タムデュー 10年 43% オフィシャル

カテゴリ:
IMG_2714
TAMDHU
Speyside Single Malt
Aged 10 years
43% 700ml

グラス:グレンケアン
量:30ml
場所:BAR飲み(Eclipse)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:近年系シェリーの甘み、ドライプルーン、ほのかにチャーオーク系のウッディネス。奥から麦芽系のアロマもあり、ポッキーを連想するようなチョコレート香。

味:柔らかくコクのある口当たりから、香り同様に近年系統のシェリーフレーバー。プルーン、ブラウンシュガー。中間はやや単調であまり変化は無いが、ウッディーなほろ苦さ、ゆるい甘みが続く。余韻はドライで少しスパイシー。


そう言えばラベルチェンジしてからテイスティングしてしていなかった、タムデューのニューボトル。以前リリースされていたトールボトルから比べると、ぱっと見ブランデーにも見える独特なボトルデザイン。確か有名なデザイナーが手がけたとかいう話を聞いた記憶があります。
以前このブログのコメント欄で「シェリー感が程よい」と情報をいただいたこともあり、機会があったのでテイスティングしてみました。

所謂近年系のシーズニングシェリー味ですが、まろやかでスムーズな飲み口から、ふわりと広がるシェリー樽の甘い味わい。現行品のタムデューのバッチリリースに「綺麗な擬似シェリー」というイメージがありましたが、これもまたその系統。 
10年という原酒構成仕様、酒質などからそこまで厚みや複雑さがあるボトルでなく、飲みごたえは決して強くありません。
ただ、逆に飲みやすくわかり易い香味は、ウイスキー飲み始めの人でも気軽に楽しめるのではないかと思います。
位置づけはポストマッカランって感じですね。

IMG_3575
(タムデュー15年、1980年代流通。今回紹介した10年同様にゆるいシェリー感が特徴。)

タムデューはオールドボトルでま振り返ると、1世代前のトールボトルはあまり樽感も強くなくライトな印象ですが、1980年代にリリースされていた写真の15年などは、当時の樽事情からかオールドタイプのシェリーのニュアンスが主体的。
今回ラベルチェンジしたボトルが柔らかいシェリータイプに戻ったあたり、原点回帰の姿を感じられて懐かしい気持ちになれました。

サントリー 響 17年 50.5% ノンチルフィルタード

カテゴリ:
IMG_3035
SUNTORY WHISKY
HIBIKI 50.5
NON CHILLFILTERED
Aged 17 Years
700ml 50.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかな熟成香、林檎のカラメル煮、ややアルコール感を伴うアタック。加水すると天津甘栗の香ばしい甘み、エステリーなニュアンス、ほのかにタバコ葉を思わせるウッディなアロマが開いてくる。複雑で多彩な香りだが少し野暮ったさもある。

味:とろりとコクのある口当たり、カラメルソース、アプリコットジャム、干し柿を思わせる甘み、ジンジンと舌を刺激するウッディネス。徐々に甘栗を思わせる香ばしい穀物風味。ミズナラを思わせるオーキーな熟成香が鼻腔に届く。
余韻はスパイシーで微かなピートを伴い長く続く。

ストレートはコシの強い香味が魅力的だが、ぜひ少量加水を試してほしい。より多彩な香味を引き出すことが出来る。
グラスは大振りのワイングラスを使っても面白い。

サントリーが2004年から2009年までの短期間、ノーマルの17年と並行する形で発売していたノンチル、ハイプルーフ仕様の響。2009年12月まで有効のマイレージ倶楽部シールが貼られているので、おそらく終売間際のボトルと思われます。
新年あけまして〜のノリで開封しました。

ウイスキー不況の時代、その打開を目指した動きをそのまま表すかのようなリリースで、販売価格は43%加水の17年(通常品)とほぼ同額。現在のラインナップからは考えられない設定でしたが、当時はそこまで話題にならず。
時期的にハイボールブームが起こり出したあたりで、角の原酒が足りない、山崎の原酒が足りないとなり、ふと気がつけば市場から消えていました。

香味の系統はノーマルの17年と同じですが、さすがに度数の高さに比例して香味が濃く、重層的という表現はまさにしっくりくる反面、野暮ったさすら感じるところもあります。(ノーマル17年の方が華やかで、洗練されている印象も。)
その為か、当時からノンチル仕様で香味を多く残していることと、飲み方はハーフロックや、トワイスアップなどの加水系が推奨されていました。
響の良さは加水で開く香味にあり。ハーフロックはともかく、この17年50.5も少量加水することで香味が開き、ブレンドの妙、香味の多彩さを楽しむことが出来る、まさに銘酒です。


余談ですが、自分が社会人になった2008年4月、初任給で初めて買ったウイスキーがこの響17年50.5%でした。
学生時代5000円以上のウイスキーは中々手を出せなかったので、よし買ってやるぞと。ノーマルの響17年と50.5ノンチル、どちらを買うか悩んでこの50.5を買ったわけですが、パワフルなその香味に「ノーマルにしておけばよかったかな」なんて感じてしまったのも、今にしてみれば懐かしい話です。

グレンファークラス 1991-2016 信濃屋プライベートボトル10周年記念 56.9%

カテゴリ:

GLENFARCLAS
THE FAMILY CASKS
"The Black Impact"
(Aged 25 Years)
Distilled 1991
Bottled 2016
Cask type Sherry Butt #5695
For Shinanoya Private Bottling 10th Anniversary
700ml 56.9%

今回はニューリリース情報です。
信濃屋のプライベートボトルリリース10周年を記念した、アニバーサリーシリーズの第一弾。1/20に発売予定、現在予約受付中のグレンファークラス1991を、サンプルテイスティングさせて貰いました。(グラスは国際規格ワイングラスを使用。)

昨年末からWhisky hoopのグレンファークラス2005、メインモルトとキャンベルタウンの共同ボトルであるグレンファークラス1989、さらにはオフィシャルからのリリースと、ウイスキー愛好家の中でも話題になる事が多かった同蒸留所。特に上記2本は評判も良く、瞬く間に売り切れたのは記憶に新しいところ。
明けて2017年、新年早々リリースされる今回のグレンンファークラス。。。これもまた良い出来てす。

樽はスパニッシュオークのシェリーバットだと思いますが、質の良い樽を使っていると感じられる香木っぽさ、果実味も備えた嫌味の少ない濃厚なシェリー感。加えて、余韻にかけてウッディな苦味や渋みが綺麗に収束して行くバランスの良さが魅力的。
「シェリー樽熟成の完全体」と銘打たれた本リリースは、まさに飲み頃と言える、近年のシェリー系の中で特筆すべき完成度だと感じます。


サンプルテイスティングなので暫定も暫定ですが、現時点での評価は☆7。
リリース本数は500本以上で、発売数秒で取り合うというようなことにならない、充分な本数があるのも嬉しい。
濃いシェリー系好きの濃厚民族な皆様には、特にオススメしたいです。

信濃屋さんは、2007年からプライベートブランドの発売を開始し、今年で10年目。その10周年に向けては、数年かけてアニバーサリーリリース用の10樽を選定してきたそうです。 
奇しくも昨年は、フランスのウイスキー商社LMDWの60周年記念で様々なリリースが話題になりましたが、今年は日本発のムーブメントがあるというのはワクワクしますね。
その一つとなるグレンファークラスは、同店の気合とプライドの感じられるカスクチョイスだと感じました。
今回の発売含め、今後のリリースが楽しみです。


【サンプルテイスティング】
香り立ちは落ち着いていて、チョコレートケーキにカカオパウダーのほろ苦さ、湿ったウッディネス。ダークフルーツの甘酸っぱさも潜んでおり、奥から顔を出す。グラスの残り香からは土っぽいアロマも感じられる。

口に含むと黒蜜を思わせるシェリー樽のコクのある濃厚な甘みから、レーズン、クランベリーの甘酸っぱさ。香木系のニュアンスと、微かにゴムっぽさを伴うウッディネス。徐々にウッディーな苦味が広がるが、余韻は苦みや渋みが収束して強くは残らず、負担なく飲み進められる。

IMG_3020

※画像は信濃屋さんから許可を頂いて使用しております。

このページのトップヘ

見出し画像
×