グレンオード 12年 1980年代流通 グレンオーディー表記 43%

カテゴリ:
GLENORDIE
(GLEN ORD)
12 years old
1980's
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:BAR飲み@サンドリエ
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしい麦芽香、ザラメやカルメ焼きを思わせる甘み、若干の古酒感があるが時間経過でジャムのような重みのあるオレンジママレードを思わせる柑橘香も感じられる。柔らかい厚みのあるアロマ。

味:口当たりはスムーズでマイルド、ワクシーでコクのあるおしろいや粥っぽい麦感。バタークッキー、オレンジママレード、香り同様のニュアンスに加えてさらに麦感が強く感じられる。
余韻はほろ苦く、ほのかに土っぽい内陸系のピートを伴って染み込むよう。

古典的な麦の酒であり、ハイランドスタイルであるモルト。香味とも柔らかさのある質感で、加水は不要。派手さはないが、地味に美味しい。


グレンオードと言えばデュワーズの主要原酒ですが、かつてはピーター・ドーソン社の傘下にあり、同社の看板商品であるブレンデッドウイスキー、ピータードーソンに用いられていました。
当時からデュワーズにも原酒を提供していたようですが、1982年からはそのジョン・デュワーズ社の傘下となり、リリースされたのが今回のボトルです。

(1970年代、グレンオードをキーモルトとしていた時代のピータードーソン。麦芽風味に共通点を感じる、ハイランドスタイルのブレンデッドウイスキー。ご参考。

これに伴い、ピータードーソン社時代はGLEN ORD表記だったものが、GLEN ORDIEとなって、だいたい10年ほどでしょうか、暫くリリースが続くこととなります。
グレンオードの歴代リリースを見てみると、1990年代中頃あたりでORD表記に戻っており、差別化を図ろうとした結果か、あるいは商標か何かの関係があったのか、いずれにせよ1980年代一時の特徴的なラベルとしてウイスキー好きの間では知られています。

以上のようにラベルは特徴的ですが、中身は王道的なオードのキャラクター。1970年代にリリースされたシングルモルトの12年に比べると、焦がした砂糖菓子のような甘み、淡いカラメル感が増しているようにも感じますが、基本的には同じスタイルで、加水によって整えられた麦感と柔らかくコクのあるボディが楽しめる、どちらかと言えば通好みの酒であるとも言えます。
まさに古き良き時代、古典的な麦の酒。。。

ラガヴーリン 25年 1977-2002 リミテッドエディション 57.2%

カテゴリ:

LAGAVULIN
25 years old
Limited Edition
Ntsural Cask Strength
Distilled 1977
bottled 2002
57.2% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプルMさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7-8)

香り:注ぎたては少しヒネていていぶりがっこを思わせる酸味と、どっしりとしたスモーキーなアロマ。奥から強いヨード香、塩素、焦げたようなピート。オレンジママレードのような果実味も開いてヒネ系の香りを上書きしていく。

味:オイリーで粘性のある口当たりだが、ピーティーでソルティ、分厚い麦芽風味が底支えとして備わっている。ほのかにグレープフルーツのワタ、柑橘感のアクセント。余韻はスモーキーで香り同様に強いヨード香。焦げた木材を思わせるピーティーなニュアンスと共に長く続く。

麦とピートの素晴らしいモルトウイスキー。樽はリフィルタイプで、派手さはないがオーソドックスな古典的モルトの構成。ボディは厚く、少量加水するとピートフレーバーが全体に溶け込み、オイリーで塩気が引き立つような変化がある。


ウイスキー仲間のMさんと交換したサンプルから。現ディアジオのスペシャルリリースに当たる、リミテッドエディションのラガヴーリン。いつものように質感ある素晴らしい写真もセットです。

ラガヴーリンで25年と言えば、2016年にリリースされたバイセンテナリーの25年が高い評価を受けましたが、もう一つが2002年リリースのリミテッドエディション(9000本限定)。こちらはバイセンテナリーのような妖艶なシェリー系でも、あるいはラフロイグやボウモアのようにフルーティーな酒質でもなく、リフィルオークで、無骨で、それらと比べれば地味目な構成とも言えます。

そのためか、このボトルの評価は平凡とする声と秀逸とする声に分かれています。
また、このリリースを飲んだのは初めてでは無いのですが、以前はもっとバチバチして元気が良かったような。。。評価が割れているのは、上記の構成に加え、経年による変化も多少加わった結果だからかもしれません。
ただ少なくとも今回飲んだ印象では、これぞラガヴーリンのオーソドックスかつ素の部分の、熟成後の姿であると。また、ウイスキー全般において酒質が軽くなりつつある昨今、ラガヴーリンはその中でも比較的マシなほうと思っていましたが、改めて70年代の仕込みを飲むと大きな違いが感じられます。

なお、今回のボトルは経年からくる若干のヒネ要素がノージングで感じられたものの、ベースとなるキャラクターは麦とピートの分厚い香味。個人的にはこれがオールドのホワイトホースやローガンなどに感じられる香味とも共通点があり、ヒネ系に振れなければ相当ポテンシャルがあるボトルだと思います。

ブローラ 34年 1982-2017 リミテッドエディション 51.9%

カテゴリ:
BRORA
Limited Edition
Aged 34 years
Distilled 1982
Bottled 2017
Cask type Refill American Oak Hogsheads
700ml 51.9%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:穏やかな香り立ちで酸味のある麦芽香、メレンゲ、ワクシーな甘みと若干の湿り気を伴うウッディネス。蜂蜜レモンやから柑橘系のニュアンスの奥から、燻したようなスモーキーさと土っぽさも感じる。

味:スムーズだがドライでスパイシーな口当たり。徐々に蜂蜜、麦芽の甘み、香り同様ワクシーでコクがある。果実味は砂糖漬けレモンピールのアクセント、やや青みがかったニュアンスも感じる。
余韻はドライでウッディ。干草、オークのえぐみ、淡いスモーキーさとスパイシーなフィニッシュ。

全体的に熟成によるまとまりの良さを感じる、ワクシーでモルティーな味わい。
アイラ系を目指したスモーキーで獣のようなブローラではなく、飼い猫のように大人しくなった頃のキャラクター。やや過熟気味なニュアンスも感じられ、熟成のピークと共に一つの時代が終わろうとしている。


1983年、グループ全体の生産調整を背景に閉鎖されたブローラ蒸留所。しかしシングルモルトとしての個性は愛好家から高く評価されており、今作でリミテッドリリースは16本を数えます。
他方、これだけリリースされていると、そろそろ使える原酒が尽きるのではと噂される中。2017年には再稼働が発表され、いよいよ閉鎖前の原酒を用いたリミテッドリリースは最後になるのではないかとも言われています。

補足:先日発表された2018年のスペシャルリリースラインナップには、ブローラ、ポートエレンの銘柄がありません。原酒不足もさることながら、同社のスペシャルリリースは閉鎖蒸留所の長期熟成原酒、あるいは稼働蒸留所の卓越した原酒を中心ににリリースすると位置づけられているためと考えられます。

(ついに再稼働に向けて動き出した、ブローラ蒸留所。どのようなスタイルの原酒が作られるのか、今後の動向に注目したい。Photo by K67)

ブローラとクライヌリッシュの関係は非常に有名なエピソードであるため、今更語るまでもないとは思いますが、今後の話含め避けて通れない部分もあるため、ざっと触れていきます。
ブローラは元々クライヌリッシュ名義で稼働していましたが、1960年代後半から1970年代にかけてディアジオの前身たるDCLが傘下蒸留所への積極的な設備投資を行なった結果、ブローラでは1968年に敷地内にまったく新しい生産設備が稼働。ここで新設された生産設備をクライヌリッシュ、元々あった古い設備は地名であるブローラとなり、両設備で原酒が生産されていきます。

この時、これまでブローラで作られていたライトピートでハイランドタイプな構成も、名前と共に新設備側へ引き継がれ。ブローラはブレンド用原酒の確保の為か、アイラモルトを模したヘビーピート路線を進むことになります。
当時のモルトは総じてピートフレーバーが強かったものの、クライヌリッシュ時代のブローラがヘビーピートだったかというと、そこまでではありません。

1970年代は、そういう意味で両蒸留所とも順風満帆だった時期。特に1970年代前半のクライヌリッシュ、ブローラの出来は秀逸で、フルボディで長期熟成にも耐える、愛好家垂涎のリリースがボトラーズ含め多数並びます。
1970年代後半のブローラは少しトーンを落としたものの、まだまだ明確なキャラクターを備えていた時期。一方1980年代に入るとウイスキー業界冬の時代の到来と、ライトウイスキー市場を意識してかブローラからピートの香味が弱くなっていき・・・そして1983年、ブローラは閉鎖されクライヌリッシュだけが残り現在に至ります。

こうした時代背景から今回のリリースを見ると、やはり1980年代のブローラ故にピートフレーバーは穏やかで、ワクシーな麦芽風味をベースにリフィルオークらしい品の良いフルーティーさが感じられる、現クライヌリッシュを思わせる構成であると言えます。
これは昨年リリースされたスペシャルリリース・ブローラ38年1977-2016とは明確に異なるスタイルで、仕込み時期の違いがキャラクターに大きく現れています。

(BRORA Aged 38 years 48.6% 700ml オイリーでドライアプリコットや少し発酵したような酸味を伴う麦芽風味と、土っぽさに通じるピートフレーバーが主体。萌木の村 Bar Perchにて。)

とちらのキャラクターが良いかというと、今回のリリースはまさに閉鎖間際のブローラのスタイルが行き着く先として楽しめるもの。リフィルオークの熟成でじっくり時間をかけて作られた、さすがディアジオさんのハイエンドというバランス感です。一方、これは好みの問題もありますが、やはり"ブローラ"はヘビーピートスタイルも味わいたいと思うのは、自分だけではないはず。。。

今後稼働する新生ブローラはどのようなスタイルを目指すのか。60年代のキャラクターは麦の品種や様々な要因から多くの蒸留所で失われて久しいわけですが、願わくばブレンド向けでニュートラルな酒質にならず、70年代のブローラを思わせる構成を目指してほしいと思っています。

このページのトップヘ

見出し画像
×