リンクウッド 21年 GM 蒸留所ラベル 1990年代流通 40%

カテゴリ:
LINKWOOD
Gordon & Macphail
Aged 21 years
1990-2000's
700ml 40%

グラス:テイスティンググラス
場所:Y's Land Bar IAN
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースの甘いアロマ、古酒感、いぶりがっこを思わせる角の取れた酸味とスモーキーさ。微かにい草のようなニュアンスもある。

味:穏やかな口当たり。シェリー感はバランス型、ブラウンシュガー、サルタナレーズンなどのドライフルーツ。ボディは平坦で一瞬香味の広がりに空白がある一方、余韻はピーティーで野焼きの後のようなスモーキーさが、染み込むように長く続く。

GMシェリーのカラメルソースっぽい甘みと、加水で整えられながらも1970年代以前のリンクウッドらしいスモーキーフレーバーが魅力。若干の古酒感はボトリング後の経年を考えればやむなし。出来ればもう少しボディが欲しいが。。。


先日IANで「昔のゆるいGMを」とオーダーして、棚の奥から出てきた一本。このデザイン系列の蒸留所ラベルは、1970年代後半あるいは1980年頃からリリースされていますが、今回はラベルが「Single highland malt」表記であることから、1990年代以降の流通と思われます。
つまり逆算すると蒸留時期は1970年代が濃厚といったところでしょうか。このころのリンクウッドは、銘柄によってスモーキーだったり淡麗だったりしますが、今回のベースはスモーキー比率多めのようです。

GMリンクウッドの蒸留所ラベルは、2000年代に入ると白黒のモノトーンのラベルへと変わり、直近ではボトルのデザインを微妙に変えながら現行品に至ります。(以下写真参考)
その間味の変化はどうかというと、当然それはあって。基本的にはピーティーさが穏やかになり、シェリー系中心にシフトするのですが、その間ロット差もあり、ある時はサルファリーだったり、リフィルっぽかったりと。。。ボトラーズリリースのシングルモルトなんだなと認識させられるぐらいに、誤差はありました。


(2000年代にラベルデザインが変わり、2012〜3年頃に肩部分に「G&M」の表記が入る写真のボトルデザインに変更された。最新のロットはボトルが再度変わり、メタリックなエンブレムも施されている。)

ちなみに今回のボトル。テイスティングではリンクウッドらしいと書きましたが、それはあくまでリンクウッドとわかっていた場合に紐付け出来るくらい。キャラクター的には、当時のGM蒸留所ラベルでリリースする20年クラスの熟成品の中で、同じように内陸系のスモーキーさがあるモートラックとの区別は困難という印象です。

強いて言えば、この時期はリンクウッドの方がスモーキーフレーバーが強いか。。。ですが、全体構成は例のGMシェリーと加水の強さで、他はこれという差別化が難しく。蒸留所ラベル以外のコニチョとか混ざろうものなら、正直自信はない。
まあこれもまた、ボトラーズの味というヤツですね(笑)。

ベンネヴィス 10年 46% イギリス向けオフィシャル

カテゴリ:
BEN NEVIS
MACDONALD'S
Aged 10 years
Released in 2017
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:個人宅持ち寄り会
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:乳酸系の酸味を伴うケミカルなフルーティーさ。オレンジやキウイ、ハッカ、風邪薬シロップ。乾いた麦芽や土っぽいピーティーさも微かに感じられる。

味:コクのある口当たり。香ばしい麦芽風味と奥から広がるケミカルさはシロップの甘み、オレンジキャンディ、パイン飴、人工的なニュアンスを感じるフルーティーさ。少々荒さもある。
余韻は微かにピーティーで焦げたような苦味を伴う、ややベタつきのある長いフィニッシュ。

ボディはミディアム程度で香味にもらしさがある、飲みごたえのあるモルト。多少若さはあるが、バッティングで全体のの一要素としてまとまっている。少量加水するといくつかの要素がまとまり、マイルドな飲み口からケミカルなフルーティーさがさらに主体に感じられる。


お、なんか雰囲気のあるラベル、ひょっとしてベンネヴィスの限定リリース?
。。。って思うじゃん。
実は普通のオフィシャルスタンダード。イギリス、ヨーロッパなどでは現在日本で流通している43%仕様の10年ではなく、昨年ごろからこちらのバージョンに切り替わっています。

ボトルは以前余市や宮城峡、あるいは竹鶴などのニッカ製品に採用された、通常のトールボトルより少し背の低いずんぐりとしたタイプのもの。1990年代にニッカウヰスキーからリリースされたベンネヴィスの長期熟成リリースには、このデザインのボトルや似たラベルが使われていて、当時を知っている飲み手にすれば、レトロラベルのようで懐かしくも感じると思います。

(シングルモルト・ベンネヴィス10年。現時点の日本流通品だが、近い将来今回のボトルに切り替わるのだろうか。)

その中身は、43%仕様のオフィシャルボトルでは、シロップのような甘みとケミカルなフルーティーさを主体とした構成であるところ。
46%仕様はバーボン樽以外にシェリー樽などバランス寄りにバッティングされているのか、上述のフルーティーさだけではなく、麦芽風味や余韻にかけてのピーティーさ、多少若さに通じる乳酸感など、いくつものフレーバーが混ざり合っている。多彩というか、複雑でボディに適度な厚みもある印象を受けました。

この多彩さが、43%仕様にあるフルーティーさの浮ついた印象を抑え、全体のバランス向上にも貢献しているようです。今のリリースもそれはそれで悪くなかったですが、新しいロットの飲みごたえもなかなか。ラベルチェンジすると味が落ちるという、業界のお約束に逆行する作りとも言えます。
価格的にもそれほど高価でないことから、日本入りが待ち遠しい1本となりました。来年くらいに入りませんかねぇ。。。(チラッ

グレンリベット 12年 ピュアシングルモルト 特級表記 1980年代流通

カテゴリ:
GLENLIVET
Pure Single Malt Scotch Whisky
Aged 12 years
1980-1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:すりおろした林檎、洋梨を思わせる爽やかでフルーティーなアロマ。合わせてバニラ、乾いた麦芽、干草、微かにアロエや花のような植物感も感じる。

味:心地よくドライでスパイシーな口当たり。乾いた麦芽から蜂蜜、あるいはリンゴの蜜を思わせる甘みとコク、徐々にほろ苦く、余韻は淡くピーティー。ドライで長く続くフィニッシュ。

爽やかで清々しいフルーティーな香気が、まさにスペイサイドと言う山間の清流を思わせるキャラクター。味わいも麦芽風味がしっかり感じられる。
近年流通のグレンリベットに語られるキャラクターの原点と言える個性が、より強く備わっている。


かつてバーマンの間で、まず飲むべきモルトとして、全てのシングルモルトに通じる香味があると語られたグレンリベット。ですがそのキャラクターも時代によって異なっており、近年で最も大きな変化があったのが、「Pure Single Malt Scotch Whisky」表記のある今回のボトルでしょう。

1世代前にあたる「Unblended all malt 」表記のあったボトルは、ロットによって多少異なるものの、シェリー系のニュアンスを伴うモルティーさとスモーキーなフレーバーが特徴。それが1980年代後半にリニューアルした今回のボトルは、林檎、洋梨などのフレッシュなフルーティーさが主体となって、スモーキーフレーバーも穏やかに。。。明らかに樽や原酒の構成が変わっていることが感じられます。
当時のグレンフィデック8年や10年を追従する構成とも言えますが、リベットの方が林檎系の香味とピートの存在感が強いですね。

(1970年代から1980年代前半ごろまで流通していた、アンブレンデッド表記の12年。レビューはこちら。)

(1990年代後半に再度リニューアルしたピュアシングルモルト表記ラベル。現行品を思わせるデザインに近づいている。)

近年のグレンリベットのスタンダードクラスは、バーボン樽で熟成した原酒を中心に構成されています。
そのキャラクターへのターニングポイントが、今回のボトルの原酒が蒸留された時期である1970年代後半あたりと考えられ、現代にかけて2ndフィル以降のシェリー樽やバーボンバレルの比率が上がっていったのでしょう。
また、その変化はスペイサイドらしさとも言える華やかさ、爽やかな個性を後押ししており、近代スペイサイドモルトの原点に通じるキャラクターとも感じます。

そう考えると、グレンリベットが全ての基本とする位置付けは、最初に公認を得た蒸留所という背景もある一方で、キャラクターとしても言い得て妙です。80年代以前はシェリーとピート。90年代以降はアメリカンホワイトオーク由来の、華やかさ。その時代その時代で押さえておくべき香味が確かに備わっている。
現行品のグレンリベットが入門用なら、このオールドリベットは、ウイスキーに慣れてきた人に是非飲んで欲しいと思う1本です。

このページのトップヘ

見出し画像
×