ロングモーン 39年 1969-2008 GM メゾン向け 50%

カテゴリ:
 
LONGMORN
Gordon & Macphail
Aged 39 Years
Distilled 1969
Bottled 2008
Cask type Sherry #5295
700ml 50%

グラス:木村硝子古酒
量:30ml程度
場所:個人宅(Whisky linkイベント@タケモトさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:華やかなシェリー香とドライフルーツを思わせるオーキーな華やかさ。ナッツ、ライチ、レーズン、徐々に土っぽい香り。時間経過でチョコレートのようなアロマもある。 

味:ねっとりとした口当たり、カラメル、熟したフルーツを思わせる味わい、ライチ、レーズン、黒ぶどう、煮出した紅茶のタンニン。充実したフレーバーにうっとりする。
余韻はドライでタンニンの渋みを口奥に感じつつ、序盤のフルーティーさとカラメルソース、オーク香が非常に長く口内に留まる。
 

先日ヨーロピアン全開なGMロングモーンを紹介したところで、今回はメゾン向けのフルーティーさしっかりなロングモーンの記事もUPします。
メゾン・ド・ウイスキー向けのボトリングで、味の傾向はGMからリリースされることの多かった典型的なシェリー系ロングモーン。おそらく樽材はアメリカンホワイトオークに、GM味の決め手であったカラメル添加でしょう。
テイスティングはWhisky linkのいわき会にて。ロングモーンは麦芽品種の関係か、1970年代に入るとドライでライトな傾向にシフトしていきますが、60年代は多少そういう傾向はあってもモノが良すぎて気になりません。

このボトルもまた、ここ5〜10年前後ガチ飲みしている飲み手が「ロングモーンに求めてるフレーバー」となる所謂「トロピカルなフルーティーさ」がしっかり備わっており、ハイプルーフでありながら加水で整えられたバランスの良さと相まって、充実の1杯として感じられます。

ただ、確かに素晴らしい1杯なのですが、当時のGMはこの系統のロングモーン長熟をガンガンリリースしていたため、我々飲み手の感覚が麻痺してしまったのは、もはや"罪"といっても良いくらいかもしれません。
あまりにリリースされすぎていて、売れ残っていたくらいです。これをリアルタイムで経験出来ていたのは良かったことなのか、それとも・・・。

IMG_0225

ちなみに天下のGM、一応リリースしようと思えばまだ樽もあるようですが、この数年間で値段がとんでもないことになってしまいました。マジで0が一つ多いんじゃないっすかねー(汗)。
写真の1964はそんな最近リリースの50年熟成。
半世紀にわたる熟成により、樽感は強くタンニンもかなり出ているものの、求めているフレーバーはしっかり感じられました。

グレンリベット サイファー NA 48% ブラインドテイスティング

カテゴリ:

THE GLENLIVET 
CIPHER 
(No Aged) 
700ml 48% 
 
【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド 
蒸留所:ベンリネス 
度数:50~55% 
熟成:15~20年程度
樽:バーボン?

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:ブラインド30ml オープン15ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ツンとした刺激と酸味のある香り立ち。若いりんご、植物系のえぐみ、梅っぽさ。徐々に乾燥した麦芽、カステラのような甘みも開いてくる。少量加水すると刺激とえぐみが緩和され、甘みが前に出てくる。

味:香り同様に乾いた植物感、麦芽や穀物のビスケットのような甘みから梅シロップ、カラメル、バーボンを思わせる樽っぽいニュアンスが鼻に抜けていく。合わせてチクチクとしたエッジの立ったスパイシーな刺激が残り、口内を刺激する。粉っぽいオーキーさとほのかにピーティーな余韻。


今話題のグレンリベットからの挑戦状、サイファーです。
テイスティングを通じて謎を解く(暗号を解読する)ことをテーマにしたリリースで、中身の見えない真っ黒なボトルに加え、樽構成や熟成年数などの詳しいスペックは公開されておらず、飲み手自身で判断していく必要があります。
ボトルを発表したレセプションパーティーでも、濃い紫色のグラスに目隠しまでしてテイスティングが行われた徹底ぶりです。

マスターディスティラーが厳選した特別な原酒を使ったという、気になるその中身は・・・一言で「荒い」ですね。
いや様々な要素を感じる複雑さに加え、近年のスペイサイドと考えれば15年くらいは熟成させてそうな印象であるものの、度数以上に感じるトゲトゲしい刺激と酸味のある樽感に、だいぶミスリードしてしまいました。
それこそ最初は口開けだったためか香味のちぐはぐさと刺激が顕著で、国産の若いバッテッドかなんか持ってきたのか?と思ってしまったほどです。

蒸留所の予想としては飲んだことがあるというか、知っている味だなと感じたのが第一印象。
地域の特徴は、かすかに感じるピートが内陸系でヨード的なニュアンスもなく、強い麦芽風味もない。それでいて、熟成しているけれども若さを連想する要素が出ているモルトは、近年のスペイサイドという感じ。
ボディはそれほど厚くないが、妙に複雑な樽感が乗っかっている。その中にはバーボンそのものか?と思えるような樽感、酸味に加えて甘みも感じられるほどで、フレーバーのちくちくした感じや草っぽいフレーバーなどから3回蒸留を一部行っているベンリネスなんてありそうだなと、蒸留所を絞りました。 

ちなみにこのブラインドテイスティングはウイスキー仲間2名と同時に行いましたが、一人がキャンベルタウンモルトを予想したり、自分はあまり感じませんでしたが、塩気があったと言う声も別なウイスキー仲間のコメントにありました。
味の善し悪しは個人の好みとして、このウイスキーそのものの複雑さは"暗号(サイファー)"と名付けるのもわかるように思います。

グレンリベットサイファー
グレンリベットサイファー 公式ページ
https://www.theglenlivet.jp/the-whisky/?rg=le&y=cpr

なお、グレンリベットサイファーは特設ページが準備されており、その中でマスターディスティラーが込めた香味のイメージをどれだけ感じ取れるかというテイスティングゲームが公開されています。
日本とは様々な環境が大きく違うので、たぶんこれのことを言っているんだろうなといくつかの用語を補正する必要はありますが(リコリスは日本ではなじみが無いですし、桃も日本の桃では無く海外の品種、ハニカムキャンディってなんやねん、とか)、試みは非常におもしろいと思います。

このゲーム、事前に行われたお披露目イベントでの世界最高得点は68%だったそうです。
自分はこの記事を書いている際に挑戦したので、リアルタイムでは使えてないのですが中々残念な結果に(汗)
グレンリベットの挑戦状"たるサイファーの謎を解き明かすのは一筋縄ではいかなさそうです。

ブラックニッカ ブレンダーズスピリット 60周年記念ボトルが11月1日発売

カテゴリ:
先日、ニッカウイスキーのラインナップ整理を記事にした際。
「今年はニッカからニューリリースの動き無く、寂しい限りだ」と、そんなことをボヤいたワケですが。。。
その後蒸留所限定品ではブレンデッドウイスキーの"鶴"がノンエイジ仕様で復活していたり、今回の話しかり、水面下で動いていたニューリリースの動きを全くキャッチ出来ていませんでした(汗)。

そしてタイトルの通り、既にご存知の方も多いと思いますが、ブラックニッカから同銘柄の誕生60周年を記念したリリースが行われることが、酒販店向けに案内されているようです。


ブラックニッカ ブレンダーズスピリット
BLACK NIKKA BLENDER'S SPIRIT
60th ANNIVERSARY
Bottled in 2016
43% 700ml 参考小売価格2500円(税抜き)
2016年11月1日発売予定

ブラックニッカは1956年に発売。今年でちょうど60年となります。
発売当時は余市の原酒しかありませんでしたが、1963年に導入されたコフィースチル(連続式蒸留器)で作られたカフェグレーンが1965年からブレンドされ、その後は1969年に稼動した宮城峡の原酒も使われることとなり、現在はラインナップも拡充してニッカを代表するブランドの一つに成長しています。 

今回のリリースには"60年の軌跡の全てを込めたブレンデッド"とのことで、
「ヘビーピートタイプを含む新樽熟成の余市モルト」
「シェリー樽熟成の宮城峡モルト」
さらには「1956年に蒸留された余市モルト」に「25年以上熟成させた西宮工場時代のカフェグレーン」もブレンドされているという、使われている原酒の情報だけ見れば非常に贅沢な、まさに60年間の集大成というレシピであるわけです。

他方で、それだけの原酒を使って、この値段で出せるモノなのかという疑問や、竹鶴で出すとか、鶴で出すとか、高級グレードで出しても良かったんじゃないかという印象も無くはない。
まあこういう事やっちゃうのが不器用というか、「本物のウイスキーを多くの人に飲んで欲しい」という創業者のスピリッツを感じる、ニッカらしさでもあるんですけど(笑)。 
後の評価はモノを飲んでみてからですね。


ブラックニッカは過去にもいくつか記念リリースを行ってきましたが、有名なのはブラックニッカ誕生40周年記念の12年でしょうか。 
40周年が発売したのは2005年。そこから11年しか経ってないのに、60周年のブラックニッカが発売されるという計算の合わなさがあるわけですが、これは40周年ブラックニッカが、カフェグレーンをブレンドしてリニューアルした1965年を起点にしていることにあります。
無理やり40周年にしないで、1年待って2006年に発売してれば50周年だったボトル。60周年ブレンドが情報どおりリリースされるなら、飲み比べもしてみたいです。

なお、ちょうどいいタイミングで再来週にはモダンモルトウイスキーマーケット2016が開催されます。 
まだまだ不明なところも多いこのニューリリース。当日はニッカ出展もあるようですので、詳しい話を聞いてこようと思います。 
サンプルがあったりするとうれしいなー。
新しい情報が手に入ったら、また更新させていただきます。

このページのトップヘ

見出し画像
×