グレンブレア 12年 ピュアモルト 1990年代流通 43%

カテゴリ:
GLEN BLAIR
PURE MALT
12 Years old
1990's
750ml 40%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:注ぎたては蜂蜜や麦芽風味を感じるが、合わせてしっかりとピーティーでスモーキーなニュアンスが開き、支配的になっていく。

味:口当たりはピーティーで、クリアな麦芽風味、干草、塩気、ドライな刺激、オイリーなコク、からスパイシーなフィニッシュへ。戻り香にはヨードや磯臭さもある。

樽感はそこまで強くないが、しっかりとしたコク、少し癖のあるハイランドタイプの麦感、島系のスモーキーさと特徴のあるモルトウイスキー。無名だがレベルの高い1本。こういうボトルがあるからオールド探求は面白い。


原酒不明のブレンデッドモルトですが、前述の通り若いなりに完成度の高さが光る通好みの銘柄。それも結構素性のいいモルトが使われているようで、その証拠に開封から1週間しないうちに、来店したコアウイスキーラヴァー達に飲み尽くされてしまったのです。
もう1杯くらい飲みたかったなあ。。。

製造するバーンスチュワート社は、近年はブレンデッドウイスキー・ブラックボトルをリリースするメーカーとして、ウイスキー好きな方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。
ただ、それは2003年からのこと。このグレンブレアがリリースされた1990年代初頭は規模を拡張しようと動いていた時期にあたり、所有蒸留所はまだディーンストンのみ。
1993年にトバモリー蒸留所を買収し、2003年にブナハーブン、そしてブラックボトルの版権も手中に収めたという流れです。

さて、これでこのグレンブレアがオイリーさのある麦芽風味主体のウイスキーなら、はいはいディーンストンねと、なんの違和感もなかったのですが。。。その構成はテイスティングの通りスモーキーでピーティー、強いアイラ要素が前面に感じられます。
ディーンストンでもトバモリーでもない(ヘビーピートなレダイグに至っては2007年から)、いったいなんの原酒が使われているのかが最大の謎でした。

キャラクター的にはちょっとクリアでピーティーで、酒質はオイリーさがあってスピシー。ブナやラディはまずありえないし、ボウモアでもラフロイグでもなく、1980年前後の蒸留からアードベッグも困難。ラガヴーリンが他のグループ企業に提供されているとは思えず、あると言えばカリラか。
現時点でこのうちのいくつかから絞り込むに足る、確たる情報はないのですが、味からぱっと連想したのはタリスカー。個人的にはカリラよりタリスカーと思える香味なのです。

調べて見ると、トバモリーとタリスカーは薄いながら繋がりがあるようで、ひょっとすると原酒の融通もあるかも。
またもう一つが、バーンスチュワート社は会長が元ハイラムウォーカー社のマネージャーだったようで、この繋がりで良質な原酒を手に入れたか。。。
しかしまあ何と言っても美味しいピーティーなモルトで、オークションで無名銘柄相応の価格に落ち着くなら、普通に3本は購入したいと考えたのは、率直な評価です。

バランタイン 30年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
BALLANTINE'S
Very old scotch whisky
Aged 30 years
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:ややドライだが、角の取れたニュアンスを伴うエステリーなアロマ。林檎のカラメル煮、熟した洋梨を思わせる柔らかい華やかさ。奥にはスモーキーなピート香も感じられる、バランスの良い香り立ち。

味:スムーズでマイルドな口当たり。濃く入れた紅茶と洋梨のタルト、ほろ苦く乾燥した麦芽、中間はカステラのようなグレーン由来の甘み。余韻はオーキーな華やかさ、心地よくドライでビター。ピーティーで染み込むように長く続く。

長期熟成による熟成感がしっかりと備わっている。少し中間が軽い印象もあるが、多彩な香味がバランス良く整った味わい。奥に感じられるスモーキーさがスコッチウイスキーらしさに繋がるいい仕事をしている。


日本ではサントリー・アライド社時代のバランタイン。1980年代後期からのスタイルは、それまでのオールドシェリーとピーティーでこってりした構成から、エステリーで林檎や洋梨のお菓子を思わせるオーキーな華やかさ、フルーティーさがメインとなり、徐々に樽感やピートフレーバーがライト路線へとシフトしていく傾向が見られます。

(1980年代前半流通品。伝統的?にブラウンカラーのボトルが採用されて来た30年で、唯一のグリーンカラー時代。強いスモーキーさと複雑さ、品のいいシェリー感。個人的に是非一度飲んで欲しいバランタイン。)

(バランタイン30年赤青紋章ラベル、1970年代流通。先日ブラインドテイスティングの出題を頂いた際は、しっかり備わったシェリー感とスモーキーさに、赤玉リベットの20年前後とミスリード。。。)

今回のロット、原酒は腐っても1960年代蒸留の黄金期。現行品とは異なるモルティーさがあります。また、アイラ系のスモーキーなモルトではなく、ミルトンダフなどのハイランドタイプのモルトが中心と思われる香味構成ですが、少しボディが軽く感じられるのはグレーン由来でしょうか。

樽は恐らくシェリーカスクのセカンド、サードフィルがメイン。角の取れたアメリカンホワイトオークの華やかさと、モルティーさの合わさったフルーティーさは、短熟のファーストフィルバーボン樽のような華やかだがギスギスした感触やえぐみを伴う系統ではなく、長期熟成こそのマイルドで整った味わいを構成しているのです。
こういうボトルが家に1本あると、飲み疲れずどう飲んでも美味しく、結果使い勝手がいいように感じます。


さてバランタイン30年は、これで1960年代以降全ラベルをコンプリート。。。と思ってカテゴリーを見直すと、2000年代の700ml表記が足りないことに気がつく。
また、最近カスクエディションなるものもリリースされている模様。バランタインの旅は、まだもうちょっとだけ続くようです。

タリスカー 11年 1988-1999 OMC 50%

カテゴリ:
TALISKER
OLD MALT CASK
Aged 11 years
Distilled 1988 March
Bottled 1999 June
750ml 50%

グラス:リーデルコニャック
時期:不明
場所:BAR Sandrie
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:度数を感じさせない柔らかい香り立ち。バニラとオレンジやレモンを思わせる柑橘感、焦げた干草のような麦芽香とスモーキーさ、微かに魚介系のニュアンス。

味:出汁感のあるオイリーでコクのある口当たり。バニラ、乾いた麦芽風味、合わせてピーティーで焦げた干草を思わせるスモーキーさが鼻腔に抜ける。
余韻はピリピリとスパイシー、オイリーな要素が舌を包むように長く続く。

若いボトルだが嫌味な要素はなく、むしろ経年変化もあって柔らかくしっとりとした香り立ちと、コクのあるボディが特徴的。樽感はプレーンなタイプで、UD系のキャラクターを思わせる酒質ベースの仕上がり。少量加水するとまったりとした甘みとコクが引き立つ地味美味い系モルト。


確認したい事があってオーダーした、1980年代蒸留のタリスカー短熟ボトル。
というのも、一つはタリスカー8年がリリースされ、短熟タリスカーのキャラクターの指標に一つにしたかったこと。そしてもう一つが、"グレンブレア"という正体不明のピュアモルトを飲んだ際、その味がどうも昔のタリスカーではないかという香味で、近いビンテージのものを復習したかったから。
探していたところ、サンドリエさんにちょうど良いボトルがあったのです。

(バーンスチュワート社が1990年代初頭にリリースしたグレンブレア12年ピュアモルト。島系のスモーキーな味わいだが、当時の同社所有蒸留所にスモーキーな個性のものはなく、主要原酒は謎に包まれている。おそらくタリスカーではないかと予想。)

グレンブレアの件のついては、後日同ボトルのレビュー記事でまとめるとして。。。
このOMCのタリスカー、樽感はプレーンですが、過度な荒さはなく酒質由来の香味もわかりやすい、素性の良い短熟タイプのボトラーズです。おそらく樽出しは60%くらいだったんでしょうけど、OMC特有の50%加水が効いて、良いまとまり具合です。
先日リリースされた8年とも共通項があり、時代による差はあれど、タリスカー蒸留所の個性が安定していることを感じる指標にもなるボトルだと思います。

ちなみのOMCでタリスカーと言えば、タリスカー名義を使用することを回避するため、タクティカルというブランド名でリリースされていたことで知られています。
ところが今回のボトルはタリスカー。時期が違うのかと思いきや、このボトルとほぼ同時期の2000年リリースでタクティカル表記があり、また最近になってタリスカー表記に戻ったような感じです。

1990年代後半と2000年代で何があったんでしょうか。UDからディアジオへの切り替わりは1997年でタイミングが合わないですし、何よりGMやケイデンヘッドは普通にリリースしてるんですよねえ。
どーでも良いですが、ちょっと気になるウイスキー業界の謎なのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×