フェイマスグラウス タイガーズアイ ブレンデッドモルト 40%

カテゴリ:
IMG_5289
FAMOUS GROUSE
TIGER'S EYE
MASTER BLENDER'S EDITION
Blended Malt Whisky
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(5-6)

香り:甘い近年系シェリーオークのアロマ。ドライプルーン、オレンジピール、ビターチョコレート、微かにスモーキー。香木のようなニュアンスも混じるが、時間経過で土っぽさ、葉巻、ウッドコテージのような木材の香りが強くなってくる。

味:スムーズでまろやか、メローな口当たり。キャラメルソース、ドライプルーン、干草系の乾いた味わいの奥には麦芽風味。ボディは度数以上に厚みと勢いがある。
余韻はほろ苦くピーティー、程よいウッディネスが染み込むように長く残る。バランスの良い味わい。

近年系のシェリー感主体なブレンデッドモルト。果実味というよりウッディーな甘みと香味が中心的で、ほろ苦くスモーキーな余韻へ、負担なく飲み進められるバランスの良さが魅力。少量加水すると甘みが増し、さらに滑らかな飲み口。ロックはややボディが崩れ勝ちだ許容範囲、ハイボールにはあまり見るところが無かった印象。ストレートか少量加水で。


先日紹介したブラックダイヤモンドの通常品的位置付けの、フェイマスグラウス・タイガーズアイ。どちらもパワーストーンの名前を冠しており、ラベルにはその石の模様も見られます。パワーストーンシリーズとして今後もリリースが増えていくのかもしれません。
これらは2009年に同ブランドのマスターブレンダーとなったゴードン氏の作で、リリース開始は今年2016年後半から2017年にかけて。どちらもシェリー樽を思わせる、リッチでメローな味わいが主体的なフェイマスグラウスらしいブレンデッドモルトです。

古酒系の深いニュアンスも感じられた前者に対し、タイガーズアイは近年のシェリー系オフィシャルスタンダードに共通する香味が主体。例えるなら、飲み口はマッカラン12年やタムデュー10年、余韻にかけてグレンロセス、ハイランドパーク12年という具合。
度数は40%ながら飲みごたえがあり、加水が効き過ぎてる感じはありません。これらのブランドに共通する、バランスの良いシェリー感、ブレンデッドモルトらしい複数のキャラクターを感じる香味に仕上がっています。

濃厚なシェリー系も良いですが、こういうスタイルのボトルは逆に癒しを感じてしまいます。普段飲みの味わいですね。
特に普段カスクストレングスタイプを飲むことが多いと尚更。。。樽感が程よいので、酒質由来の香味がわかりやすいのもポイントです。


思い返すと、フェイマスグラウスは家飲み用ボトルが結構あることに気がつきました。現行品から特級時代のものも合わせると6-7本くらいでしょうか。
飲んでいて感じるのが構成原酒の良さ。いつの時代もモルティーな華やかさや樽由来の甘みがあって、スムーズで飲みやすい中にスコッチならではのピーティーさが潜んでいる。

飲み始めの頃は感じ取れなかった様々な要素が、経験を積んだ今は感じられるようになって、飲む楽しみがさらに増えました。
飲みやすいだけでなく、奥の深さがブレンドの質の高さを感じる要素ですね。

グレンモーレンジ タグタ TAGHTA カスクマスターズ 46%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
The TAGHTA
Cask Masters Selection 2014
No Aged
700ml 46%

グラス:グレンケアンテイスティンググラス
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:シェリーオークの甘いアロマ。バニラシロップ、サルタナレーズンやプルーン、徐々に乾いた草、アメリカンオークのウッディーな香りも感じられる。

味:香り同様粘性のあるとコクのあるシェリーオーク、ビスケットや焼き芋っぽい甘みと香ばしさ、ドライプルーン、舌の上からのしかかってくるよう。
余韻は徐々にウッディでドライ、少し焦げ感と干し草を思わせるニュアンスが感じられる。

とろりとしたシェリーオーク系の甘いニュアンスが主体的でわかりやすい味わい。香味のそれは近年系で、また味の後半にかけては違う樽のキャラクターも感じられ、フィニッシュらしい大味な構成。開封後の時間経過で一体感がさらに出てくれば面白い。


グレンモーレンジが2013年、いつの間にか開催していたファン投票で、ネーミング、ラベル、樽などのスペック、所謂コンセプトが決められたという1本。
TAGHTAはゲール語で「選ばれた者」という意味で、グレンモーレンジのお家芸とも言えるフィニッシュはバーボン樽熟成の後、マンサニージャ・シェリーカスクにて。

選考経緯を調べると、グレンモーレンジオリジナルをベースに3タイプのフィニッシュ(グランクリュ・バーガンディー、グランクリュ・ボルドー、そしてマンサニージャ・シェリー)が作られ、シドニーのSMWSメンバーによるテイスティングの結果選ばれたのが今回のリリース、マンサニージャ・シェリーカスクフィニッシュだったのだとか。
それが2014年の発売から約3年後の今になって、日本正規品の流通が開始されていた訳です。

そう言えば昔「モレンジでこんなコンテストやるみたい」なんて話を聞いた記憶があったような無かったような。。。あれは発売後の話だったか、あまり興味がなかったのでうろ覚えです。 
グレンリベットでも同じようなことしていましたね。ネットの普及でユーザー参加型の企画はやりやすくなりましたから、どんどんやって欲しいなと思います。
もっとも、この手の企画で選ばれるのはシェリーカスクやピーテッドが多そうですが。。。


それにしても日本正規品が本国から数ヶ月から1年程度遅れるのは割と良くあることですが、限定品で3年、これはかなりの遅延です。
ボトラーズリリースでは協会の審査通すのに時間がかかったりで1年以上遅れるのはよくありますが、ひょっとして海外でそこまで人気出なかった?とか勘ぐってしまいます。

なんてどうでもいいこと書きなぐってますが、実際テイスティングした際は、上記背景は把握しておらず、またニューリリース出したのかとか思っていた程度。スペックも含めて完璧に後付けですw
その分、先入観なくテイスティング出来たとも言えるわけですが、ほのかな酸味を伴う近年系シェリー感がしっかりと、そこにオーク由来の甘みとウッディネスが混じる。良く言えばわかりやすい仕上がりで、一定の評価はされるだろう、そこまで悪くはない構成です。

ただ、メーカーPRにあった「塩味」はコクっぽい感じはあったものの、元々感じ取るのが苦手な香味なので、正直よくわかりませんでした。
素性が分かった上でもう一度飲んだら、響くものがあるのかもしれません。

カーサ ヴィニロニア アパッシメント 2015 14.5%

カテゴリ:
IMG_5283
CASA VINIRONIA
APPASSIMENTO 
2015
Edixione Oro
750ml 14.5%

香り:柔らかいタンニン、削り出した杉材のようなアロマと微かに燻したニュアンス。スワリングすると奥からクランベリーや皮付きぶどうのような甘酸っぱさ。時間経過でさらに甘みが開いてくる。

味:コクがあってまろやかな口当たり。ブルーベリーやクランベリーのソース、ドライプルーン、果実味豊富で甘み豊か。鼻に抜けるウッディな香り。徐々にタンニン。

余韻:レーズンチョコやブルーベリージャムを思わせる甘酸っぱさが盛り上がる。フルボディなワインだがタンニンは穏やかで、胡椒のような少しの刺激を伴い負担なく消えていく。

非常に濃厚で、フルボディ。言わば「たっぷり」としたワイン。最初から最後まで濃厚で起伏には乏しいものの、甘くまろやかな口当たりに、酸味とタンニンは程よく感じられる。濃厚だが意外と使い易いボトルであり、少し開かせると香りに果実香が開いて真価を発揮する。

IMG_5280

今日は気分を変えてワインの紹介。自分の生活は基本ウイスキーな日々ですが、1ヶ月に1本くらい、ワインも開けて飲んでます。
今回紹介するのは、1000円代のデイリーワインの中で、自分的に優秀だなと感じている1本、カーサ・ヴィニロニア・アパッシメント
イタリアはプーリア州で作られるフルボディで甘く濃厚なワイン。ここまで濃厚だとよくわからないので品種の説明は省略しますが、ウイスキー好きの中で濃厚民族、特にどシェリー系が好みの人ならストライクゾーンに入るのではという印象です。

同ワインは遅摘み葡萄、つまり収穫時期をあえてずらし、葡萄をある程度乾燥させて糖分を凝縮させることを製造時の特徴の一つとしています。要するに枝付きレーズンみたいな状態にして、そこから収穫して発酵させているわけです。
これはイタリアワインで有名なアマローネと共通する、「アパッシメント製法」の一種で、乾燥させて糖度が高まった葡萄を使うことで、生産量は下がってしまうものの、香味が強調されて官能的でフルボディなワインが出来るとされています。


カーサ・ヴィニロニア・アパッシメントの遅摘み葡萄。画像引用:

一般的にアパッシメント製法は「収穫した葡萄を陰干しして乾燥させる方法」という理解が広まっているようですが、どうやら乾燥のさせ方に一度収穫してある必要は必ずしもないようです。
アマローネはそれ以外に地域や品種などの条件があるプレミアムグレードのワインですが、カーサ・ヴィニロニアはデイリーワイン。。。品種やその他製法の違いに加え、仕上がりも共通点こそあれど必ずしも全く同じではないので一概には言えませんが、陰干しの手間を省くことでコスト削減に繋がっているのかもしれません。

と、ワインについてはほとんど知識がないので浅い考察はこれくらいにさせて頂いて。。。
自分の中でデイリーワインの基準は、まろやかであること、そして酸味や渋みが穏やかであること。若いフルボディタイプによくあるガッチガチのワインは、熟成のポテンシャルはあるかもしれないけど、飲んでて疲れてしまう。
かと言って水のようにシャバシャバなワインはなんのために飲んでるのかわからず、ある程度の飲みごたえが欲しい。
その基準の中で考えると、このワインは実に優秀。甘みにわざとらしさは多少ありますが、価格を考えれば充分な完成度と感じています。

テイスティングの通りフルボディでたっぷりとした味わい、不思議と飲めてしまうまろやかな口当たりに甘酸っぱさとタンニンのアクセント。
ちょっと開かせるとこれらが一体化してくるだけでなく、バキュバン保管で2日目でも甘みと酸味のバランスが保たれているのもデイリーワイン向きの特性と言えます。
合わせる料理は鶏肉の煮込みなど濃厚系で、普通なら酸味が強くなるチョコレートも悪くなかったですね。
WEB通販以外にビックカメラ酒販や信濃屋などでも扱いのあるボトル。ウイスキー愛好家の皆様、目先を変える意味でもたまにはワインなんていかがでしょう。

このページのトップヘ

見出し画像
×