グレンモーレンジ アルタ 51.2% プライベートエディションNo,10

カテゴリ:
IMG_20190315_200936
GLENMORANGIE 
ALLTA 
CREATED WITH OUR OWN WILD YEAST 
Limited Edition No,10 
700ml 51.2% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:BAR Eclipse 
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで乾いた木材と紙っぽさ、仄かに乳酸系の酸味とスパイシーな刺激。時間経過で華やかなオークのニュアンス、柑橘感はグレープフルーツピール、白い花のような植物感を伴う甘いアロマ。

味:若さを感じさせる酸味、厚みのある香味でねっとりと舌に乗ってくるようなほろ苦い麦芽風味や柑橘、スパイシーさ。徐々にオーキーなフルーティーさが余韻にかけて残る。

若さを連想する酸があり、厚みのある植物や穀物、アイリッシュのような粘性。香味の主体は少々紙っぽさもあるモルティーさ、不思議な印象を受ける味わい。良さもあるがそれ以外の違和感が。。。これが野生酵母由来なのだろうか。
余韻にかけてはオーキーな要素が感じられ、熟成期間は10年程度ありそう。少量加水すると柑橘やオークのニュアンスがさらに開く。

IMG_20190315_201140

毎年リリースされているグレンモーレンジのリミテッドリリース。あるいはラムズデン博士の挑戦と言うべき意欲作。アルタはゲール語で野生の意味で、今年のリリースはグレンモーレンジに麦芽を供給する蒸溜所周辺の畑(カドボール)で発見されたと言う野生酵母を仕込みに用いたものです。

ウイスキーの製造行程において、蒸留は良くも悪くもリセットの意味合いがあり、仕込みの時点では蒸留するから気にしなくていいと言う要素があれば、逆に無視できないという要素もあり、どこまでこだわっていくかは議論が終わることのないテーマであると感じています。
そしてその一つが麦の種類や、今回のように酵母の種類であるわけです。

自分の印象ではウイスキーの味わいに、酵母と発酵時間は無視できない要素であり、フェスや蒸留所見学でウイスキーの蒸溜関係者に質問すれば、フルーティーさを出す酵母の種類や、発酵時間もクリアな酒質に仕上げるための工夫とか様々に考えられていることを伺うことができます。
今回使われた野生酵母がどのような働きをもたらしているかは推測でしかありませんが、通常のグレンモーレンジのモルティーさと軽快なフルーティーさとは異なる、粘性や酸味と香味の強さが印象的で、発酵力の強い酵母で長期間しっかり発酵させたという感じでしょうか。

飲んでいてローカルバーレイ系統だなあとも感じつつ、この強さと癖のある構成は好みが別れるところだとも感じました。

IMG_20190321_145151

更新が1週間弱空いてしまいました。。。
いや、今週は本当に忙しさの質が違い、久々に疲労困憊。なーんも手をつけられませんでした。年度末は仕事量が増えるだけでなく、変なエラーも多くて本当に色々ともう。
まあそれもようやく一段落。今日はこれから温泉でのんびりして、また活動再開したいと思います。

バランタイン 21年 アメリカンオークエディション 40%

カテゴリ:
IMG_20190307_203143
BALLANTINE'S
SIGNATURE OAK EDITION
American Oak Casks
Aged 21 years
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:日比谷BAR
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかい香り立ち。ドライで乾いた木材、オーク系の華やかなアロマ。メレンゲクッキーやカスタードを思わせる甘み。微かに青みがかった要素もあるが、バランスがとれており品の良さがある。

味:クリーミーで角のとれたウッディネス、柔らかい口当たり。徐々にスパイシーさとバニラや洋梨などのフルーティーさ。バランスの良い味わい。
余韻はドライでほろ苦いウッディネス。鼻に抜けるオーキーな華やかさ、近年系のトロピカルフレーバーも伴う。

アメリカンオーク由来のフルーティーさと華やかな特徴が、くどくない程度に備わったブレンド。バランスが破綻しておらず、加水ブレンデッド故に突き抜けはしないが、完成度の高い味わいと言える。
なお少量加水で一瞬フルーティーさ、クリーミーで華やかなウッディネスがさらに開くが、味はやや苦味が強くなる。

IMG_20190307_203351

バランタインから免税向け商品として、2015年と2016年にリリースされたシグネチャーオークエディション。バランタイン21年をベースに、特定の樽由来の香味を際立たせたブレンデッドで、ヨーロピアンオークとアメリカンオークがリリースされています。
リリース時期は上記の通りで、並行品が一部日本にも流通もしていたものの、この度正規品が今年の1月から日本でもリリースされています。

この手のリリースの大多数は、正規品がなくても特に困ることもないのですが、このタイムラグはなんだかなと感じてしまうことが、今回のリリースに限らずスコッチウイスキー全般でありますね。(今回のように免税品の場合、むしろよく入荷してくれた!!って話なのかも知れませんが。)

IMG_20190307_203053
(バランタイン・シグネチャー・オークエディション、ヨーロピアンオークエディション(左)と、アメリカンオークエディション(右)。すべて同一の樽で熟成された原酒から作られているわけではないようだが、どちらもしっかりとテーマとする樽由来の特徴が備わっている。)

もう一方のヨーロピアンオークエディションは、言わばスパニッシュオークであり、シェリー樽を思わせる黒糖やキャラメルのような甘み。アメリカンオークエディションはバーボン樽を思わせるバニラの甘みと、黄色いフルーティーさと言えるトロピカルなフレーバーが、バランタインという枠の中で主体的に、しかし過度に主張しないバランスで感じられます。

特に、アメリカンオークエディションのほうが、よりフレーバーの違和感がなく好みですね。
元々バランタインは、以前シングルモルトもリリースされたグレンバーギーやミルトンダフなど、内陸系の原酒を軸に作られており。それらの原酒とアメリカンオークカスクの相性のよさはこれまでの個別のリリースで折り紙つき。結果、バランタイン21年との相性も悪いわけがないのです。

度数が40%なので、ボディが弱すぎないか、香味のへたり具合が早いのではとも思いましたが、そんなことはなく。飲み疲れないバランスの良さは、家でじっくりのみたい美味しいウイスキーであると感じました。
いやあ、良い仕事してますねぇ。

三郎丸蒸留所 ハリークレインズ クラフトハイボール缶 9%

カテゴリ:
IMG_20190315_162853
HARRY CRANES 
Craft Highball 
三郎丸蒸留所謹製 
350ml 9% 

北陸でただひとつの、ウイスキー蒸留所から、まさかの缶入りハイボールの発売。
3月12日、三郎丸蒸留所を操業する若鶴酒造が、クラフト蒸留所のリリースとしては恐らく初となる缶入りハイボールを発表。それも、香料やリキュールを添加したものではなく、BARで飲むハイボールを目指してウイスキーと水と炭酸ガスのみ、久しぶりにリリースされるウイスキー(発泡性)表記の本格缶入りハイボールのリリースです。

クラフト蒸留所からのブレンデッドウイスキーのリリースは珍しくありませんが、まさか缶入りハイボールのジャンルに参入してくるとは。。。
一般発売は3月25日とのことですが、既に現地で先行販売が始まっていて、早速飲ませてもらいました。


※350ml缶3本が100名に当たるキャンペーン(2019年3月31日まで)

キャラクターは、三郎丸蒸留所のハウススタイルともえいるスモーキーさの際立ったタイプ。クリアな飲み口で、強炭酸区分と言えるレベルの炭酸の刺激。若いモルト原酒を思わせるほどよい酸味とスモーキーなフレーバーから、キレの良い余韻へと繋がっていく。

ウイスキーと炭酸だけのハイボールは、余韻にしつこさがないというか、香味の引き際が良いですね。使われてないので当たり前ですが、べたつくような甘さだったり、レモン香料が目立つようなこともない自然な感じ。
また思った以上にモルティーで、ドライな飲み口というよりは、口内で香味が開いてくるような柔らかさも伴う印象。ベースは輸入原酒と思われますが、余韻にかけて感じられる微かにオリーブのような要素から、蒸留所改修前に仕込まれた原酒が一部使われているものと感じます。

IMG_20190313_015919
IMG_20190315_163034

缶入りハイボールはハイボールブームが本格的に始まる前から、ニッカ、サントリー、キリンが度々市場に展開しており、特にサントリーの角ハイボール缶は代表的な商品。
2010年には、ニッカから竹鶴12年ハイボール缶がリリースされ、これが竹鶴らしく原料”モルト”のみというチャレンジングな1本でしたが、その後原酒不足で終売。2015年にはブラックニッカブランドから、クリアのウイスキー(発泡性)区分がリリースされましたが、大量生産時の品質安定が難しいのか単にそこまでこだわるジャンルじゃないのか、暫くブラックニッカクリアのみという状況が続いていました。

なので、今回のリリースは久々の”本格缶入りハイボール”なのです。
ベースのウイスキーは3~8年程度の原酒がブレンドされたと思われる、スモーキータイプの若いブレンデッド。単にそれのハイボールと言えばそういうことなのですが、ウイスキーの香味が活きる比率とブレンドが模索されているからか、缶から注いで飲むと何故か不思議と美味しい。
スモーキーでさっぱりと飲めるタイプなので、揚げ物、魚介類以外にジャーキーなどの乾き物。全般的に相性が良いと思います。

IMG_20190304_194232

蒸留所の稲垣マネージャー曰く「ハイボールを飲む時に準備して作るのがめんどくさかったから(笑)」というのが、動機のひとつだったとのこと。確かに冷蔵庫からさっと取り出してすぐ飲める手軽さが、ハイボール缶のメリットです。
また、旅行の際に電車の移動中などでも本格的なハイボールが楽しめるのも魅力。電車のなかでウイスキーストレートはハードルが高いですが、ハイボールは手軽に楽しめる。現在は、富山駅と金沢駅のお土産処で販売されているそうですが、例えば北陸新幹線で車内販売されたりすれば、地ウイスキーとしての宣伝効果がさらに見込めますね。

聞くところによれば、今後三郎丸蒸留所以外の複数のクラフト蒸留所からもハイボール缶がリリースされる予定だそうです。
これは面白い流れ。製造ラインの確保など、ハードルは決して低くないとは思いますが、手軽に楽しめるハードリカーの形として、少量生産だからこそ出来る新しい味をどんどん追求していってほしいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×