ラフロイグ 27年 リミテッドエディション 2017 41.7%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Limited Edition 
Aged 27 years
Distilled 1988 & 1989
Bottled 2017
700ml 41.7%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バニラクッキーの甘みと林檎のような華やかなオーク香、パイプを思わせるスモーキーなアロマ。ほのかな塩気、ヨード、柑橘を思わせるニュアンスもある。
注ぎたてはいくつかの要素が主張し合っているが、徐々にまとまっていく。

味:ゆるく柔らかいがピリッとした刺激のある口当たり。土っぽいピート、グレープフルーツ、ナッツの香ばしさ。すぐに華やかでトロピカル要素を含む果実香が口内から鼻腔に広がる。過熟気味な樽感に通じる、湿ったウッディネスのアクセントも微かにある。
余韻はグレープフルーツのワタ、微かな柑橘、スモーキーで染み込むようなほろ苦さ、しっかりとヨードが残る。

度数落ちで突き抜ける香味はないが、それが逆にいいバランスに繋がっている、口開けからピークなモルト。一口目のアイラ的な要素とフルーツの共演は素晴らしい一方、二口目は少しぼやけるので時間を置くかチェイサーを挟んだほうがいい。加水はNG。ソーダ水をチェイサー代わりにしても面白い。
ラフロイグの今年のリミテッドエディションの一つ。
ラフロイグは長期熟成の原酒不足も噂されて、200周年記念の一連のリリース後はしばらくおとなしいかな、なんて思っていたら、後に続く30年、27年という長期熟成リミテッドエディション。勿論単発でやれない程原酒はヤバくないのでしょうけど、25年をリリースした上でのリミテッドですから、ファン心理というか抑えるところは抑えてくるなーという印象です。      

(近年のラフロイグリミテッドエディション。どれもフルーティーでスモーキー、しっかりと蒸留所の個性を備えて完成度高し。後は飲み手の好み次第という構成だが、個人的には陶酔感は32年、バランスは25年、フルーティーさは30年と27年。飲み比べると30年はウッディネスとアタックが強く、開封後少し時間が必要な気がするが伸び代もある。)

今回の27年は1988年と1989年蒸留の原酒をリフィルホグスヘッドで熟成した後、ファーストフィルバーボンバレルとリフィルクオーターカスクで追加熟成。熟成はラフロイグが最近PRしている最も古いウェアハウスNo,1で行われ、それぞれの樽をバッティング、カスクストレングスでリリース。 
これまでの他のリミテッドと比較すると随分度数が落ちていますが、それ故スモーキーさや樽香が穏やかに感じられ、口開けから美味いウイスキーとなっています。

華やかな香味はホグスヘッドやバーボンバレル由来。柑橘のニュアンス、ウッディネスと共に少し枯れた香味というかほのかに混じる過熟気味の樽感が 、クオーターカスクでの後熟由来か。樽を使い分けているためか、注ぎたては香りが馴染みきってないような、異なる個性の主張もあります。
しかしこういう構成で度数落ちは、樽が強くドライで厳しいウイスキーも少なくないですが、そこは酒質が持つパワー、あるいは作り手の樽使いやバッティングの妙か。この仕様でバランスが取れてくるのは流石だなと感じます。

ロングモーン 30年 1973-2003 GM #3240 55.8%

カテゴリ:
LONGMORN
GORDON & MACPHAIL
Natural Cask Strength
Aged 30 years
Distilled 1973/4/13
Bottled 2003/5/1
Cask type 1st Fill Sherry Hogshead#3240
700ml 55.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@借り物
時期:開封後1ヶ月以内
評価:★★★★★★★(7)

香り:ドライなウッディネスを感じる濃厚なアロマ。ダークフルーツソース、チョコレートケーキ、濃く入れた紅茶を思わせるタンニン。奥から土っぽさと古い家具、ウェアハウスの香り。

味:リッチな口当たり。濃厚なシェリーオーク由来の甘みとドライフルーツを思わせる酸味。黒飴、プルーン、クランベリー、微かに沢庵香に通じる古酒感。じわじわとカカオチョコ、ウッディなタンニンが滲んでくる。
余韻はオールドシェリーの甘み、こなれたタンニンが蓄積するように残るドライなフィニッシュ。

シェリーオーク由来の甘みやウッディネス主体の構成。トロピカル系の果実味はそれほどでもないが、古き良きシェリー感が充実していて充分楽しめる。2〜3口あたりからタンニンが口の中に残り始めるので、チェイサーやパンを挟んでもいい。加水は甘みがぼやけるよう、ストレートで楽しみたい。


1973年蒸留のロングモーンはそれなりにリリースされていて、1970年代前半にかかることから今でこそとんでもなく人気の出ている蒸留時期ですが、シェリー系で突き抜けてこれというものに出会った印象はありません。

ダンカンテイラー・ピアレスのようなオークフレーバー全開タイプはそれなりに楽しめるのですが、今回のように濃厚なタイプでは樽感が強すぎて圧殺激渋タンニン丸だったり、自分の苦手なサルファリーなボトルもあったりで、あまりいい印象がないのも事実です。
そのロングモーン1973で、海外サイトでは「Bitter tannins and heavy woodspice」なんて書いてあるボトル。。。文字どおり苦い記憶が頭をよぎります。

そんなボトルに果敢にチャレンジしたのが、ウイスキー仲間のマッスルK氏。しかし開封して「これはやれば出来る子かもしれないけど、どう成長するか。。。」なんて筋肉に見合わず弱気にな同氏。
ただよく見てみると単に濃厚なだけでなく、色合いが赤みを帯びていて、自分の中でこういうタイプは大丈夫なんじゃないかなーと思ったものの。それはそれで面白いので容赦なくネタとしていじっていましたら「そんなに言うなら飲めよ」とボトルごと預かることになったわけです。

さて、このロングモーンですが、ボトリング時点では違ったのでしょうけど、現時点では決してタンニンが強すぎるわけでも、エグミや硫黄があるわけでもなく、かといってベリー感やフルーツ溢れるシェリー感というわけでもない。熟成年数相応にウッディネスがあり、甘みがあり、プレーンで濃厚なシェリー感というべきでしょうか。これはこれでウマいボトルだと感じました。
70年代のロングモーンは中頃に近づく毎にドライになって果実味や麦芽風味を失う傾向がありますが、今回のボトルもその傾向はあれど、酒質の素直さからか度数ほどのアルコール感のない飲み口はポジティブな要素です。
うん、これなら悪くないじゃないですか。

マッスルさんは今日誕生日だというのに手元からうまい酒が1本消えているのだから、煽りも含めて当方の行為は蛮行という以外に表現できません(笑)
あえてこの言葉を結びとして、今日の更新を終えたいと思います。
誕生日おめでとうございます!

ジムマーレイ ウイスキーバイブル 2018 ワールドベストはテイラー フォー グレーン12年

カテゴリ:
今年もウイスキー評論家であるジム・マーレイ氏のウイスキーバイブル2018発売と合わせ、同氏の選ぶベストウイスキーが発表されました。

ジム・マーレイ氏についての長々とした前置きは不要でしょう。いわばウイスキー業界のロバートパーカー・・・と言うにはちょっと近年の評価軸が異次元な気がしますが、毎年1000種類弱のウイスキーをテイスティングし、それを独自の視点で評価、発表している色々と突き抜けた方。その評価をまとめたウイスキー・バイブル誌は、発刊から26年目のロングセラーで業界における指標の一つとして確立しています。

ウイスキーバイブルではスコッチウイスキーのみならず、ジャパニーズ、アメリカン、そしてその他の国々と世界中のウイスキーが最高100pt評価の中でポイント付されており、どの銘柄が高評価を受けたかが話題になることも。
その今年の最高得点は、97.5ptでアメリカンウイスキー・バーボン区分から、コロネルEHテイラー フォー グレーン 12年でした。
Colonel E.H. Taylor Four Grain 750ml  50%

「お、おう」という感想が、コメント欄になくともモニタ越しに伝わってきそうですが、すいません私もそう感じた一人です(笑)。
ただまあテイラーのバーボンは美味しいものが多いので、納得できないわけじゃなく。それでも違和感を感じてしまうのはスコッチタイプウイスキーを普段の軸にしている故か、あるいは近年の評価の動向の変化によるところかもしれません。

近年のワールドベストは、2016のカナディアンウイスキー「クラウンローヤル・ノーザンハーベスト・ライ」に始まり、2017年は「ブッカーズ・ライ」と、大陸側の酒(ライや小麦を使った軽快な甘み、あるいは華やかなタイプ) が選出される傾向が続いていて、ジムマーレイ氏の個人的な好みとして、そうしたジャンル、感銘に近い何かを受けているのかもしれません。

ワールドベストに続いて、2ndベストにはアイリッシュからレッドブレスト21年が、3rdベストにはスコッチモルトからグレングラント18年がランクイン。
レッドブレスト21年は飲んでいませんが、12年や25年などの傾向から樽感の中にアイリッシュ系のケミカルなフルーティーさ、ある種の華やかさがあるボトルかなと推察。グレングラント18年は昨年もトップ3に入っており、オーキーで華やかな香味は愛好家からの評価も高いボトルですね。



この他、今回のベストウイスキーだけでなく、ジャパニーズ部門のWinnerがカフェグレーン、カフェモルトであるあたり等から、やはりにジムマーレイ氏にとってのホットジャンルが、こういうバーボン、グレーンの穀物タイプなのかなと感じます。

以下は各カテゴリー別に選出されたベストウイスキーとなります。 
あくまで一個人の評価ですのでこれをもって何とするものでもないと思いますが、こういうリリースもあるのかと見てみるのも面白いですよ。


A world of Whisky Bible winners
【Scotch Whisky】
Scotch Whisky of the Year: Glen Grant Aged 18 Years Rare Edition
Single Malt of the Year (Multiple Casks): Glen Grant Aged 18 years Rare Edition
Single Malt of the Year (Single Cask): Cadenhead’s Glendullan 20 Year Old
Scotch Blend of the Year: Compass Box The Double Single
Scotch Grain of the Year: Cambus Aged 40 Years
Scotch Vatted Malt of the Year: Compass Box 3 Year Old Deluxe
Single Malt Scotch No Age Statement (Multiple Casks): Ardbeg Corryvreckan
10 Years & Under (Multiple Casks): Glen Grant Aged 10 Years
10 Years & Under (Single Cask): Scotch Malt Whisky Society Tomatin Cask 11.32 8 Year Old
11-15 Years (Multiple Casks): Gordon & MacPhail Ardmore 2002
11-15 Years (Single Cask): That Boutique-y Whisky Co. Clynelish 15 year Old
16-21 Years (Multiple Casks): Glen Grant Aged 18 years Rare Edition
16-21 Years (Single Cask): The First Edition Ardmore
Aged 20 Years 22-27 years (Multiple Casks) Sansibar Whisky Glen Moray 25 years Old
22-27 Years (Single Cask): Hunter Laing’s Old & Rare Auchentoshan 24 Year Old
28-34 Years (Multiple Casks): Glen Castle Aged 28 years
28-34 Years (Single Cask): Old Particular Glenturret 28 Year Old
35-40 Years (Multiple Casks): Brora Aged 38 years
35-40 Years (Single Cask): Xtra Old Particular Caol Ila 36 Year Old
41 Years & Over (Multiple Casks): Gordon & MacPhail Glen Grant 1957

【Blended Scotch】
No Age Statement (Standard): Ballantine’s Finest
No Age Statement (Premium): Compass Box The Double Single
5-12 Years: Grant’s Aged 12 Years
13-18 Years: Ballantine’s Aged 17 Years
19-25 Years: Royal Salute 21 Years Old
26-50 Years: The Antiquary Aged 35 Years

【Irish Whiskey】
Irish Whiskey of the Year: Redbreast Aged 21 Years
Irish Pot Still Whiskey of the Year: Redbreast Aged 21 Years
Irish Single Malt of the Year: Bushmills 16 Year Old
Irish Blend of the Year: Bushmills Black Bush
Irish Single Cask of the Year: Dunville’s VR First Edition Aged 15 Years

【American Whiskey】
Bourbon of the Year: Colonel E.H. Taylor Four Grain
Rye of the Year: Thomas H. Handy Sazerac 126.2 Proof
US Micro Whisky of the Year: Balcones Texas Blue Corn Batch BCB 16-1
US Micro Whisky of the Year: (Runner Up) 291 E Colorado Aged 333 Days

【Bourbon】
No Age Statement (Multiple Barrels): George T. Stagg 144.1 Proof
9 Years & Under: Buffalo Trace Experimental Collection Organic 6 Grain Whisky
10 Years & Over: (Multiple Barrels) Colonel E.H. Taylor Four Grain

【Rye】
No Age Statement: Thomas H. Handy Sazerac 126.2 Proof
Up to 10 Years: Pikesville 110 Proof
11 Years & Over: Sazerac 18 Years Old

【Wheat】
Wheat Whiskey of the Year: Bernheim Original

【Canadian Whisky】
Canadian Whisky of the Year: Crown Royal Northern Harvest Rye

【Japanese Whisky】
Japanese Whisky of the Year: Nikka Coffey Malt Whisky
Single Malt of the Year (Multiple Barrels): Nikka Coffey Malt Whisky 

【European Whisky】
European Whisky of the Year (Multiple Barrels): Penderyn Bryn Terfel (Wales)
European Whisky of the year (Single Barrel): The Norfolk Parched (England)

【World Whiskies】
Asian Whisky of the Year: Paul John Kanya (India)
Southern Hemisphere Whisky of the Year: Limeburner’s Dark Winter (Australia)

本ページにおける画像引用元:

このページのトップヘ

見出し画像
×