プライムモルト セレクションNo,1 ラフロイグ 12年 1980年代流通 45.7%

カテゴリ:
PRIME MALT
SELECTION No,1
LAPHROAIG
Unblended 12 Years old
1980's
750ml 91.4proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:灰や土っぽさが主体的なピーティーな香り立ち、ほのかなヒネ香。スワリングしているとマスカットや林檎を思わせる爽やかな果実香からトロピカルなフレーバーが奥から開き、うっとりするような陶酔感が感じられる。

味:オイリーな口当たりで存在感のあるピート、乾いた麦芽とやや干し草的な植物感。鼻腔に抜けるスモーキーさとヨード香。
そして熟したグレープフルーツ、フィリピンマンゴー、トロピカルフレーバーが土っぽさのあるピートと混じり合って余韻に広がる。

古き良き時代のラフロイグの魅力が充実したボトル。若い熟成年数だからこそ、経年と加水で落ち着いてなお存在感のあるトロピカル系の果実感と灰っぽさの混じるピート、そして厚みのあるオイリーな飲み口。是非ストレートで。


1980年代にアメリカ向けで流通した、プライムモルトシリーズ3種のテイスティング。トリを飾るのは、やはりこのラフロイグ表記の12年を置いてないでしょう。
これまでも紹介してきましたが、プライムモルトのセレクションNo,1シリーズは、ファイネストアイラシングル表記の12年、15年。今回のラフロイグ表記の12年がグリーントールとクリアボトルで2種類確認されています。

ファイネストアイラシングル表記の2本は、パフューミーなボウモアっぽいモルトやノンピートのブナハーブンと、少し変化球的なラインナップだったわけですが、ここにきてこの年代のアイラに求めるものはこれだよと。
今回のボトルにはファンがラフロイグに求める姿とはこういうことと感じる香味がしっかり備わっていて、思わず口角が上がってしまいました。

トロピカルフレーバーと言えば近年のラフロイグやボウモアでも語られることがありますが、自分が経験する限り、1960年代から70年代前半のそれとはピートの性質やフルーティさの傾向が異なる。
口当たりでなく、余韻にかけて広がるのも近年のモルトと異なるポイントだと感じています。

プライムモルト セレクションNo,1 ブナハーブン? 15年 1980年代流通 45.7%

カテゴリ:
PRIME MALT
SELECTION No,1
(BUNNAHABHAIN?)
Finest Islay Single Whisky
Unblended 15 Years old
1980's
750ml 45.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:華やかな香り立ち。林檎を思わせるオーク香、シリアルや乾いた麦芽の香ばしさ、ほのかに青みがかったニュアンス。

味:軽やかな香ばしさのある味わい。合わせてオークフレーバー、薄めた蜂蜜、りんご、青みがかった牧草のアクセント。後半にかけてスパイシーな刺激が感じられる。
余韻は香ばしい麦芽風味、淡く植物系のえぐみ、染み込むように長く残る。

ホグスヘッドあたりのバランスが取れた樽感、麦系の風味が香ばしいハイランド的なモルト。余韻に少し野暮ったさ、引っ掛かりを感じるものの全体的に味わい深く、程よくライトで飲みやすい。


アメリカ向けに現地企業がボトリング、リリースしたプライムモルトシリーズの一つ。流通時期は1980年代前半と推定。シリーズ全容は今となっては不明確であるものの、コレクター情報でSelection No,1シリーズはファイネスト表記が12年と15年で2種類、ラフロイグ表記が1種類(ボトルの色違い含めると2種類)が確認できるところです。

これらは全て"ラフロイグ"であるという情報もあったようですが、このボトルは明らかにピート感が。。。先日紹介したファイネスト表記の12年は1970年〜1971年頃のボウモアと思える構成からも察するに、プライムモルトシリーズはラフロイグ以外もボトリングされているのではないかと。
そしてこの中身、ブルイックラディも一瞬頭をよぎりましたが、この野暮ったさのある麦感や草っぽいフレーバーは、ブナハーブンに一票です。

(プライムモルト15年の裏ラベル。One of the most famous distillery in Islay.の記述はどうとも読める内容。ブナハーブンはアイラの中でノンピートスタイルで最も有名とは言えるが。。。)

それにしても、ファイネスト表記のプライムモルトは12年、15年共どちらも謎が残る結果になりました。特にこの15年は衝撃ですね。

仮にブナハーブンとするなら、ピートフリークやFoLな方々には衝撃と多少の落胆を持ってこのボトルが迎えられることと思う一方。
普通にうまいモルトであるのが一つ。
そして蒸留時期として1960年代後半から1970年代のブナハーブンは、オフィシャルボトルだとシェリー系統の仕上がりが多く、ボトラーズも樽をしゃぶってるような長期熟成が中心です。
シェリーではないナチュラル寄りな系統で短熟のボトルを飲めるというのは、なかない経験だと感じます。

グレンファークラス 20年 1978-1998 カスクストレングス 58.1% ドイツ向け

カテゴリ:
GLENFARCLAS
CASK STRENGTH
Distilled 1978
Bottled 1998
For Karstadt Müllerstraße 20 Jahre
Bottle No,60/96
700ml 58.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ハイトーンで強いアタック、黒砂糖やチョコブラウニーを思わせる甘い香り、ほのかに古酒感も伴う。スワリングでドライプルーン、アーモンドを思わせるニュアンスも。

味:しっかりとパワーのある口当たりで、香り同様に刺激も強い。ほのかの青みがかった甘みのある樽感、薄めた黒蜜やドライプルーン。
余韻はハイトーンでドライ、ヒリヒリとするアルコール感。淡いウッディネスを伴うビターなフィニッシュ。

強いアタックで奥行きを感じ取りにくいが、加水すると蜜っぽい甘味が開き、ふくよかな香味に変化する。適量の加水がオススメ。


ドイツのデパート、カールシュタット(Karstadt)が、その地域での開業20周年を記念して発売したと思われる、プライベートボトルのグレンファークラス・カスクストレングス。
なんでそんなボトルが極東の島国にあるのか、酒の縁を感じるところですが、これも該当するウイスキーを長きにわたって収集してきたBARだからこその出会いと言えるのかもしれません。

ドイツ向けのファークラスは過去良いリリースがいくつもあり、このボトルも来るか!?と身構えましたが、今回のリリースは荒削りというか、割と近年寄りのスタイル。
淡くオールド系の香味が漂うものの、例えば樽がリフィルホグスなのかシェリー感が全体的に少し薄めで、そこにハイプルーフなファークラスらしいハイトーンでアタックに強い酒質を感じます。

この手のウイスキーは少量加水すると真価を発揮することが多く、今回ボトルもその部類。加水していくことで好ましい変化が感じられ、バランスが取れてきました。
こういう酒質だからこそ、30年以上の熟成にも耐えうるし、濃厚なシェリー感と43〜46%の加水の中でバランスが取れて来るんですね。
近年、短期間での仕上げを目指してか、クラフトを中心に柔らかくてスムーズな、綺麗なニューポットを作るスタイルが増えてきた気がしますが、こういうモルトを飲むと熟成期間と酒質と樽とのバランスを考えさせられます。


BAR IAN WLN2018先行試飲会、いよいよ本命プライムモルト3連発と見せかけて、更新し損ねていたファークラスです。
飲むタイミングが難しいですが、どちらかと言えば締めの方ですかね。
ただ当日は更新の順番で飲んでいたわけではないですが、まさに締めの方で飲んだところ、度数とアタックも合わせて結構舌にきました(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×