好のようです。
家族旅行なので釣りや酒絡みの話は難しいですが(不覚にも釣り竿すらもってこれなかった)、のんびりバカンスしてきたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×